FC2ブログ





西安の旅 8日目  清真大寺を訪れる 



2006.10.28(土)                1元→約15円



昨日の夜に買ったお菓子です。 ↓

218

本日の朝ごはんはコーヒーとお菓子
これがリーズナブルでおいしいんですよね~! ^^

よければおひとつどうぞ!










今日の午前中は西安の最も大きいモスク 清真大寺 へ

229

入り口です。







入場料 1人 25元

221








220



地球の歩き方より

創建は742年
寺院は東西の長さ250m、南北の長さ50m
敷地面積13000㎡、建築面積約6000㎡

建築様式は中国風だけど偶像がなく
殿内には動物模様も使用していない。

院内の装飾はイスラムの教えに従っている。

またモスク内の建物は信者が西方のメッカに礼拝するため
入り口を東にして西に向かって建てられている。


清真大寺のさらに詳しい内容を知りたい方はこちらへ → 清真大寺




八角形をした建築物の省心楼 ↓

226








この門をくぐって礼拝大殿へ ↓

228










1000人以上の信者を収容できる礼拝大殿 ↓

227











清真大寺を出てからお土産屋さんを見ながらブラブラ ↓

230





219





231





232








途中TVカメラがお店を取材しているシーンに出くわす ↓

店

インタビューされたらどうしよう?!
と内心ちょっとドキドキだったけど
いらぬ心配だった・・・・ ^^;







お昼は昨日食べた同じ鍋屋さんにて ↓

235








鍋 8元 ↓

234

ここの鍋は日本の味に近く
とてもホッとできるのでお気に入りになりました。






腹ごしらえが終わると路線バス終着駅旅の始まり~~  

とは言っても単に路線バスに乗って終点まで行って戻ってくるだけ  
ときには途中下車

でも知らない場所に行けていろんな発見や出会いがあって楽しいんです! 





西安城壁の街で、郊外に出るには必ず城壁をくぐります。 ↓

車窓









西安駅を起点に行ったり来たり

237









2階建てのバスの真ん前に陣取っていたので景色がよく見える! 

239





19:00頃に路線バス旅を終了   










鐘楼の夜景はいつ見ても美しい ↓

241











今日の晩ご飯を何にしようかと思案していると
どこからかおいしそうな匂いが!

その匂いに連れられやって来たのがこちら ↓

242







肉と野菜がたっぷり入った饅頭  ↓
ピリ辛と香ばしさがたまりません!
1個 3元

244




写真はないのですがあと包子(パオズ)と串焼きを食べました。
買い食いバンバ~~イ !  





宿に戻る途中、またお菓子を買って帰る。


23:00  就寝   




カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2006年10月現在のものです。

0



西安の旅 7日目  華山(ファシャン)から西安へ戻る 



2006.10.27(金)                1元→約15円



10:00 華山から西安へ

203

バス (華山~西安)  1人28元


このバスはノンストップで西安へ着く・・・・・
のだが少し郊外の城東バスターミナルに着くらしい
車掌さんが鐘楼への行き方をいろいろと親切に教えてくれたので助かった。

約2時間で城東バスターミナルに到着
少しその周辺を散策後1元バスを乗り継いで鐘楼へ




14:00 今夜の宿北院門招待所(1泊50元)へ戻り
      荷物を置いてからお昼ゴハンを食べに行く






イスラム街にある鍋屋さんへ

「あまり辛くしないでね~~」
とお願いしておくとちょうどいい味加減にしてくれた  ^^

鍋

中身は魚のすり身、カンピョウ(?)うずらの卵、野菜に麺
疲れた体にやさしくおいしい味でした。
8元×2=16元










そして別腹で柿饅頭を食べる1コ 7角 ↓

204









焼いてあるのでアツアツで気をつけないとの中を焼けどしそうになる。
まわりは柿で中にはアンコが入っている。

206

柿とアンコがよく合っていておいしいのと
宿のすぐ近くで売っていたのでしょっちゅう食べました。  

安くてうまい!  ^^








 



