スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ああ。。。。今日も。。。。。 

2010年11月20日 /

6:00に屋上へ出てみて、山の様子をうかがうと
今日も濃い霧に包まれていて、姿は全く見ることが出来ない。 

つくずく、山容が美しかったカンチェンジュンガがなつかしい。
あの時は、なんの苦労もなく毎日見えていたんだから。

部屋に戻り、やけ気味でベッドにもぐりこんだ。
二度寝をして起きたのが9:00過ぎ。

今日は、昨日の買ったキュウリと
オマケでもらったトマトを切ってサラダを作り
パンとコーヒーで朝食にしようと思い
サラダ用のお皿を借りに行くと
宿のママさんが
「電気代が高いから、クッキングしないで!」
と言われちょっとムッとくる。 

コイルを使ってただお湯を沸かしているだけなのに! 
そんなことを言われると気分が悪い。

インドだけでなくいろんな国のいろんな都市の宿に滞在してきたが
「電気を使うな!」と言われたのは初めての出来事だった。

普通そんなことを言うか?と思うのだが
それがネパールなのだ。

思い返せば、ジャーマンベーカリーでは、
ショーケースから取ってもらった食パンが硬かったので
「もう少し柔らかいパンはないの?」
と言うと
「どれも同じだ!」
とパンを投げるようにケースに戻し
他のパンを見せてくれなかったり
山の用品店では、登山バックの値段交渉時に
安く値段を言うと
「頭がおかしんじゃないの?」
と言ったり
買い物の交渉がまとまらないときは
冷たくプイ!という態度をとったりと
「サービス」
という言葉とはほど遠い態度をとる人がいた。

さらに入国時には、ビザ代に加えて
申し込み料として、1人100ルピーを請求してみたり
バスの値段も、買い物の値段も
地元民の3倍4倍の値段を言ってくるのは当たり前!

ここの国民、お金が絡むと、人が変わってしまう。 

以前は外国人と地元民の値段が違うのは当たり前のようだったらしいが
廃止になっても、その習慣が、今でも色濃く残っているようだ。

インド人の方がボッタクリ度は、はるかに低くかったし
(私たちが交渉するような食べ物や買い物をする場所では)
買い物の交渉が決裂しても
「しゃあないね~」
という感じで、あまり後腐れなく終われたし
宿に泊まっていても
「電気を使うな!」
なんて言われたことは一度もなかった。

確かにインドは、うざかったり、頭にきたり
腹の立つことばかりだったけど
インド人の人懐っこさのせいか、なぜか憎めなかったし
向こうがムチャクチャな分、こちらもムチャクチャ出来て
なんだかとても楽しかった 

でもここで商売している人たちは
遊び心がないせいか、つっけんどんなので、ついカチン!  ときてしまう。
まあ、まだまだ自分自身も人間が出来ていない証拠なのかもしれない。

朝ご飯を食べていと、なんと!
雲の隙間から、マチャプチャレが薄っすらとその姿を現した。 ↓

薄っすらと山

山あったんやぁ~ 


感動! 
でも3分もしないうちに、再び雲のなかに消えて行った。^^;

一瞬だけでも、姿を見ることが出来て嬉しかった!
山の神様!出来ることならば、スカートめくりのような
チラッと見せだけでなく、どうかもっとガッツリと見せてくださ~い! 

13:00 チョウメンを食べようとしたら
またママさんがいなくて食べられず。
仕方がないので、お湯を沸かして
インスタントラーメン  とビスケットで昼食を済ませる。

14:30に交代でシャワー
お日様があるうちに、温かいお湯を浴びたかったのだ。

15:30 そうこうしてるうちに、雨が落ちてきた。 

昨日に比べると、少し強い降りだが
問題はどれくらい降り続くかその時間。
約30分で終了。

これで、山が見えるんだろうか?
あとは、神様のみそ汁!(神のみぞ知る)

雨が上がり、両替所へ
USドルのT/Cを100ドル分両替
100ドル ⇒ 7070R

18:00 DB MOMOにはすでにたくさんのお客さんが入っていて、
注文すれば、1時間待ちは確実!

