スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国・南寧から国際バスでベトナム・ハノイへ 



2009年12月16日   晴れ  


南寧(国際バス)    ハノイ




6:20  南寧の土良(土と良でひとつの漢字です。)東バスターミナルに到着 ↓  

バスターミナル

何度ぐらいだろう? 少し肌寒い












すぐにここのバスターミナルのチケットカウンターで
越南(ベトナム)の河内(ハノイ)行きの国際バスのチケットを購入 ↓

チケット


南寧 8:40発    ハノイ 15:30着   所要時間 約7時間    1人 150元(約2030円)

ハノイ行きのバスは同じ 土良 東バスターミナルから出ている







ちなみに、このバスは中国側の国境まで ↓

バス





バスに乗る前に手持ちのパンで朝ゴハン

バスを待っていると、大きなバックパックを背負った西洋人を見かける
彼らもベトナムへ行くようだ

これまでの移動は西洋人をほとんど見かけなかったけど
彼らのようなバックパッカーに出会うと
これから、いよいよ東南アジアへ足を踏み入れることを実感する






8:40 定刻どおりバスは出発  


高速道路を快調に進んでいくと、のどかな田畑とカルストの岩が見えてくる
なんだか桂林みたい(行ったことがないので、自分の中のイメージです!)

車窓


大きな岩が突き出ていて、風光明媚なところなんだけど
なかなかいい写真を撮ることができない  T_T





 

車窓1

道は良く、快適な走り
車窓からの眺めが堪能できて楽しかった!



 





11:30 1件の食堂に到着

みんな降りていって、お昼ゴハンを食べようとしている。
そんなにお腹が空いていなかったので「食べなくてもいっか!」と思っていたら
なんと!バスの料金の中に含まれているとのこと

では遠慮なしにいただきますか!  



鶏肉と野菜2品とゴハン+果物 ↓

昼ごはん



ここで両替屋さんが寄ってくるので、いくらか両替しておくことが出来ます。
中国元 → ベトナムドン  日本円 → ベトナムドン どちらもOKです。

ただし、対ベトナムドンのレートはいくらなのか事前に調べておいてくださいね。





 


11:50 中国側のイミグレに到着

バスを降り、荷物を降ろし、パスポートコントロールを通り出国する。




出国すると、カートに乗ってベトナム側のイミグレへ ↓

車





入国カードを書き、パスポートコントロールを通過してベトナムへ入国
このとき、施設利用税(?)として1人2000ドンを払わなければならなかった。
ちゃんとした領収書をくれたのでボッタクリではないと思われる







ベトナムのイミグレから出てきたところ  ↓

国境


この間に要した時間は約1時間くらい












13:10 ベトナム側で待っていたバスに乗り込む  ↓

バス

バスの中には西洋人がけっこう乗っていた。



13:30 バスは出発

車窓から見える看板の文字が漢字からローマ字表記に変わり
なぜだかちょっと気分がハイになる

久しぶりの東南アジアだからかなぁ~









15:00 トイレ休憩

休憩所

休憩所で売られていたものも南国っぽくて
目にするものがとても新鮮に見える



休憩のち、バスは出発したが・・・・・
さてさて、このバスはハノイのどこに止まるんだろう?
そう思っていると
途中からお世話係のような女性が1人バスに乗り込んでくる

西洋人のツーリストたちに英語で宿の案内をしているようだ。


私たちも彼女にホアンキエム湖の場所を尋ねると、
降りる場所から約7キロ離れていて
タクシーを使って1人2ドルで行くことが出来ると言っている。

2人で4ドルは、ちと高いんちゃ~~うん?!




