スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

出会った旅人 in マラッカ 



落書き?


私たちは、自分たちで気に入った宿を探し、宿泊するので
あまり、地球の歩き方に載っている宿には滞在してこなかった。

もし、記載されている宿に泊まったとしても、その場所には
あまり共有スペースがなかったせいか
日本人の旅人と、深く話をする機会が少なかった。

しかし、マラッカのトラベラーズ・ロッジでは
日本人の旅人が多く宿泊していて、くつろげる共有スペースがあったこともあり
話をする時間を持つことができたので
特に、話し込んだ旅人のことをUPしておこうと思う。


トラベラーズ・ロッジ にて

関西人のJさん(女性)

東南アジア3ヶ月間周遊の旅をもうすぐ終え、今からいったん日本に帰り
3ヶ月後の9月に、大阪から船に乗って上海に入り
インド・ネパールを目指すというJさん。

話していたときは、ごく普通の女の子だったけど
翌日、出かける彼女の姿を見たら。。。。。
とうてい日本人には見えなかった。  ^^;
「この人、いったい何人なんだろう?」と思わせる、国籍不明の雰囲気は
旅での大きなアドバンテージだと思う。


旅の準備



大きな目が特徴的なHさん(女性)

身長が178cmもある、長身の女の子のHさん。
大きな目が特徴的で、とても聡明な人だ。
普通、一人旅の旅人に出会い、話す機会があると
せきをきったかのようにしゃべり出す人も多い。
しかし、彼女はとにかくおっとりしていて
人の話をよくうなずいて聞いてくれる、聞き上手な人。

彼女は日本を出て、東南アジアを旅してまだ1ヶ月くらい。
しかし、これから約2年かけて、世界一周をするとのこと。
彼女のバックパックを持たせてもらったが、メチャクチャ重たかった。
「こ、これは大リーグボール養成ギブス(知らない人は、ググッてね!)か??」
と思うほどだった。
中身を聞いてみると、ほとんどがガイドブックだそうだ。
「重さには、もう慣れました~♪」
と言っていたが、ある意味たくましく感じてしまった。

マレーシアのあとは、西の国々を巡って行く予定だそうだ。
私たちもいったん日本に戻り、3ヶ月後の9月頃には
インド・ネパールの旅に出るので、どこかで再会できると嬉しいなぁ~~


自転車



とてもパワフルなMさん(女性)

高校生の時に、パラグアイで1年間ホームスティの経験があり
スペイン語が堪能なMさん。
彼女のすごいところは、自転車旅の経験が全くないのに
いきなりパラグアイからアルゼンチンまで、約1200kmの自転車旅をしたとのこと。
もちろん、ベテランの自転車旅経験者の方と共に走破したそうだが
はじめは一人でトライしようとして、みんなに引き止められたらしい。
(そうりゃそうでしょう~~)
現在は約1ヶ月間東南アジアを回っている。
その後は、オーストラリアに渡り、ワーキングホリディをするか
バイクを買って、オーストラリアの周遊をするか迷っているとのこと。
「嫌いな英語を話さないといけなぁ~~い!」と苦笑いしていた。
彼女から発するエネルギーに触れていると
どんな旅でも出来てしまいそうな気にさせられる。
とてもパワフルな女の子だ。

また、彼女は日に焼けると、南米では高地にいる現地人
または東南アジア人のようにも見えるので
旅では、その場所にその場所に溶け込みやすい雰囲気を持っていた。
現に中南米では、トラブルのトの字にも逢ったことがないらしい。
ブラボー!!


