FC2ブログ





ハッピーヴァレー紅茶園近くを散歩 

2010年11月7日 

7:30に起床

8:00にパン&コーヒー&紅茶&インスタントラーメンで朝食。 

支度をして、9:30にダージリン駅に来てみた。

今日もカンチェンジュンガがきれいに見えている。^^ ↓

ダージリン全体

それだけで、テンションが上がる! 


さて、肝心のチケットはといいますと。。。。
残念ながら、この日のパッセンジャートレインのセカンドクラスの席は
すでに SOLD OUT ! 

しかし、翌日のパッセンジャートレインの
セカンドクラスの席のチケットを購入することが出来た。 

こちらは、パッセンジャートレイン ↓

トレイン

引っ張る機関がディーゼル車 ↑
パッセンジャートレインの映像は    こちら!




そして、こちらがトイトレイン ↓

トイトレイン

引っ張る機関が蒸気機関車 ↑
トイトレインの映像は     こちら!




蒸気機関車の持つ雰囲気がいい!

蒸気





ダージリン駅 ↓

ダージリン駅




明日のチケットが買えたので一安心!
今日は、ハッピーヴァレーの紅茶園にでも散歩がてら行ってみますか。
大きな道に沿って北側に進んでいく。 ↓

大きな通り




途中、パン屋さんでパンを購入。 ↓

パン屋





やはりここは、インドのようでインドではない!
肉屋さんがある!  ↓

肉や




歩くこと20分でハッピーヴァレーに到着 ↓

茶畑




斜面に沿って、たくさんのお茶が育っている。
桜(?たぶん?)も咲いていて、ちょっとビックリ! ↓

桜

残念なことに、この日は日曜日ということもあり
お茶畑で作業をしている人は見当たらず
工場らしき中にもは入れなかった。



でも、買ったパンと持参してきた果物とコーヒーで昼食を取り
お茶畑を眺めながら、ゆっくりと過ごすことができた。

空




お茶畑を楽しんだあとは、高台に上がってみて
そこからダージリンの町を眺めてみた。 ↓

高台から

地元の人が、声をかけてくれて
いろいろと親切にしてくれる。




夕日が傾くと、標高2100mの大地は
少しずつ冷え込み始める。 ↓

夕日




カンチェンジュンガが雲に隠れそう!
明日はパッセンジャートレインに乗るので
晴れてほしいなぁ~ 

かすむ山





夕食はチベタン食堂にてモモ(ギョーザ)15ルピー(30円) ↓

ギョーザ




麺 15ルピー(30円) ↓

麺1




広場では、民族の踊りが披露されていて
多くの人が集まっていた。 ↓

広場




ここの通りはメインストリートで、土産物屋さんが軒を連ねている。 ↓

夜の通り



19:30に宿に戻り、交代でシャワーを浴びた後
プレステージに宿泊中の旅人たちとお話。

24:00 就寝 

インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。


0


スポンサーサイト



カンチェンジュンガを眺めながら、チョウラスター(町の広場)界隈の散歩 

2010年11月6日 

7:30に起床

布団があるので、寒くはなかったが、少し胃が痛くて目が覚める。
ジュミーさんは、すっかり元気になったようだ。

私の胃痛も、しばらくするとおさまった

8:30 朝食には、パンとジャム コーヒー&紅茶
インスタントラーメンも作ったのだが、味が薄すぎたので
中に味噌汁を足して食べた。
 
ゆっくりしたのち、11:00過ぎに宿を出て町を散策し始めた。

昨日はとてもクリアーに見えていた山脈が今日は少~し雲がかかっている。 ↓

64 カンチェンジュンガ .JPG

それでも十分きれい! 


昨夜、地球の歩き方を読んでいて
初めて気がついたのだが、この美しい山は
カンチェンジュンガと呼ばれ、高さが8586mあり
なんと世界第3位の高さを誇っている。
(気がつくの遅っ! もっと早よう気がつかんかい!  )

8000mを越える山を初めて見るのが
まさかインドになるとは思ってもみなかった。

それと、この町を走る列車のトイトレインは世界遺産に登録されている。
(これは、ここに来る前に知ったのでセーフ! ←??)
せっかく来たんだから乗ってみようと思う!