16:30 ハノイ着 というか、降ろされた!  ^^;


しかし、降ろされた場所がどこなのかまったくわからない。

少々の距離(2~3キロ)なら歩くんだけど
さすがに7キロも離れているのではしかたがない。

タクシーの運ちゃんに2人で3ドルにまけてもらって
事前に調べていたホアンキエム湖の近くのハノイゲストハウスまで連れて行ってもらう



17:00 なんとか無事、ハノイゲストハウスにたどりつく


ここは 中高年バックパッカーのテツさん がHPに載せていた宿  ↓

ゲストハウス

写真の名前は Hello Vietnam Hotel だが
現在は Hanoi Guest House になっているようだ









部屋の様子  ↓

部屋

レセプションの兄ちゃんは英語が堪能!
10ドルだったのを、長く泊まるからということで9ドルにしてもらう

トイレ、シャワー室内、TV、冷蔵庫、ホットシャワー
部屋でネット(wifi)ができて、朝食が付いている









ここの宿の場所は東河門の近くにある  ↓

東河門









私たちが泊まったのは3階の部屋  そこからの眺め ↓

部屋からの景色









とても庶民的な雰囲気がしている  ↓

部屋からの景色1



やれやれと荷物を置き、外へ行こうと思ったら
ドアのカギが壊れている!

このままじゃあ、外出はできないぞぉ~~! 
 

兄ちゃんは「大丈夫!」といっているが、ここはベトナム!
全然大丈夫じゃあないやろ!  


そこで9ドルを8ドルにまけさせ
翌日にちゃんとカギがかかる部屋にしてもうらうようにした


プラス、ハロン湾の1泊2日のツアーを35ドルから26ドルにまけてもらう。 

言えば安くなるもんだなぁ~




晩ゴハンは近くの市場の屋台でフォーを食べる  ↓

フォー屋










約7年ぶりにフォーを食べることが出来て嬉しい!  

フォー

1杯 20000ドン(100円)


いいダシが出ていてとてもおいしかった!  




ただちょっと心配だったのが・・・・・
具の牛肉が半生だったけど、大丈夫かな?  ?


まあ、牛肉なので大丈夫か!  





20:00 宿に戻り、シャワー&洗濯





少しネットをして24:00就寝  






カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2009年12月現在のものです。

0


 
スポンサーサイト

たのし~♪

自分も一緒に旅行してた気分に一瞬なりました

たのしいです^^v

そこの空気とか温度・湿度・風とか匂いとか
人とか、その生活とか
実際に行って感じてみたいです

もしかしてbibinbaさん
このあたりでおなかこわしましたか?

ポイントは「値切る」!ですね^^
[ 2010/04/20 18:58 ] [ 編集 ]

ゲストハウス綺麗ですね~。
ドアが壊れていても「大丈夫!」て東南アジアっぽい返答ですよね(笑)
しかし、フォーは随分具沢山ですね♪
[ 2010/04/20 19:52 ] [ 編集 ]

思ってたより・・

トミーさん、いよいよベトナムですね♪
来月ベトナムへ行くので興味深々(でも、私の旅は平凡なツアーです)。
中国からベトナムに入って驚いたのは、バスもきれいだし、休憩場も、ゲストハウスも、ちゃんと!きれいですね!!ネパールと同じような感覚でいたけど、全然違う。こんな旅、もう二度と出来ないかもな~って思うと、ちょっと切ないような悲しいような気持ちになりますが、トミーさんのブログで満喫させてくださいね♪
こうやって一緒に?旅をしてると、トミーさんジュミーさんのバックパッカー姿が見たくて、見たくて!
カッコイイんだろうな~~~。ちょっとだけでも、バックパックだけでも、ダメ?
[ 2010/04/20 20:06 ] [ 編集 ]

楽しんでいただけて

とても嬉しいです!  v-290

こんなふうに共に旅をしてもらえることが
ブログを続ける大きな力になります!
感謝!  v-421

> もしかしてbibinbaさん
> このあたりでおなかこわしましたか?

ゆかえる愛さん! 良くご存知ですね~ v-392

実はこのフォーにのっている牛肉のせいで・・・・・・


I had to go to restrooms many times !  v-393


By the way, how did you know that ?

