FC2ブログ





アモイから広州東までの鉄道のチケットを購入 

2011年3月12日 曇り 

8:00過ぎに目が覚めた。

昨夜は、地震の映像が脳裏を何度も繰り返している状態でなかなか眠れなかった。
テレビをつけると、日本の状況が放送されていて
昨夜よりもさらに強烈なシーンを目にすることになる。

被害の状況は、悪くなる一方だ。
全ての状況を把握するには、かなりの時間を要すると思う。
アモイにいる我々が、何か出来るわけではないが、なかなかテレビの前から離れられずにいた。

しかし、そろそろアモイから離れるための鉄道のチケットを購入しないといけない。
ジュミーさんは悩んだ末、アモイ駅から広州東駅まで鉄道で戻り
広州東駅から珠海へ移動し、マカオに入国することに決めた。
ならばと、鉄道のチケットを購入すべくアモイ駅へ行くことにした。

15:00宿を出て、適当に散策しながらアモイ駅へ

宿の近くには、高層のマンションが立ち並んでいる。 ↓

ビル




あなたは誰? ↓

ウン〇?




アモイ駅のチケット売り場の様子 ↓

鉄道



 
3月16日 15:36アモイ駅発 広州東駅着のチケットを購入 ↓

チケット
 
硬座 1人113元(1469円)

広州駅では、人に揉まれ、20分以上列に並んだけど
アモイ駅はたった5分、列に並んだだけで買うことが出来た。

まあ、広州という人の多いところと比べる方が無理というもの。
とりあえず、無事チケットを購入出来て一安心。


それからは、アモイの地下街や好又多、カルフール、ウォルマートやテスコを歩いてまわる。

この写真は、アモイの地下街 ↓

店内




中国のスーパーマーケット 好又多 ↓

好又多




今日の夕食も、カルフールの6,5元(84,5円)のお弁当 ↓

弁当

ボリューム満点&味も満点なので、ついこのお弁当になってしまう。



ちなみに好又多で買ったソラマメ 380gで6元(78円) ↓ 

豆





カルフール近くの歩道橋にて ↓

夜景



今日は土曜日ということで、スーパーマーケットは、どこも多くの人でにぎわっていた。

私たちが、スーパーをグルグルまわってみた感想ですが
試食の多さはウォルマート、お弁当の量が多くて、リーズナブルなのはカルフール。
お菓子類が安いのは好又多、20:00近くになるとパンが安く買えるのがテスコ。
果物の見切り品が安いのは、バスターミナルの地下にあるお店。
といったところです。
 

21:00に宿に戻り、すぐにテレビをつけて、日本の状況を見守った。

今日もCCTV CHINAが日本の様子を伝えてくれていた。

 


中国・沖縄・鹿児島離島の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年3月現在のものです。

0
スポンサーサイト



東日本大震災が起こった日 

2011年3月11日 曇り 

9:00起床

パンと春雨麺で朝食後、PCをつける。
ホンコンに行くかマカオに行くか、ジュミーさんはかなり悩んでいる。。。

アモイでは、大型スーパーマーケットがたくさんあり
食費が安く済むし、無料のシャトルバスもいるし
宿もそこそこ安いので滞在費用もかさまずとても助かる。

この場所から、物価がグン!と上がる場所には足が向きにくいが
ノービザの私たちは、17日までにはどうしても出国しなければならい。
はてはて、どうするかな。


昼食もパンで軽く済ませ、14:30に宿を出た。

厦門駅近くのカルフールへ行く道中
バスターミナルで深センと珠海へのバスの値段を調べてみた。 ↓

バスターミナル1



バスターミナル2


厦門から深センへは190元、そして珠海へは250元だった。
やはり鉄道の硬座で移動した方が安いようだ。


それと、バスターミナル近くの宿の価格調査をしてみると
70から80元くらいの宿がたくさんあった。

それにしても、訪れてみた宿は
どこも有線でネットが出来るようになっているのには驚いた。 


17:30 アモイ駅から徒歩約30分でカルフールに到着  ここの店は5周年だそうだ。 ↓

カルフール



店内の様子 ↓
 
店内




6.5元のお弁当を買って、外のベンチで食べる。
昨日の弁当と比べると、肉は柔らかく、ご飯も美味しかった! 

弁当




弁当を食べた通り ↓

商業施設




商業施設になっていてる。 ↓

通り




きれいにライトアップされた観覧車 ↓

観覧車




韓国のような屋台を発見 ↓

屋台




カルフール近くの歩道橋からの夜景 ↓

夜景1




夜景


13番のシャトルバスでアモイ駅にもどり、テスコで半額パンをゲット! 

宿に戻りPCをつけ、ヤフー画面を開くと
「福島県の海岸に2、300の遺体がある」
というNEWSがあり、最初何のことか、全く理解出来なかった。

書かれているニュースの内容を読んでいくうちに
東北地方が大地震と、津波の影響でたいへんなことになっていることを知った。

中国では、PCで動画が全く見れないので、詳しい様子が全くわからなかったが
TVをつけると、CCTV CHINAが緊急特番で地震の状況を伝えていた。

その映像を見て、とても大きなショックを受けてしまった。。。。

地震の揺れ、火災、津波で水没した空港、流されていく車、転覆した船
あんなにひどい状況とは。。。。。

先月はニュージーランドで地震があり、私たちがアモイに滞在中
中国とミャンマーの国境近くでまた地震があり
そしてこの東北地方の大地震。

自然の脅威の凄まじさに、言葉を失ってしまった。
アモイにいる私たちが出来ることは
ただただこれ以上被害が広がらないことを祈ることだけだった。




中国・沖縄・鹿児島離島の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年3月現在のものです。

0