FC2ブログ





広州&海南島・三亜の旅 13日目 十三行路~上下九路でお買い物 



2009.01.20 (火) 天気 晴れ時々曇り 気温 13~23℃    1元→約14円



昨日宿の受付のお姉さんが教えてくれた「十三行路」へ行ってみることに





850



広州の駅のバス停から552路のバス(1人2元)に乗って約15分
康王南路というバス停で下車




大きな袋を持って歩く人や荷車を押している人をたくさん見かける。
ここは庶民的な雰囲気満点!  ↓

863






おいしそうなものが目に入ったので1コ買ってみる ↓

851




名前を聞くと「九菜餅」というらしい 1コ 1元 ↓

852


ニラの香りがよく甘塩辛くて
とてもおいしかった! ^^
1元(約14円)なのにおぬしなかなかやるなぁ~

854







その隣にドリアンを売っているお店があったので
1パック買って食べてみた ↓

855



856

でも若すぎてドリアン独特の匂いもなく
カチカチで全然おいしくなかった。 T_T







お次は移動屋台の「武太郎餅」をひとつ買ってみた(食べてばかり・・・^^;)↓

860




油をしいて小麦粉をひろげ肉をのせたもの

859

アツアツで香ばしくてこれはメチャおいしかった。 1コ 3元







十三行路にある商業施設のビル ↓

858





中は服屋さんや生地屋さんがずらりと並んでいる ↓

857





時間が経つにつれだんだん人が多くなってくる ↓


876




 

近くに市場があったのでのぞいてみる ↓

871





麺やギョウザ、中華菓子がおいしそう

868





売られているおいしそうな鶏肉 ↓

867


ここの市場を見てまわるとそれぞれの商品に値段表示がしてあった。
最近はこうして値段の表示をしているところが多くなってきている。
表示のまま買うのは中国らしくなく面白みがなくなりそうな気がするけどなぁ~






市場を出てから
「さあ!いろんなものを安くたくさん買うぞ~~!」
と気合を入れてはみたものの・・・・・・

すでに通りはものすごい人、人、人   ↓ 

879


こんな中で中国語が話せない我々はとても相手にしてもらえないだろうし
人の波に押し出されてしまうことが容易に想像できすっかり戦意喪失・・・・


この人ごみの中でしっかりと値段交渉ができ
自分の欲しいものを全部買えるようになったらりっぱな偽中国人?





人の波にもまれるのがちょっとしんどくなったので
元気をつけるためスイーツを食べることに ↓

881


あ、甘ぁぁぁ~~  お汁粉に似た味 1元 ↓

882







十三行路から人ごみを避けるため
大きな道路を渡って違う通りに出てみると・・・・

人、人、人  ↓     ^^;

886

人の洪水に押し流されライフジャケットを身に着けていなかった私たちは
あえなく沈没  





結局昨日訪れた上下九路へ歩いて行くことに


上下九路も人は多いけど十三行路に比べるとまだまし


さっそく靴下屋さんで人のいいお姉さんを捕まえて
「いっぱい買うから安くして~~!」
とお願いするとかなり安くしてくれました。  

887


そこで買い物するとき安くしてもらうコツを・・・・
まあたいしたコツではないんですけれど
楽しむためのコツをひとつ!


買い物をしていて、交渉してもなかなか安くしてもらえないとき
妻が伝家の宝刀のごとく使っていたのがこの言葉!

「温柔(あなたはやさしい)」

紙に書いて見せると  大うけ!       
誰に試してもうけるのです!

やはりどこの国の人もほめ言葉には弱いとみえる。
私たちの場合、大抵は安くしてもらえました。 
 

中には ”それでもダメ!” という人もいますが
そのりアクションを見るだけでもおもしろおかしく楽しいのです。
ice break (場をなごませる) にはとても役に立つ言葉です。  
お試しあれ~~ 







18:00 昨日食べた食堂で再びクレープ(?)を食べる ↓

892

蝦米・・  5元 ↑





お粥 5元 ↓

891

ここのお粥は絶品!
私の中では「お粥は病人が食べるもの!」
なんていう変なイメージがあったのですが
ここのお粥はそのイメージを完全に崩してくれました。

ほんと~~においしいのです!
まわりのお客さんがみんなお粥を食ていることに納得。  ^^
昨日も食べたらよかった・・・・ 




猪肉・・ 5元 ↓

889

蝦米、猪肉・・ はトロトロで何ともいえない心地よい食感!
う~~~ん、幸せ!  






夕食を食べた後はいろんなお店でお買い物三昧!

といっても安い・・・・言葉を変えよう
リーズナブルなものばかりなんですが・・・・・





買い物の最後に入ったお店は地元のお土産屋さん ↓

895





バラエティに富んだお菓子が売られている ↓

894




これはお店のお姉さんに勧めてくれた
中国南部の名物「鶏仔餅」というお菓子(クッキー) ↓


942


名物ということで1袋8元のものを
我が家と実家にひとつづつ買って帰りました。

日本に帰ってから食べてみての感想なのですが
口に入れると、少し塩味が効いている、そして・・・・・
なんと中国の食堂のにおいが口いっぱいに広がってキターーーー! 
(中国の食堂のにおいとは・・・・う~~ん、なかなかうまく説明ができないので
機会があれば、ぜひ中国の食堂に行ってみてください  百聞は1嗅にしかず )

こ、これはおかず???と思ったけど噛んでいるうちにだんだん甘くなってきて
最後はお菓子で終わってしまう。
袋の裏の表示をみてみると鶏肉の表示はなく「猪肉」(ブタ肉)とある
お菓子に肉? どうりで食堂のにおいがするはずだ。

それにしても、なぜ表紙に鶏の文字があるのかようわから~~ん!
なんともおもしろい味のするお菓子でした。  ^^;




21:50 広州駅行きのバスに乗車


22:15 広州駅着


宿に向かって歩いていると宿の客引きの兄ちゃんが
食堂でゴハンを食べていた。
よく見るとその食堂のユニホームを着ている。

話をしていてわかったことは
福建省の出身で昼はそこの食堂の厨房で働いていて
月2000元もらえると言っていた。
そして夜中はホテルの客引きをしているようだ。

春節には奥さんと2人の子供が広州にやって来るらしい。

広州初日の深夜の宿の交渉は
ちょっとかわいそうなことをしてしまったけど
とても明るく気さくで元気な彼に心からエールを送りました。

兄ちゃん(左)ありがとね!  そして顔晴ってね! ^^ ↓

兄ちゃん






22:30 宿に戻りシャワーを浴びた後お土産などの荷物整理


25:00 就寝 


 


カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2009年1月現在のものです。

0




スポンサーサイト