スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タイの下町のちょっとした優しさ 



トムヤム

行きつけの下町の食堂のトムヤンクン(50バーツ 約125円)
すっぱ辛いスープの中には、エビ、イカ、豚肉、鶏肉、野菜がこれでもか!
というくらいに入っています。笑



遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。 
あなたに、たくさんの幸せと豊かさが訪れる1年となりますように! 

さて、私たちが現在滞在しているのは、カオサンから少し離れたところにあるエリア。
ここは民家が、印刷屋さんだったり、車の修理工だったり
食堂だったり、果物屋さんだったりと、人々の生活の匂いが漂っている下町といった感じがしていて
とても親しみやすい場所なのです。 

それと、ここはちょっとしたタイの人々の優しさに触れることができるんです。
例えば、食堂に入り、食事をする時に「水に氷が欲しいんだけど」とお願いすると
小さなバケツにいっぱい入れて持って来てくれたり(もちろん無料!)
(食堂によるが、氷水は有料のところも多い)
通い続けると、シュリンプのレッドカレーにイカを入れてくれたり
量が多くなったりするんです。

カキ氷屋さんでは「氷をもう少し入れて!」とリクエストを出すと
ドバッ!と入れてくれ、おまけにキンキンに冷えたおいしい水を出してくれたり
ゴハンを6バーツ分買おうとしたら、横から関係のないおばちゃんが
5バーツだけ取り上げて「これでOKよ!」と言って払ってくれたり
25バーツのバナナを「安くして!」というと
「20バーツでいいよ!」と快くすぐにまけてくれる果物屋さんがあったり
昨日なんかは、バナナを買っている途中で雨が降ってきたので
「せめてこれでもかぶりなさい!」
とビニール袋を渡してくれたりと
実に些細なことだけど、旅人の私たちにとって
とても心に染みるのである。 

また、町を歩いていると顔なじみの人が出来るので
挨拶すると、笑顔で応えてくれるのもここの魅力のひとつ!
ここのエリアに滞在して、良かったなぁと思う今日この頃です。

これからも、引き続き、タイの人々の日常と優しさに触れればと思っています。 ^^

また、報告しますね~! 

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ


0

スポンサーサイト
[ 2012/01/05 23:50 ] 旅先からの報告 | TB(0) | CM(14)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。