Did a little bird tell you ?  v-521


[ 2010/04/20 21:05 ] [ 編集 ]

私たちは

宿運?があったのか
ベトナムでは、なかなか快適で過ごしやすい宿に出会うことができました。 v-410

> ドアが壊れていても「大丈夫!」て東南アジアっぽい返答ですよね(笑)

東南アジアは何があっても「ノープロブレム!」が合言葉になっているような・・・・^^;


実は・・・・・
このフォーのおかげで・・・・・
東南アジアの洗礼を受けることとあいなりました。(笑)

きっと、海鮮ちらし寿司にもおとらぬ菌だったのではと思います。 v-395

[ 2010/04/20 21:38 ] [ 編集 ]

えっ!

かのちゃん♪さん、来月ベトナムへ行くのですか?
ベトナムのどこへ行かれるのですか? 期間は? 行程は? 費用は?
あ! そんに焦らなくても
かのちゃん♪さんのブログをチェックしていればわかりますね! ^^

ベトナムは食べ物がおいしいので、堪能してくださいね~ 

> こうやって一緒に?旅をしてると、トミーさんジュミーさんのバックパッカー姿が見たくて、見たくて!
> カッコイイんだろうな~~~。ちょっとだけでも、バックパックだけでも、ダメ?

かのちゃん♪さんが共に旅してくださることに感謝です! v-421

実は、私たちはバックパックを持って旅をしてはいるのですが、背負っていないのです。

いつもバックパックをカートに乗せて運んでいます。
私たちの間では自分たちのことを「コロコロバックパッカー」と言っています。
(ゴロゴロというカートをひく音から命名しました。 ← どうでもいいことなんですが ^^;)

で!なぜカートに乗せているかと言いますと・・・
重たいバックパックを背負わなくていいというのも大きな理由のひとつなのですが
もうひとつ!
お土産をたくさん買ったときに、ダンボール箱に入れて持って帰るので
ダンボール箱はカートで引き
バックパックは背負う、というスタイルで帰国しています。


その姿の写真をまたUPしますね! v-221
でも、あまりかっこいいとは言いがたい姿かと・・・・・ハイ!  v-388


まっ、お楽しみに~~~~  v-422

していてねっ・・・・・^^;
 

 
[ 2010/04/20 22:12 ] [ 編集 ]

さすが!!

さすがは師匠。自分には到底できない旅です。
でも、乗り物も食堂も宿泊施設も、思っていたよりもきれいですね。
(それとも、そういう写真を選んでいるんですか?)

バス料金に食事が含まれているというのも凄い話ですね。
形ばかりの機内食を食べるなら断然こっちを選びますね。

宿に泊まるにも10ドルを9ドルに交渉して、それを成立させるなんてすごい徹底ぶりですね。
九州ってそういう血が流れている土地なんですか? (注) 冗談です (^ ^ ;)ゞ

これからも、続きを楽しみにしていますので、お願いします。
[ 2010/04/20 23:48 ] [ 編集 ]

Hanoi Guest House は

なかなかいい宿でしたよ~ v-426
しかも、朝食(フランスパン&コーヒー)がついているのが嬉かったです。 ^^
実は、ここの宿だけでなく
ベトナムの宿は値段がリーズナブルでも質が高いように思います。


東南アジアへ来ると、物の値段表示がないので
必ず値段交渉から入るのが基本ですね。
それが挨拶のような感じになっています。
面倒くさいようで、けっこう楽しいコミュニケーションになりますし
現地語(挨拶や数字)の実践にもなりますよ~  v-290

> 九州ってそういう血が流れている土地なんですか?

妻は「さつまおごじょ」なのですが
交渉しているときは「大阪商人」そのものです!
   
手前味噌ながら、とてもたのもしいです。 v-91
 
[ 2010/04/21 00:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/114-a76bbf1f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。