長時間の山歩きがたたったのか少し風邪気味になったので
薬局屋さんで風邪薬を購入 1箱 9.5元 ↓

207











夕方の散歩に立ち寄ったイスラム寺院 ↓

208










とてもカラフルできれいです。 

209











今日の夕食はまぜ麺の涼皮  3元 ↓

210

肉と野菜と麺に特性のピリ辛タレがかかっていて混ぜて食べます。
ツルツルとした食感なので食べやすくおいしい!  ^^ 











焼飯 3元 ↓ 

211











夕食を少し軽めにし別腹のデザートはお菓子で! ↓
(別腹が多くない??  ^^;)

213

このお菓子がまたおいしんだ! 3元分購入











寺院だけでなく通りもカラフルなイスラム街 ↓

214









ブラブラ散歩するだけで楽しい通り ↓

215




宿に戻ってお菓子を食べ、薬を飲んですぐ横になる



23:00 就寝    



カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2006年10月現在のものです。

0




西安の旅 6日目 素晴らしさも満点恐ろしさも満点の華山(歩行約9時間) 



2006.10.26(木)               1元→約15円




昨日「ありがとう予約」をしていたので
今日は雲ひとつない快晴のお天気   


山の神様 ほんとう~にありがとう!  




08:30 バイクでロープーウェイのバス乗り場まで乗せていってもらう(5元)  


バスターミナルからバスに乗り換えてロープーウェイ乗り場へ


山への入山料が 1人 100元

ロープーウェイ 片道 1人 60元  (往復だと110元)

私たちは歩いて山を降りる予定だったので片道分購入




華山は峻険とうわさには聞いていたが・・・・・・
ロープーウェイに乗った時点でそのことを実感!!!


私はあまり高所恐怖症ではないけれど・・・・・
高いぃぃぃ~~ こわいぃぃぃ~~~~   落ちるぅぅぅ~~ ↓

150


ロープが切れないことを祈りつつ
ビビリながら写真を撮る




黄山のロープウェイも怖かったけどここも全然負けていない・・・ ^^:


約10分の空中遊泳のち北峰の近くの駅に到着


09:30 山を歩き始める





北峰付近から見た景色  ↓

151

実に素晴らしい! 







そして断崖絶壁、道幅1mしかない蒼龍嶺へ


柵が見えるでしょうか? そこが道です。 ↓

182

最初見上げたときは
「あ、あそこ上がんの? どこまで怖い目にあわせんねん!!  」
と思ったけど・・・・・・

 





登ってみると以外に歩きやすくあまり恐怖感は感じなかった。

155

蒼龍嶺を上から見た光景 ↑







見下ろすと北峰から見た景色よりもさらに素晴らしい! ↓

156







ヤッホーーーー! 

160

「アホー」とは帰ってきませんでした。    ス、スミマセン m(__)m






金鎖関を通り過ぎると ↓

161







こ、これがほんと~~の断崖絶壁の道ぃぃ~~~ ↓

165

鎖がつたなくてかなりへっぴり腰になって通りました。
蒼龍嶺よりず~~っと恐ろしかった・・・・・ 





途中お腹が空いたので持参していたお菓子やパンを食べる
40分ほど休憩のち歩き始める 




いろんな姿を見せてくれるので歩いていて飽きが来ない   ↓

166






東峰を通って山の最高峰、南峯(2160m)に到着 ↓

ジュミー2







自然が作り出した芸術は素晴らしい~~~   ↓

178






しばし山頂からの景色を楽しみ下り始める


ここも注意して歩かねば!
足を滑らせたらお終いでござるぅ。 ↓

175






途中、休憩所もある ↓

172







下りながらも絵になる景色を堪能 ↓

157







蒼龍嶺に戻ってくると
登る人下る人でごった返していた ↓

179

かえってこの方が危ない  







14:00 さあ、これからが下りの本番!