話をさせてもらったのは、みんな女の子の一人旅のバックパッカー。
ビビリーの私は、ジュミーさんがいるので、安心して(?)旅を続けることが出来るけど
一人旅をしている女の子に出会うと、尊敬のまなざしで見てしまう。
どうかこれからも気をつけて、楽しい旅を続けていって欲しい。  



フランス人のキャンパー

セント・ポールの丘から下ったところの大きな木の下に
1台のキャンピングカーが止まっていた。 ↓

キャンパー



東南アジアでキャンピングカーを見かけることはなかったので
とても興味がわいて、ドアをノックしてみた。
すると、中から40~50歳くらいの西洋人の女性が現れた。
キャンピングカーに関心があるので、見せてもらえないかと申し出たところ
快く中に招いてくれた。
「この車に来た日本人は、あなたたちが初めてよ!」
といって喜んでくれる優しい人だ。

彼女はフランス人で、ご主人とふたりで、世界一周の旅をしているらしい。
フランスの自宅を出発し、ヨーロッパを周遊後、インドへ入り
インドを走破した後は、フェリーでマレーシアへ入国。
これからは東南アジアを巡り、オーストラリア、中南米、北米と移動した後
フランスへと戻るということだった。
期間を尋ねると、これから約4年くらいを予定しているとのこと。

こんな大きなキャンピングカーで、たくさんの国々を巡り
多くの時間をキャンパー旅に費やせる経済力があることは
素晴らしいなぁ~と感動してしまった。

私も、密かにキャンピングカーで旅をしてみたい!
と思っているので、とても良いお手本を見せてもらえる、貴重な出会いだった。



カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年7月現在のものです。


0



スポンサーサイト

マラッカ散策 浮遊モスクとブキッ・チナ 



地図


宿に置いてある地図を見ると、すぐ近くの人工島にモスクがあるようだ。
地球の歩き方には載っていないので、全然知らなかったが
宿の屋上からも、その姿が確認できるので
どんなところなのか、行ってみたくなった。

宿の兄ちゃんに尋ねたところ、宿から歩いて50分くらいで行けるらしい。

宿を出て、散策がてらボチボチ行こうと思い、地元の人に道の確認をしたら

「ちょうど出るところだったから、車で連れて行ってあげるよ。」

とのことで、モスクまで乗っけてもらった。 ラッキー♪ ^^


約10分ほどで、モスクに到着。  写真はモスクの正面  ↓
この日は、残念ながら曇り空。
モスクが白い色だけに、晴れて青空なら
もっときれいだっただろうに。

モスク2


中華街のモスクとは違い、こちらのモスクは、イスラムとハッキリわかる。

モスク内

こんなに素晴らしいモスクなのに
中には観光客の姿はなく、地元の人しかいなかった。



祭壇  ↓

祭壇



海に突き出しているので、まるで浮かんでいるような気にさせられる。 ↓

柵



浮遊モスク



この日は、地元の子供たちの遠足と重なったせいもあり、モスクはにぎやかだった。
たまたま私たちに声をかけてきた、遠足のバスの運転手が
少し日本語を話せたので、交渉して町の途中まで乗せてもらった。  ↓
ラッキー♪  ^^v

バスの中




浮遊モスクから戻ってきた私たちが向かったのは、桟橋方面。
ここには、コマタ・ホテルという大きなリゾートホテルがある。
せっかくなので、ちょっとおじゃまして、部屋を見せてもらった。

いかにもリゾート!という感じ  ↓

プール



案内してもらったのは、海側に面した最上階の部屋  ↓
この部屋にはキッチンがついていた。 

部屋


ベッド


ベランダからの景色  ↓

ベランダ

コマタ・ホテルは、リゾートホテルのわりには
それほど高い値段ではなかった。
今度、両親を連れてきたときにでも泊まってみよう。
でも、今度って、いつ?  ^^;

ちなみに、コマタ・ホテルのおとなりは、ホリデイ・インがある。




コマタ・ホテルとホリデイ・インの間から、桟橋がのびている。 ↓

桟橋

この桟橋の先端には、カラオケボックスやレストランがあった。
しかし、船の乗船はしていない様子。
それだけのために造られたんだろうか??