ここは、時間がかかりすぎるのが難点だ。

19:00過ぎにやっと来たベジチャーハンと餃子を食べる。

宿に戻ろうとしたら、Iさんに遭遇!
せっかくなので、Iさんの泊まっているKALKIの部屋を見せてもらった。

画像 079_copy.jpg



その後は、22:00過ぎまで、またまた旅の話で盛り上がる。

22:30に宿に戻る。

24:00に就寝  

山がちゃんとあることが確認できただけでもよかった! ^^;



インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。

0

スポンサーサイト

今日もきびしそう。。。。なのでちょこっと町の散策 

2010年11月19日 //

6:00に起きて、屋上に上がる。
最近は、朝一で山のチェックを入れるのが日課になっている。
今日の山は。。。。。。

霞がかかり、近くの山さえ全然見えない (ーー;)
どうなっとんねん!ヒマラヤ! 

そそくさと部屋に戻り、ベッドに潜り込んだ。

8:00に起きて、共有スペースで朝ご飯を食べる。
パンにスープにコーヒーにビスケットなど。

今日も望み薄と思いきや、だんだん霧が上がってきて
お日様が顔を出してき出した。 

しかし、山が見えるかどうかはやはり別物。。。。

でも、期待したい! 

11:30 宿を出て、以前立ち寄ったお店のオーナーから聞いていた
ダムサイドにあるリーズナブルなレストランへ行くことにした。


こちらは、ダムサイドにある日本食レストランのアニールモモ ↓

オニールモモ



ダムサイドの通り ↓

ダムサイド


 

レイクサイドから歩くこと55分
ポカラグランドホテルの前にあり
アメリカンのオーナーが経営しているブラザー&シスターに到着 ↓

レストラン



モモ(8個)が35ルピー(42円) ↓

モモ



チョウメンが35ルピー(42円)

ヤキソバ

かなりリーズナブル!
味は可もなく不可もなくというレベルだけど
70ルピー(82円)で、2品食べれるのがいい! 


 
食後の後は、デザートをいただく。
ホテルグリーンビューのすぐ近くにある カフェにて

クリームサンド

1個15ルピー(18円)のクリームドーナッツ ↑
これがメチャ美味しかった! 



コーヒーは持参!
山は未だに見えないけど
こうしてカフェでゆっくりとするのもいい。 ↓

画像 058_copy.jpg


 
休息後は、ボチボチ歩いて女性技術開発プロジェクト へ ↓

ワークショップ




女性の自立向上と国内はもとより国外に高い品質の商品を提供する目的で
1975年に設立されたNGO団体だそうです。

ワークショップ2




ハンドメイド作られたものが売られている。 ↓

お店

 


女性技術開発プロジェクトを出て、大きな道を歩いていると
突然、どこからともなく、甘い香りがしてきたので
その根源を探ってたどり着いた場所がこちらのお菓子工場 ↓

工場



入り口を入ると、すぐ左にお菓子の販売所がある。 ↓

販売所




普通の甘いビスケット 500g 40ルピー(48円) ↓

ビスケット1




こっちも甘い!と思って買ったら
マサラ入りの塩辛系のビスケットだった。 ^^;
500g 50ルピー(60円)
 
ビスケット2

ここでは、B級品になったものを安く売っているようで
地元の人もたくさん買いに来ていた。
それにしても、こういう場所をかぎ当てる
ジュミーさんの嗅覚おそるべし!



 
宿に帰る道にあった花屋さん ↓

花屋



17:00 宿までもうすこしというところで雨  が落ちてきた。

大粒だったので、民家の軒下で雨宿りをさせてもらう。
出来ることならば、思いっきり土砂降りなって欲しかったが
しばらくすると、小雨になってしまった。

これでは明日、山がが見えるかどうかは微妙なところ。。。。
う~ん。。。。。


18:00 DB MOMOでナスみそ炒め定食を注文 ↓
 
なすび炒め

150ルピー(180円)


食べていると、なんと!ダージリンでお会いした
Iさんとバッタリ遭遇! 

ダージリンで、ネパールでの再会を約束していたので
ちゃんと会えるところがおもしろい!

Iさんはとにかく明るくて旅の話が大好きな人!
そこからは、食事をしながら
これまでの旅の経過や出来事などを話す。

場所を宿に変え、コーヒーやビスケットなど食べながら話の続けた。
結局、22:00過ぎまで彼女と話し込んだ。

彼女は旅の話をする時、辛いことや、大変なことも、楽しそうに話すので
つい聞き入ってしまうし、またこちらの話もよく耳を傾けてくれるので
時間があっという間過ぎてしまう。

昨日のHさんに続き、2夜連続で部屋での話に花が咲いた。
旅で出会った旅人と、再び出会い話をするのは
とても楽しいし、縁というものを感じずにはいられない。

縁を結んでくれた旅の神様に感謝! 