まるで直角のようにさえ感じる階段をひたすらひたすら下りていく

183
 




足場が全て石なのでかなり滑りやすく、ビビリながら歩を進めました。 ↓

188







下り始めて約2時間くらいでやっとお店が出てくる。 ↓

191





下っていると何人かの上がってくる登山者とすれ違う

あの階段を今から登るのかと思うと
気の毒なような・・・・  すごい!と尊敬するような・・・・・

しかし人の心配をしている場合ではない!
ず~~っ石の道を歩いているので私たちの足もすでにガクガクに。  ^^;






その疲れを忘れさせてくれる可愛い子猫に遭遇 ↓

196

迎えてくれてありがとね~~ 
食べられずに大きくなるんだよぉ~~~  






18:30  ようやく宿に到着




宿の近くの食堂で晩ゴハン ↓

199

野菜炒め 4元 ↑





マーボー豆腐 5元 ↓

200

激辛~! 





チャーハン 3元 ↓

201

色がなくて味も薄かったけどマーボー豆腐が辛かったのでちょうどよかった。





ゴハンを食べると疲れがドッと押し寄せもう動けない

しかし・・・・・・





市場が気になり結局ウロウロしてしまう私たちなのです。 ^^; ↓

202




21:00  お風呂&洗濯


23:00  就寝   




カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2006年10月現在のものです。

0





西安の旅 5日目 西安からバスにて華山(ファシャン)の麓の町へ 



2006.10.25(水)       1元→約15円




今日は西安から東に約120kmの場所にある華山(ファシャン)へ移動の日
以前に黄山(ファンシャン)を歩いて以来中国での2度目の山行きに心ワクワク  ^^





朝の北院門街の様子  ↓

124







鐘楼から市内のバス(1人1元)で西安駅の真正面にある西安バスターミナルへ ↓

125

ここで華山へのバスのチケットを購入 1人 25元






出発は13:30なのでまずは腹ごしらえ
駅の近くの食堂で食べた肉野菜はさみパン 2元 ↓

126

冷めていたのでお味は今ひとつ





でもこの焼きソバはマル 5元 ↓

127







13:30 西安駅を出発




2時間くらい走り途中のバスターミナルに立ち寄る  ↓

128

ここで降りていく乗客の人数分を補うまでバスは出発しない。
1時間してやっと満席になり再出発






17:30頃 華山の麓の町に到着

バスの荷物入れの中から私たちのバックパックを出すと
なんと埃で真っ白ケッケにぃぃぃ~~  T_T

私たちが乗ったバスはいわゆる鈍行バス
確かに止まる回数も多かったし
その度に乗客のたくさんの荷物の出し入れをしていたので
埃をかぶってしまったに違いない

帰るときは直行バスに乗りたいものである・・・・




さあこれから宿探し!
と思っていたらいろんな人が集まってきて
ここに泊まれ!ここはどうだ!と声をかけてくる。

その中の1人のオッちゃんと交渉開始


初めは1泊120元と言ってきたが
「2泊するから1泊60元にしてよ じゃあないと泊まらないよ~」
と立ち去ろうとするとすぐOKになった。   

ここがその宿 1泊 60元 ↓

130

 



部屋がけっこう広くて快適だった

129








宿が決まったので散歩がてら華山の様子を見にいってみる

133







ここは華山の入場ゲート  ↓

135

こちらはロープーウェイのある表側にではなく
山から歩いて降りてくる裏側にあたるようだ。

歩いて下ってきた人に話しかけてみると
頂上からここまで下るには約5~6時間かかるとのこと

う~~ん・・・・それならばなんとか私たちも歩けそうだ。




夕焼けに向かって「ありがとう予約」をしておこう!
明日は快晴のお天気になってくれてありがとう! 

138








宿の近くにあった市場の食堂で晩ゴハン ↓

140






野菜たっぷりのラーメン 3元 ↓

142






こちらも野菜たっぷりの焼きソバ 3元 ↓

141

西安と比べて少し物価が安いようだ
それに2品ともとてもおいしかった。  






22:30 明日に備え早めの就寝   

 


カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2006年10月現在のものです。

0




西安の旅 4日目  華清池~兵馬俑博物館 



2006.10.24(火)     1元→約15円


A:M 06:00  いきなりうなるような声が聞こえてくる

あれ? これはコーランでは?! 
そういえばトルコでも朝早くからコーランで叩き起こされたなぁ~
なんていうことを眠気の中でふと思い出した。

「って!あれここは中国のはずじゃあ??? 」

と一瞬自分がどこにいるのかわからなくなった。

そうか、この宿の近くにはイスラム寺院があるんだった!