この町は、チベット族とネパール族の人々がたくさん住んでいるので
顔は我々日本人とよく似ている。

澄んだ空気にきれいな山々
そしてイギリス統治時代の建物がたくさんある。

ホテル

風光明媚&人々はとても親切で、居心地も良い。


しかし。。。。
人間不思議なもので、町を歩いていて
誰も声をかけてくれないのも
それはそれで、なんだか淋しいように感じてしまう。 ^^;




町の目印になる時計台 ↓

大通り





チョウラスターという広場へと続くメインストリート ↓

通り

たくさんの観光客でにぎわいを見せる。




その通りを過ぎると、ここご大広場のチョウラスター ↓

広場





プリーではラクダが観光客を乗せて働いていたけど
ここではポニー(たぶん?)のようだ。 ↓

ロバ





広場で売られていたスナック菓子のサラダ(?) ↓

スナック




いままで旅してきたインドとは別世界!
山の空気は、とてもおいしい! ^^

34 山の景色.JPG



 
町の北側にはいくつかの展望台があり
そのどこからも、カンチェンジェンガを望むことが出来る。
ひときわ目をひく高さと、威風堂々とした山容にウットリしてしまう。
いくら眺めていても飽きが来ない
素晴らしい景色だ。 ↓

展望台から





ヤッホー! 

37 山の景色.JPG

アホー!とは帰ってきませんでした。 ^^;




インドでは、ほとんど見かけることのなかった教会が
ここには存在している。 ↓

教会





14:30 チベタンの食堂で巨大な肉まんと麺を食べた ↓

59 モモ.JPG

肉まん 15ルピー(30円) ↑



麺 15ルピー(30円) ↓

麺


バラナシでお腹を壊してからというもの
体がカレーを受け付けなくなっていたので
こういう食事がいただけるのが、非常にありがたい! 

いったん宿に戻り、小休止後
ダージリンの駅に、トイトレインの時間を確認に行く

すると、夕日に照らされたカンチェンジェンガが
これまた素晴らしい山容を見せてくれていた。↓

84 夕日のカンチェンジュンガ.JPG





夕方のダージリンの町とカンチェンジュンガ ↓

86 夕日のカンチェンジュンガ.JPG


 
調査してみると、トイトレインは1日3本走っているらしい。
しかし、世界遺産とはいえ、一駅向こうのグーム駅まで行くのに
ファーストクラスは1人240ルピー(480円)もするらしく
それではあまりにも高すぎる!

だが、パッセンジャートレインのセカンドクラスはお得のようだ。

1人20ルピー(40円)
ダージリン駅発 10:15
グームまでの所要時間片道45分
1日1本

トイトレインと、パッセンジャートレインの主な違いは
列車を引っ張る先頭車両が、蒸気機関車かディーゼル車か。
トイトレインは蒸気機関車で、パセッンジャートレインはディーゼル車。

乗るとすれば、間違いなくパセッンジャートレインだな!

夕食前に、ビッグバザールにて買い物。 ↓

スーパー


ダージリンはかなり田舎のイメージがあったが
ビッグバザールもあるので、日用品や、食料の買出しが出来るので
全く不自由はしない。 ^^
 
晩ご飯は、思い切ってタリーにしてみた。 ↓

タリー


ううう。。。。これがまた美味しくなかった。 

インドを離れる日が近いせいもあり
なごりおいしくてカレーを食べたのに。。。。。残念! 


宿に戻ると、ラジャンさんの新しい家族
みよちゃんが食事をしていた。
3日ほど前に、宿に迷いこんで来たらしい。 ↓

みよちゃん

みよちゃん!
動物が大好きな人もとで飼われるなんて
君はほんとうにラッキーなネコだよ!


19:00 宿に戻り、今日はジュミーさんだけシャワー
私は少し身体がだるかったので見合わせた。 



インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。


0