この場所から、さっき見た浮遊モスクが見える。 ↓

モスクと町


モスク




桟橋から歩いて約15分、川沿いに
スマトラ島(インドネシア)へ船で渡るイミグレイションがある。 ↓

イミグレ

私たちが立ち寄ったときは、多くの人でごった返していた。



高速船で、マラッカからインドネシアのドマイまで、約2時間30分とのこと。
機会があれば、行ってみたいなぁ。

国際線の船





次に訪れたのは、ブキッ・チナ  ↓
 
地図1

ここへ行ってみようと思ったのは、ただ単純に
この丘から、どんなふうな景色が見えるんだろうか?
ということだった。



トラベラーズ・ロッジから道草を含め、ボチボチ歩いて約50分
ブキッ・チナの麓にある、ポー・サン・テン寺院にたどり着く。 ↓

お寺

地球の歩き方によると、1975年に建てられたとのこと。



この寺院の横には、スルタンの井戸がある。
マラッカで一番古い井戸で、この井戸に背を向けて
投げ込んだコインが輝きながら沈んでいくと
再びマラッカを訪れることができるという言い伝えがある。

井戸

観光客がこの井戸を見学に来ては、写真を撮っていたので
たまたま私も写真を撮ったのだが、そんな言い伝えがあることを知ったのは
ずいぶんと後のことだった。




ポー・サン・テン寺院から登り始めて、約20分ほどで
ブキッ・チナの頂上に着く。
ブキッ・チナとは「中国の丘」という意味。
中華街以外では、最大の華人の墓地となっている。

高台になっているので、見晴らしが良い。

こちらは丘から見た、マラッカの山手側の景色。 ↓

風景 ブッキチナから山側




そして海側は、マラッカ市街地とマラッカ海峡が見える。 ↓

風景 ブキッチナからマラッカ市街地

ここは見晴らしもよく、緑があり、静かでいいところなのだが
お墓のためか、人気がないので女性1人だけで行くのは
あまりお勧めはできない。





カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年7月現在のものです。


0



マラッカ散策 セント・ポール教会周辺と中華街 



マラッカの見所は、コンパクトにまとまっていて
私たちが宿泊している トラベラーズ・ロッジ から歩いて
すぐに行くことができる距離にあり、散策するにはちょうどいい感じになっている。

マラッカに滞在したのは6日間。
歩いて見てまわった場所をまとめてみました。


まずは、セント・ポール教会周辺。

地図1



マレー王統記に書かれている記述をもとに
復元された木造建築のスルタン・パレス  ↓

ミュージアム

入場料は、確か大人2RM(58円)だったような。。。。。
中に入っていないので、うろおぼえです。  ^^;




パレスの前には、整備されたきれいな公園がある。  ↓

公園





1511年、オランダとの戦いに備え、ポルトガル人によって
設置された大砲があるサンチャゴ砦  ↓

砦

記念撮影のスポットになっている。





サンチャゴ砦を横切り、セント・ポールの丘を上に歩いていくと、古い教会の跡がある。
それが、セント・ポール教会  ↓

教会

1521年に、ポルガル人によって建てられ
宣教師たちの活動拠点だったそうな。



セントポール教会



教会跡の中の様子  ↓

教会内





小高い丘になっているので、見晴らしが良く
近くにはマラッカの街、遠くにマラッカ海峡が見える。  ↓

丘からの景色


こちらは、110mの高さがあるマラッカ・タワー  ↓

タワー

2008年にオープンしたそうで、回転式のキャビンが上下して
5分間の間、360度マラッカの街と海峡を見ることができる。
料金は。。。。。乗っていないので、わかりません。笑




