スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南京東路&バンドの夜景を堪能 

2011年12月9日 晴れ 

8:50に起床

2日間雨だったのと、体の疲れを取るのにほとんど外に出なかったけど
今日は晴れているし、お金の両替もしないといけないので
午前中から出かけることにしよう。

いつものように、ミカンとバナナで朝ゴハンを済ませた後、中国銀行へ両替に行く。

銀行に入ると、そこには闇両替のおじさんがいて、銀行のレートよりも
いい条件で両替してあげると言ってくる。

最初は胡散臭く感じたが、何やら銀行の公認(?)で両替をしている様子。 
偽札をはじく自分専用の機械まで持っていた。 

さすがは中国!銀行内で闇両替の商売人が堂々といるところがおかしい。 ^^;

とりあえず、10000円を両替した。

 10000円 ⇔ 806元

まずまずのレートだった。 

両替を終えて、宿のスタッフに教えてもらった鉄道のチケット売り場へ行って
14日付けの広州行きの切符を買おと思ったら
13日付けまでのものまでしか、販売していなかった。 残念!

まあ、明日出直すことにしよう!


昼食はイスラムのお店で牛肉刀削面6元(78円) ↓

麺




焼き飯6元(78円) ↓

チャーハン

ここのお店は、味よし量よし値段よしなのだ 
夕食もここで食べることにしよう!



腹ごしらえを終え、上海の繁華街、南京東路を目指して歩き始める。

なかなか、味のある通り ↓

通り





新天地を通過中 ↓

新天地




ここは、名の通り建物が新しく、おしゃれなお店やカフェが立ち並んでいる。

外






カフェ






噴水






カフェ






路地


それにしても、今日は最高気温が4℃しかないので、強烈に寒い。 

なので途中、暖かいホテルなどに入り、暖を取るとつい眠たくなってしまう。
外に出たり中に入ったりするということは
寒いと血管が縮まり、暖かくなると血管が広がるの繰り返しなので体も大変だ!

がんばれ自分! 

たどり着くまで、かなり体がしんどかったが、なんとか南京東路に来れた。↓

踊り
 
ここに来たのは今から9年も前のこと。
相変わらず、すごい人でにぎわっている。




12月ということもあって、いたるところにクリスマスツリーが見られる ↓

ツリー






ツリー






ホテル






看板





 
そして、バンドに来て写真撮影 

夜景 バンド

 写真をクリックしてね! 

ふと、思ったのが。。。。上海も節電しているんだろうか?ということ。
以前来たときは、もっと光があったような。。。
気のせい?



もう1枚!

バンド 夜景







夜景2






夜景3






夜景4

長く夜景を見ていたかったけど
ここは直接風にさらされるので、メッチャ寒い! 

写真を何枚か撮って、すぐに南京東路へと戻って行く。




夜の南京東路は、ネオンキラキラ 

夜景5






夜景6






夜景7






夜景8





南京東路を後にする ↓

夜景9






再び立ち寄った新天地の夜景 ↓

夜景10






夜景11






夜景12






夜景14






夜景13



夕食はお昼のお店で、全く同じメニューを食べた。 

宿にたどり着いたのは20:00

あ~~ 今日はよく歩いたなぁ~!

コーヒー  を飲んで、一息入れてからネットを始める。

0:00 就寝 


最後の写真は、宿で飼われている猫ちゃん  &ジュミー ↓

ジュミー




中国・タイ滞在の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年12月現在のものです。

0
スポンサーサイト

今日も疲れをとる日 

2011年12月8日 雨 

朝7:00に目が覚め、トイレ行ってからもう一度布団に潜り込んだ。

どうも腰が重く、同時に胃も重く感じる。
加齢とともに、疲れが取れにくく、回復には時間がかかるようだ。
自分の体との相談を、より親密にしていかないといけないかも。


朝食はミカンとバナナ ↓

朝食

疲れた体には、これくらいの食事がちょうどいい


その後は、PCを開き、ネットで空路での移動(中国からタイへ)が出来ないか
春秋航空のサイトやエアアジアのサイトで、いろいろと調べてはみたが
航空運賃は安くても、燃油サーチャージや空港利用税などを加えると
あまりかんばしくない料金になってしまう。

やはり、料金では、陸路での移動に軍配が上がるかなぁ~
しかし、もう少し考えてみることにしよう。


昼食はトマト、ラーメン、饅頭2個 1、4元(18円)、コーヒー ↓

昼食



中国には、この安くておいしい饅頭があるのでとても心強い  ↓

饅頭




 

昼食後、さっそくジュミーさんはシークレットガーデンを見始める。 ↓

PC


中国の動画サイト土豆には「仁」もあり、ジュミーさんはまだ仁を見たことがなかったので
見始めると、1話から4話まで一気に見た。

初めて「仁」を見たジュミーさんは「なかなかおもしろい!」
と言ってくれたので嬉しかった。^^

中国のサイトでいろんなドラマが見れてラッキー! 