ここの場所に泊まっているからこその洗礼を受ける。




朝ごはんは昨日の夜に買ったお菓子をいただく


すぐに出発の準備をして09:00前に宿を出る。
鐘楼から西安駅へバス(1人1元)で移動



西安駅のバスターミナルから遊5(1人6元)のバスに乗り換えて華清池へ



華清池の入場門  入場料1人 70元  ↓

いつもながら思うことは観光地の入場料が
中国の物価からすると高すぎるよなぁ~ 

66

華清池は玄宗と楊貴妃のロマンスとして有名なのと
1936年意の西安事件の時に蒋介石が滞在していたことでも知られている。






きれいな花たちが迎えてくれる ↓

90






観光地だけあってどこも花がきれいに飾ってあって手入れが入念 ↓

73






池はあまりたいしたことはないんですけどねぇ~ ^^;  ↓

70








昔の華清池の周辺を再現したもの ↓

77







玄宗と楊貴妃?!  ↓

80






楊貴妃なんでしょうけど彼女は・・・プププ・・・ ^^
かなり眠そうに船を漕いでいました。     ↓

81






こちらは人形 ↓

83






きれいに飾られた部屋 ↓

82






楊貴妃像 ↓

85







華清池を見学した後はそこからバス(華清池~兵馬俑博物館 1人 2元)にて
兵馬俑博物館へ移動




兵馬俑博物館に入る前にラーメンでも食べておきますか ↓
1杯 5元

92

いいダシが効いていておいしかったのでもう一杯追加! ^^







兵馬俑博物館入り口  入場料は1人 70元 ↓

93






まずは1号坑から ↓

94

兵馬俑は始皇帝の陵墓を守る陪葬物として作られた
兵士や馬の焼き人形がある







中に入ると・・・・・おぉ~!  等身大の兵士像がずら~~り ↓

96



1号坑は東西230m、南北62mの範囲に5mの深さに掘られた
地下坑道で約6000体の兵馬俑が38列に並び
中国を統一した秦軍の脅威を表しているとのこと



106



館内は原則写真禁止だけどみんなケンチャナで
写真を取りまくっていました。

いいんだろうか?  いいんだよね~~
でも一応、注意はしたほうがよさそう・・・・・ ^^;


105





お馬さんもたくさんあります ↓

104






そして2号坑へ ↓

109






ここは1号坑にくらべると兵士の数は少ないが
弓を持った兵士や戦車部隊などがある  ↓

110






ガラスの中に飾られていて身近に見ることができる  ↓

112




114







3号坑 ↓

115


 




中の様子 ↓  

116







最後にお土産用の兵馬俑とパチリ☆  ↓

ジュミー1




華清池と兵馬俑博物館を訪れてみた感想なのですが・・・・

私たちの目にはただ池があり等身大のお人形さんがあっただけ!
としか映りませんでした。  (浅っ!)

どちらかというと自然や生活感溢れる場所の方がしっくりくるんですよね~


でもせっかく中国にの古都に来ているんだから
もっとその背景や歴史を勉強しないといけませんね ハイ!  ^^;




19:00頃に鐘楼に戻ってくる



ライトアップされた鐘楼 ↓

119

容姿が実に美しい







昨日食べた西安ダック 5本で10元 ↓
(かじる前に写真を撮らないと・・・・ ^^;)

120







西安ダックでは足りないので
ここのお店で鍋を食べてみる  ↓

121





うずらに野菜、ビーフンを少し太くした麺が入っていて1杯 4元  
「辛くしないでね!」と紙に書いて渡したのが功を奏したのか
私たちの口にちょうどよく、おいしくいただけました。 ^^  ↓

122








お菓子屋さんに立ち寄り
お菓子とパンを買って帰っている途中
路上に人が大勢集まっていたので
何をしているのかのぞいてみると映画を上映していた。   ↓

123

見ていてもよくわからないが
こういう光景に出くわすのも楽しい♪  ^^





21:00  宿に戻りシャワー&洗濯


24:00 就寝  




カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2006年10月現在のものです。

0