すぐ近くに、木造船の海洋博物館が見える。  ↓

海洋博物館

セント・ポール教会の周辺には、たくさんのミュージアムがあり
マラッカの歴史や文化を知ることが出来る。





教会跡や、丘からの景色を楽しんだ後、下っていくとオランダ広場に出る ↓

広場



この場所は、トライショーの溜まり場になっている。 ↓

広場のトライショー

私たちが前を通り過ぎても、全く声をかけてこない。
観光客を捕まえようと、もっと躍起になって欲しい気もする。 ^^:




1753年、オランダ統治時代に建てられた、ムラカ・キリスト教会  ↓

教会

ここも、撮影スポットになっていて
多くのツーリストが、写真を撮っていた。





オランダ広場を川沿いに歩くと、出てくるのがセント・フランシスコ・ザビエル教会。
この教会は、1849年、フランス人が建てた教会で
ふたつの塔を持つ、ゴシック建築になっている。 ↓

大聖堂


中に入ると、きれいなステンドガラスが出迎えてくれた。 ↓

ステンドガラス



ステンドガラス1



教会を出て、前の道を渡ると、こんな看板があった。  ↓

ようこそ!

マラッカって、世界遺産に登録されていたのね。
ジュミーさんは、知っていたそうなのだが
私はこのとき、初めて知った。
って、ちょっと気がつくのが、遅すぎやしませんか?  ^^;





オランダ広場へ戻り、すぐそばにある橋を渡ると中華街へと入っていく。
その橋からの風景  ↓

橋からの景色1


川には、クルーズを楽しむ観光船も走っている。 ↓

クルーズセ船




地図2


マレーシアの面白いところは
ヒンズー教、イスラム教、仏教の建物が、仲良く共存しているところ。
中華街を中に入っていくと、その姿を見ることができる。


ヒンズー教の、スリ・ボヤタ・ビナガヤ・ムーディー寺院  ↓ 

ヒンズー寺院



ガンボン・クリン・モスク  ↓

モスク

屋根が丸いのかと思いきや、そうでなく
あまり、見たことのない形をしている。
18世紀創建とのこと。



1646年、中国から運んできた資材で建てられた
チェン・フン・テン寺院  ↓

お寺

多くのh参拝者が訪れて、線香をそなえ、祈りを捧げていた。




3つの建物から、少し離れた場所にあるガンボン・フル・モスク  ↓

モスク

1728年に建てられた、古いモスク。
やはり、こちらもイスラム独特の丸い屋根ではない。
どちらかというと、仏塔に似ているような気がする。
むしろ、こっちのモスクの方が独特なのかもしれない。




中華街を歩いていて、みんなが写真を撮っていたので気がついた
ババ・ニョニャ・ヘリテージ  ↓   

家

ババ・ニョニャとは、マレーシアに移り住んだ華人と
マレーシアの女性との間に生まれた子孫のことを、そう呼ぶとのこと。
彼らの生活の一部分を見せてくれるプライベートミュージアムになっている。




中華街のメインストリートにあたる、ハン・ジュバッハ通りは、
週末になると多くの露天が軒を連ね
地元の人や観光客で、賑わいを見せる。 ↓

通り



中華街のストリート



中華街のストリート2




最後に、夜景の写真もUPしておきます。 ↓

街の夜景



派手にライトアップされたトライショー ↓

電飾

乗ってみたいけど、ちょっと恥ずかしいような。。。。^^;





カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年7月現在のものです。


0



居心地の良い宿 トラベラーズ・ロッジ in マラッカ 



私たちの宿探しは、基本的に10~15件くらいは足を運び
その地域の宿のだいたの相場(値段)と部屋の質のバランスを見てから決めます。
なので、1~2件目で決めることはまずない。

しかし、バスを降りて、1件目に入った
マラッカのトラベラーズ・ロッジだけは違った。 ↓

入り口




入り口からのびる階段を真っ直ぐ3階まで上がると
清潔&居心地の良さそうなリビングルームが出迎えてくれた。 ↓

リビングルーム



ライトや、ちょっした小物の飾りがおしゃれ。 ↓

飾り 

 