今日もほんと、ゆっくり日だ。
まあ、これくらいのんびりしても、いいのかも!

夕食には昨日と同じく
饅頭2個&香伴河粉4元(52円)&青菜面 4元(52円)を食べる。 ↓

伴面





ラーメン



今日は風が強く、気温もかなり低いので、ちょっと外に出るだけでも寒さがこたえる。

そそくさと宿に戻り、ネットをしながら交代でシャワーを浴びる。


ちなみに、この鍋は、宿のスタッフの晩ご飯 ↓

鍋

おいしそうだったので、写真を撮らせてもらった。 



今宵は、遅めの0:00に就寝 



中国・タイ滞在の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年12月現在のものです。

0

疲れもあって、のんびりの1日 

2011年12月7日 雨 

7:30に目が覚めてはいたが、疲れが腰にきていてなかなか起きることができなかった。

出発前の夜更かしの疲れがとれていないのに、昨日町を歩き回ったツケがきている。
もう、無理が出来る年ではないことを実感。。。

ジュミーさんも、疲れているせいかまだよく寝ている様子。

8:30を過ぎると、部屋のメンバーのほとんどは準備をし、出かけて行った。

部屋


ここのユースは、旅行者よりも、生活者の方が多く
働いている人、働きながら大学に通う人、普通の学生さんといろんな人がいるのでおもしろい。
みんなそれぞれにがんばっている。

あまりお腹が空いていなかったので、朝はバナナとミカンを食べる。 ↓

果物



その後は、PCを開いて、調べものはずだったけど。。。。

気がつけば、ジュミーさんはヒョンビン主演のシークレットガーデンを見ていた。
「土豆」という中国の動画サイトで、日本語字幕が見られることにご満悦の様子 ↓

PC



結局続けて数話鑑賞していた。

私も調べ物をしようにも、なかなか集中出来なくて、すぐに眠たくなる始末。

ということで、今日はのんびりの日に決定!

お昼は、持参のパンとラーメンと昨日買ったトマト

昼からもネットをして、18:00に夕食を食べに外に出る。

宿の近くには安い食堂があり、そこで晩ご飯を済ませることができるので、ありがたい。

饅頭

饅頭2個 1.4元(18円) ↑




青菜面4元(52円) ↓

ラーメン





香伴米面4元(52円) ↓

伴面


その後、宿から少し歩いたところのスーパーマーケットを見学して宿に戻ってきた。

キッチンでお茶を飲んでいると、2人の女の子が入ってきて、しばし彼女たちと会話。

ここにいる中国人の若い子たちは、みんな驚くほど英語が堪能! 

自分も、もっとがんばらねば!  といういい刺激を受ける。

夜は、共有スペースが満タンに!

それぞれに、ネットをして時間を過ごしている。

みんないいPCや、タブレットを持っているので
私たちのネットブックがなんだかしょぼく見えてしまう。。。。

それと、気がついたことがひとつ!

街中でも電車の中でも、スマートフォンを持っている人をたくさん見かける。

iPhone

中国は、思ったよりも進んでいるなぁ~

23:00過ぎに就寝 



中国・タイ滞在の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年12月現在のものです。

0

町をじゃらんじゃらん 

2011年12月6日 曇り 

7:20に起床

やはり体の疲れが残っているようなので、ここで宿泊したほうがよさそうだ。

持参のパンとコーヒーで朝ゴハンを済ませ、午前中はネットで上海の情報をチェック。

ユースのネットは結構スピードが速くて快適だ。 

宿を出たのは11:30

上海駅を目指すことにしているが、歩いていると
いろんなものが目に留まり、道草ばかりでなかなか前に進まない。

これはこれで、全然問題ないからいいんだけどね。(^_-)