そして、明日こそは、明日こそは山が見えますように!

24:00 就寝 




インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。


0

今日も我慢の子。。。いつ山を見ることが出来るんだろうか? 

2010年11月18日 /

6:00 起床。

屋上に上がって山を見たが、霧がかかり空はどんよりしていた。
もうその時点で、今日はダメ!
あきらめはつかないが、あきらめるしかない。 

部屋に戻り、二度寝。

9:30 起床

共有スペースでラーメンスープとパンを食べて、ゆっくりと過ごす。

今日は日照が期待出来ないので、お昼にシャワーを浴び
パンとスープで簡単に昼食を済ます。

ネットでいろいろと調べものをしているジュミーさん ↓

ジュミーさん



まだ訪れたことのないエリアに行ってみようということになったが
雨がポツポツ落ち始める。 

これで山にかかっていたモヤが取れる!?

と期待したが、宿のオーナーのアショクさんいわく
もっと強い雨じゃあないと、モヤは取れないらしい。

あ~~ ポツポツしか降ってくれない雨が恨めしい。

ここへ来た日を入れて、もう8日が過ぎようとしているのに
じっと我慢の子状態が続いてしまっている。

ジュミーさんと私は、山や海に行くときは
ほとんど晴れなので、相性がいい!と思っていたが

乾季の時期で、こういう状況になってしまうのは
あまり相性が良くはないような気がしてきてしまう。

山や海と、私たちの相性も、ここで解消してしまうんだろうか?


18:00 いつものごとく、DB MOMOで夕食を食べようとしたら
すでに満席で、待っている人のテーブルにはまだ料理が運ばれていなかったので
かなり時間がかかると見て、今宵はここでの夕食を断念。

宿にもどり、ベジチョウメンをたのもうよしたら
肝心のママさんが留守で食べられず。

仕方がないので、白ごはん30ルピー分だけもらい
部屋で、ふりかけごはんとみそ汁&ラーメンを食べた。
なかなかいける! 

その後は、山が見えることを祈りつつ、ネットをしながら時間を過ごす。
明日は果たして、美しい山容を見ることが出来るのだろうか?

23:00 就寝 




インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。

0


じっと我慢の子であった! ^^; 

2010年11月17日

7:00 起床

部屋の窓を開けて、山を見てみると、
いつものように、霧がかかっていて何も見えない。 

しかし、気温はいつもよりは低めのように感じるので
霧さえ上がれば、お日様は顔を出してくれる!と思うのだが。。。。
お日様が現れても、山が見えるかどうかはまた別!

ため息が出てくるが、こればかりはどうしようもない。
今日も、耐えて、そのときが来るのを待ちますか。


9:00 スープがわりのラーメンとパン
バナナにコーヒーで朝ご飯 

その後は、ちょっとした小物を洗濯したあと屋上に上がって干す。
この頃には、お日様が出てきたのに、やはり山は見えない。 

晴れでも、山にかかる霞が取れれるのは難しそうだ。

よく顔を合わせている西洋人のカップルは、屋上で読書中。  ↓

屋上

彼らも我々と同じように、山待が続く。


今日はどういうわけか、PCを開くと
部屋で野良電波を拾えた。

いつ使えなくなるのかわからないし、
停電もあるので、したいことをしておこう!  

13:00すぎにベジチョウメンとパンでお昼ご飯。 ↓

ヤキソバ



昨日までおかしかった宿のネットも直り
使えるようになってよかった。 
その後もネットをして時間を過ごす。

15:00に停電になったので、外へ出て行く。

何件か見せてもらった宿のひとつ ↓

部屋



その宿からの景色 ↓

景色

山はどこ~~?


その後、前回の旅の時に
マレーシアのマラッカで出会ったHさんとの再会を果たす。
約4ヶ月ぶりだ。
見せてもらおうとして
入った宿の2階から手を降っていたのでビックリ! 