テラスのテーブルもなかなかいい! ↓

リビングルーム1



ここのリビングルームには、マラッカ海峡からの風が入ってくるようになっていて
実に心地よく、いつまでもその風に吹かれていたい感じにさせられる。 ↓

バルコニー



2階にも共有スペースがあり、ここは主にPC部屋になっている。
PC持参のゲストは、もちろんwifiを無料で使える。 ↓

PC部屋



普通なら、いったん部屋に目を通し、料金の確認が終わったら
すぐ次の宿を目指すのだが、快適で、居心地の良さそうなスペースがたくさんあり
宿の施設の充実ぶりに、足が前へ進まず、1件目のこの宿に宿泊することにした。
それだけ、魅力的だったということ!

私たちが泊まることにしたのは
PC部屋のすぐ隣にある32RM(928円)の部屋 ↓
トイレ、シャワーは共同

部屋

32RMは、少し予算オーバーだったので
25RM(725円)のロフト部屋が空き次第
そちらに変わることを伝えた。




屋上にもくつろげるスペースが設けてある。  ↓

屋上




キッチン&冷蔵庫も自由に使うことができる。 ↓

キッチン




さっそくキッチンを使い、インスタントラーメンを作り
リンゴ、トマト、クッキー、クラッカーにコーヒーで昼食。  ↓

昼食



あとでわかったことなのですが
この宿は、地球の歩き方に掲載されていて、オーナーは日本人の女性。
マレーシアの方と結婚して、お隣のホテルとともに、トラベラーズ・ロッジを経営しています。
歩き方に紹介されているだけあって、日本人の旅人がけっこう宿泊しています。

ショッピングセンターのマコタ・パレードやカルフールがすぐ近くにあるので
買物にとても便利な場所に位置している。

Traveller's Lodge
214B Jalan Melaka Raya1, Taman Melaka Raya, Melaka 75000, Malaysia
(60)-06-226-5709

t_lodge_kai@hotmail.com
 
地図 トラベラーズロッジ







カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年7月現在のものです。


0


噴煙を上げる桜島 



昨日は、用事を済ませに鹿児島県庁へ
せっく来たので、18階の展望階にも立ち寄りました。

18階から見た鹿児島市街地 ↓

鹿児島市街地




この日は、スッキリと晴れのお天気。
モヤもなく、錦江湾の向こうには、韓国岳と高千穂の峰が見える。 ↓

鹿児島湾



18階に設置されている望遠鏡を覗いてみると
韓国岳と高千穂の峰の間にある、新燃岳から煙が上がっているのが見えた。

その煙を見ながら、つい2日ほど前、噴火で10km離れた場所に
石が飛んできたというニュースがあったことを思い出した。
噴火すると、火山灰だけでも大変なのに、石が飛んでくるのでは
ヘルメットでもかぶらないかぎり、外を歩くことも出来ないんではないんだろうか?
また、雨が降ったら土石流の心配もあったりで
新燃岳の近くに住んでいる人々は、今、大変な思いをしていると思う。


それに比べ、桜島は最近おとなしくしてくれていて、助かるなぁ~
と、思っていたら、突然噴煙を上げ始めた   ↓

噴火


わずか1時間の間に、爆弾を落としたかのようなウロコ雲を4回も吹上げていた。

冬は、桜島上空の風が、だいたい北東から南西方向に吹いているので
吹き上げた火山灰が、鹿児島市には降ってこない。
しばらく火山灰が降ってこないと、その存在をスッカリ忘れてしまっている。

しかし、目の前で、あれだけの噴火を見せられ
風が変わる、春から夏にかけての鹿児島市内の状況を想像すると
少し憂鬱になってしまった。


見る分には、雄大で美しく
自然のエネルギーを感じることができるんだけどねぇ~  ^^;

桜島さん、どうかお手柔らかに!  

アニメ 火山


カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年2月現在のものです。


0






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。