繁華街の推海中路は、道沿いに大きな木がずっとあってとても見栄えがよい。↓

並木道





通り



それに道沿いには、デパートが何軒か立ち並び、街ゆく人もとてもおしゃれだ。
途中休憩を入れながら、いろんな通りをじゃらんじゃらん

デパート




大きな通りの交差点にて ↓

道路




おしゃれなブランドショップ ↓

デパート2




Appleストアー ↓

アップル

中はたくさんの人でにぎわっていて、店員も英語を話せる人が多かった。





じゃらんじゃらんしているときに出会った夜景 ↓

夜景





夜景2





夜景3





夜景4

結局、上海駅にたどり着くことなく
じゃらんじゃらんするだけで1日が終わってしまった。

でも、楽しく散歩が出来たのでよしとしよう。 




帰りにイスラム系の食堂で牛肉刀削面6元(78円) ↓

麺




玉子焼き飯6元(78円) ↓

焼き飯
 
上海は物価が高いけど、これくらいの値段で食事が出来るのはとても嬉しいし
どちらもやさしい味で美味しかった。 


宿に戻る途中、トマト 、ミカン、バナナを購入

それにしてもよく歩いたなぁ~

クタクタだけど、けっこう充実した1日だった。

交代でシャワーを浴びて、これからの旅の予定を考える。。。はずが。。。

ジュミーさんはヒョンビン主演のシークレットガーデンを見始めてしまい本日はこれにて終了。 

まあ、いいんですけどね。 (^_^;)


23:00過ぎに就寝 



中国・タイ滞在の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年12月現在のものです。

0

鹿児島から福岡そして中国の上海へ 

2011年12月5日 晴れ 

旅に出る前は何かと忙しく、特に出発の前日は真夜中まで準備に追われてしまう。
最近は、ワクワクよりも疲れに負けてしまい
準備そのものが、面倒臭さくなってしまいがちだ。

ダメだなぁこんなことでは  (-。-;

私は0:00に布団に入り、4:00まで仮眠をとったけど
ジュミーさんは徹夜だった。 

寝ずとも、いろんなことを、キッチリやり遂げるとこがすごい!


荷物をまとめ、戸締りをして鹿児島中央駅に着いたのが7時過ぎ ↓

鹿児島



7:30 高速バスは福岡をめざし出発
1人2000円

途中、1度の休憩のち、福岡の博多駅に着いたのが11:20

そして博多駅駅から福岡空港へ

11:34 博多駅

11:40 福岡空港

1人250円

たった2駅なのに、料金が高いなぁ~ 

13:00 国際線のカウンターでチェックインを済ませ
カードラウンジで休憩するために、いったん国内線のターミナルへ戻る。

福岡空港

この移動がとてもめんどくさい! 

チェックインはせめて3時間前にしてもらわないと
2時間半前だと移動に時間を取られ
カードラウンジでゆっくりしてる暇がないのだ。

カードラウンジが、国内線だけでなく、国際線にもあれば嬉しいんだけどなぁ。。。

15:00 出国 ↓

出国





15:25 CA916便は定刻どうり出発。

飛行機


中国国際航空のキャビンアテンダントは、とても素っ気無いが
以外と気持ちが楽になる。

日本人だと暗黙の了解みたいなものがあって
いろんなことに気づいてくれるのがあたりまえで
何かを期待して、気づいてもらえなかったときに
イライラしてしまう自分がいる。

しかし、中国人にはその期待を一切しようとしないから気持ちが楽なのかも。
日本人にも、同様に接するようにしたい。

今日は快晴なので、空からの眺めが良好! ^^ ↓

空





少し素っ気無い機内食 ↓

機内食



16:10 上海浦東空港に到着

入国に時間がかかると思っていたが、すぐに入国できた。

空港からは地下鉄を使った。
空港から上海駅までの料金は1人7元(90円)

 
途中の駅でみんな降りるので、不思議に思っていると折り返し始めた。

どうやら、その駅で乗り換えをしないといけなかったみたいで
急いで次の駅で乗り換え、その駅まで戻り、再び乗り換えた。

本当は上海駅まで行って宿探しをしようと思っていたけど
体の疲れもあり、急きょ予定を変更して、醤班路という駅で下車し
あらかじめ調べてあった、藍山国際青年旅舎へ行くことにした。 ↓

藍山ユース

宿に着いたの20:00 (写真は翌日撮影 ↑)





レセプション ↓

ユース
 




部屋は8人部屋のドミトリー ↓

部屋




部屋


(写真は翌日撮影 ↑)

1人45元(585円)

この8人部屋はネットで予約しないとチェックイン出来ないようなのだが
この日は、たまたま予約しなくても泊まらせてくれた。

他にも6人部屋やシングル、ダブルルームもあるようだが
それらの部屋は、ネットでの予約は必要がなく
開いていれば、すぐに泊まれるとのこと。

若者が多く、賑やかなのはいいが、共有のスペースがもう少し欲しいところ。
まあ、物価の高い上海で、1人45元なので、こんなものなのかもしれない。

その後、持参していたものを食べ、近くの宿を回ってみたが
旅館や賓館と書かれた宿は、どこも外国人お断りのところばかりだった。

7、8年前にきた時も、外国人お断りの所が多かったが、それは今も変わりない。
ということは、ユースに泊まって正解なのかも!


PCを開いてネット開始 ↓

スペース
 
23:30 就寝 



中国・タイ滞在の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年12月現在のものです。

0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。