FC2ブログ





プリーの町を歩いてまわる 

2010年11月2日 /

7:00起床 今朝は昨日以上に冷え込んで寒かった。
わずか2日くらいで、こんなにも気温が変わってしまうものなんだろうか?

ジュミーさんは、起きるとすぐトイレへ
のどのイガイガと、お腹の冷えはなかなか治らないようだ。
私も足元が冷えて、眠れなかった。 

8:00 チャイタイム

9:00 朝食

体調はまだ万全ではないにしろ
せっかくお天気が回復したんだから
プリーの町の散歩でもしようと思う。

この地図は、この日に私たちが歩いた散歩コース ↓

歩いた地図.JPG



10:30 宿を出て、ビーチを歩き始める。

今日は少し日が差して暖かい。
相変わらず、ビーチではインディアンたちが波打ち際ではしゃいでいる。↓

38 家族.JPG




乗り心地はいかがですか?

ラクダ




名前はわからないが
パットライスとサラダを混ぜたものを食べる。 ↓
1個 7ルピー

スナック屋 スナック

なかなかおいしい! 




中級ホテル街のビーチにさしかかると
ものすごい数のインディアンたちがいる。 ↓

海とインド人

まさにインディアンのための保養地だということが理解できる。
ここへ保養しに来れる人達は身なりがきれいで、裕福そうな感じがする。




休憩中のジュミーさん ↓

ジュミーさん




インディアンは、みんなおおはしゃぎ!

59 海.JPG




お店は開いていなかったが、オンシーズンのときは
ここの屋台街も、とてもにぎやかなのだと思う。 ↓

海 テント




こちらはビーチのすぐそばにある火葬場 ↓

63 火葬場.JPG

本当は、写真ダメなのですが
1枚だけ撮らせてもらいました。
それにしても、ビーチに火葬場って。。。。。^^;

ここの火葬場の様子なのですが、見ていると
遺体を御輿に乗せ、火葬場の周りを何周か回ったあと
遺体を寝かせ、マキを積んで火葬の準備をし始め
火をつけると、あっという間に遺体は炎に包まれた。
足を止め、その光景を眺めているインド人も多かった。

バラナシに続き、ここでも火葬場を見ることができた。


そのあとは、ジャガンナート寺院へと続く通りを歩く。↓

通り




いろんな商店が軒を連ね、けっこうにぎやかだ。
しばらく歩くと、その寺院が見えてきた。 ↓

66 寺院への道.JPG

 


ジャガンナート寺院は、高さが65mもあり、とても存在感がある。↓

68 寺院.JPG


残念ながら、異教徒は入ることが出来ない。
ジュミーさんが、とぼけて入ろうと試みたものの
入り口であっさり断られた。

素晴らしい寺院だけに、入ってみたかった! 残念! 

この寺院は、すぐ向かいにある図書館の2階から
見ることが出来るのだが、その図書館は開くのが16:30!
そこまで待てない! 残念! 

それにしても、ここの通りはすごい人とリキシャでごった返していた。 ↓
さすがはインド! ^^;

大通り
 
プリーだけは人も少なく、のんびりしていると思っていたが、甘かった。




こちらは甘いハチミツのお菓子 ↓

お菓子屋



2個で6ルピー(12円)

ハチミツ菓子




宿に戻る道中、小学校の子供たちにカメラを向けると
すごい勢いで集まってきた!
みんなとても無邪気というか、フレンドリーというか。。。^^;

77 子ども.JPG



16:00過ぎに宿に戻り、チャイタイム

のち、洗濯タイム!

19:00 夕食 オムライスと焼き飯を食べる。

今日はよく歩いたね!
ジュミーさんも、かなり疲れが出ているようなので、早めに就寝。 

昨夜に比べると、今夜はあまり寒くないので
それほど着込まなくてすみそうだ。 ^^

 
インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。


スポンサーサイト



宿の近くの漁師町を散策 

2010年11月1日    → 

7:00起床

今朝は昨日からの雨の影響か、かなり寒かった。

フリースのうえに、ウィンドウブレーカーを着て
ちょうどよかったくらい冷え込んだ。

寒さのせいか、ジュミーさんはのどの痛みがあり
まだ体の体温調節がむずかしく、上半身は寒いのに下半身は汗をかいていた。

ははは、お互い、歳を重ねると、回復もかなりゆっくりになるね。 

外の様子は、昨日に比べると、少~しお日様が顔を出している様子。

8:00 チャイを飲む

9:00 今日の朝食はパンとスープ

今朝、宿に着いたばかりの女の子といっしょに朝食をとる。

彼女は学生さんで、休みを利用してインドをまわっていて
これからはチェンナイに行くそうだ。

私から見たら、一人旅の女の子は、みんなたくましく見える。


11:00に宿を出て、すぐ近くの漁村の村に行ってみた。

宿から歩いて3~4分のところにんる漁師の村 ↓

お店

子供たちがかわいい! 




村の中にある学校 ↓

8 学校.JPG

私たちが珍しいのか、みんな興味深々! ^^;




村を抜けるとすぐ海 ↓

船




網の手入れをする人々 ↓

網




みんなで力をあわせて、船を丘まで引き上げる ↓
がんばれ~ 

11 引き上げ.JPG




漁で取った魚を仕分けする ↓

漁




女性たちは、仕分けした魚を入れたタライを運ぶのに
それを頭に乗せるので、みんなタオルのようなものを巻いている。 ↓

仕分け




軽々と運んでいるように見えるが
かなりの重労働だと思う。
ごくろうさま~!

運ぶ




海に来ているので、願わくば晴れてほしい! 

船1



ここは、かなりローカルな場所だけど
人々の生活が垣間見れて、なかなかおもしろい。

それに、我々が見学していても
何も言わず受け入れてくれるのがありがたい!

しばらくすると、また雨が落ちてきた。 

もうしばらく彼らの仕事ぶりを見ていたかったが
土砂降りになる前に宿に引き返した。


12:00 お昼はチョウメンとタマゴプリン、パンとコーヒーで昼食

プリン

タマゴプリン 30ルピー(60円)
しっとり、まったりしていて
メチャおいしかった! 


昼食が終わった頃に、本格的に降りだした。

しばしの間、一人旅の彼女と雑談。

15:00過ぎには雨が止んだが
外へ出る気はなくなってしまった。

体調が戻りそうでなかなか戻らない私たちを見て
まだ外へ出ないように!
というふうに、旅の神様がちょうど良い具合に調整してくれているんだと思う。

16:00チャイタイム
汗もほとんどかいていないので、今日はシャワーはパス
ゆっくりと過ごす。


夕食中は、停電していたので、ロウソクの明かりで
オムライスと焼き飯を食べた。

今宵は、宿の手伝いをしている翔さん主催のバー「あうあう」が開店 ↓

スナック



合計9名の旅人が集まり、お酒を飲みながらいろんな話に花を咲かせた。
私たちはお酒が飲めないので、コーラでお付き合い。

こういう趣向は初めてだったので、とても新鮮であり、楽しかった。

24:00 就寝 


インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。