お互い、何度かメールで連絡はしていたが
詳細を伝えなくても縁のある人とは
すぐ会えるようになっているんだなぁ~

18:00 DB MOMOでご飯を食べながら近況報告。 ↓

画像 042_copy.jpg




トンカツ定食 ↓

鶏肉定食

150ルピー(180円)

彼女は3ヶ月近く中国を回って来たあと
ミャンマーも訪れ、タイでいろんな国のビザを取ったあとに
ネパールへとは入ってきた。
その後は、バングラデシュ、インドへ行くとのこと。

おっとりした雰囲気を持ちながら
精力的にいろんな国を回ろうとしていて、とてもたくましく思う。

食事の後、我々が泊まっている宿に来てもらって旅の話の続きをした。
マレーシアで出会い、再びネパールで再会出来たのも
旅の神様のおぼし召しかもしれない。

彼女には無事旅を続けて欲しい。 

24:00 就寝 




インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。


0

ひょっとして、ヒマラヤはどこかへ行ってしまったのか? 

2010年11月16日 /

7:00 起床

宿の屋上に駆け上がり、マッチャプチャレの方向を見ると。。。。
今日も山は濃い霧に包まれていて
全く見ることが出来ない。 

霧が発生しているということは
晴れということだが、どうもスッキリしないお天気だ。

かえって雨が降って、モヤを落として欲しいところだが
その兆しもないだけに、しばらくこの状態が続くかもしれない。。。
ということは、明日も無理?

これだけ山が見えないと
「どこかへ行ってしまったんだろうか?」
という気持になってしまう。 

しかし、自然のものだからどうしようのない。
今日も町ブラをしたり、山についての情報収集をすることにしよう。

休憩




9:00 朝食 ラーメン パン バナナ ミカン コーヒー 紅茶。 

山が見えないお天気に、西洋人のカップルは
「今日は何をしたらいいんだ!」
と嘆いていた。

確かに、こうまで山が見えないと
そう言う気持ちがよくわかる。

11:00過ぎに宿を出て、町ブラ開始

以前旅人に聞いていたホーリーロッジに行って部屋を見せてもらった。
その屋上から見た景色。 ↓

ホーリーからの景色

ヒマラヤは何処に 


シーズンオフならば、安い金額で出せるけど
今はオンシーズンなので、タックスを入れて440ルピー(528円)だった。

雰囲気がよくて、なかなかいい宿だったけど、
今泊まっている宿の値段にはならないので、パスすることにした。

その他にもいろいろと宿を見せてもらった。

13:00 昨日食べた同じ店でチョウメンを食べたが
今日のは塩が効きすぎていて美味しくなかった。 T_T

同じ店で、同じヒ人が調理したのに
こんなにも違うものなんだろうか?

今日は明らかに日照があるので
歩いていると、Tシャツでも暑いくらい。

ふと見かけた、スクールバスに乗り降り込む子供たち ↓

31 スクールバス.JPG

みんな可愛い! 




土産物屋もたくさんあるので、ブラブラと見て回る。

みやげ物屋




ネパールでもゾウの置物や刺繍したものがたくさん売られている。 ↓

ゾウ



今日は明らかに晴れ  のお天気なのに
ヒマラヤはまだ、その姿を現してくれない。 


こちらは、見せてもらった宿の様子 ↓

宿見学

けっこうおしゃれ!


17:00に宿に戻る。

ネットが復旧しているか確認すると、まだのようだった。
残念だがどうしようもない。

なので、まずはシャワーを浴びる。
日照があったせいか、今日は少し湯が出て助かった。

日中は汗ばむ陽気でも、夕方になると気温がガクッと下がるので
これくらいの時間にシャワーを浴びておかないと
遅い時間に浴びると寒い思いをしないといけなくなる。

ソーラーと電気の両輪でお湯を沸かしている宿が
ちょっとうらやましく感じる。 ^^;

18:30 DB MOMOで昨日と同じ、ベジチャーハンとギョーザを食べる。

夜の町を散策しながら、タッチで拾えるWIFIがないかチェックしていると
ひとつゲットでき、路上で簡単にメールのチェックだけを済ませる。
タッチはこういうことが出来るので、とても助かる。

夜空を見上げると、月と金星がきれいに見えている。
明日は、少しは期待が持てるかも!

23:30 就寝 

どうか、明日こそは、明日こそは、ヒマラヤが見えますように! 


インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。

0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。