スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハロン湾のツアーを終え、夜行寝台バスでハノイからフエへ 



2009年12月20日  曇り 






7:00  起床


窓

今日も曇りだけど、水上で迎える朝はとても気持ちがいい  














7:30から朝食   内容はパン、卵焼き、ジャム、マーガリン  ↓

朝食

これに野菜があればいいんだけどなぁ~











朝食の様子  ↓

朝食の様子

 


8:30 チェックアウト   荷物を部屋から出す




9:00 船はいったん島に接岸する。

2泊3日のツアーの乗客はここで下船し
島でもう一泊するようだ。





9:30 港に向け、出発! 
 
クルーズ





しばし、昨日のメンバーと雑談し、11:30に港に到着する。






下船後、港のレストランで昼食  主に中華料理だった。  ↓

昼食

ここでもいろんな国のツーリストたちとコミュニケーションができ
笑いが絶えない、とても楽しい昼食となった。  





12:30 ミニバスでハロン湾をあとにする


14:00 休憩

14:30 再出発

16:00 宿に到着



晩ゴハンにはかなり早いが
19:00に夜行寝台バスに乗らなければならないので
フォーを食べに行く




とてもおいしかったフォー屋  ↓

フォー屋












1杯 10,000ドン(50円) 油条 1杯 2000ドン(10円) ↓

フォー

またハノイに来る機会があれば
ここのフォーを食べたい!  
ほんと~~においしかった! 








17:30 荷物をピックアップして夜行寝台バスの乗り場へ連れて行ってもらうと・・・・・
もうひとつのシンカフェだった。
(ハノイには本物のシンカフェのオフィスが2ヶ所あります。)

宿から歩いて5分の距離にあった。  ↓

シンカフェ












18:00 バスがオフィスの前に到着  バスに乗り込む  ↓  

夜行バス









座席は全て指定席 
車内にトイレ有り
 
シートは完全にフルフラット(まっすぐ)にはならないので
走り出すとだんだんお尻の位置が下にずれてくる。  

しかし、乗り心地は悪くない  ↓

寝台


ハノイ 19:00発 夜行寝台バス → フエ 翌日 8:30着  所要時間 約13時間30分 

料金  160,000(800円) × 2人 = 320,000ドン
手数料 10,000ドン(50円) × 2 = 20,000ドン 







19:00 出発

中国に比べると道路が狭く、舗装状態もあまり良くないうえに
オートバイや遅い車をどんどん追い抜くので横揺れが激しい

しかし、慣れてくるとあまり気にならなくなる。




1:30 給油で停車


朝までウトウト  

   


カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2009年12月現在のものです。

0




スポンサーサイト

ふぉー♪

今日も楽しくたっぷり拝見させていただきました
ありがとうございます^^

たっぷり繋がりで、パンがいつもたっぷりですね^^

船のホテル いいですね~

[ 2010/04/27 21:45 ] [ 編集 ]

Hello !

Thank you for reading my travel journal.

I haven't updated my English blog lately.

But, I am glad to be with you here !  v-290

I always roll out the red carpet for you!  v-392


いつもありがとうございます!  v-421
[ 2010/04/27 22:50 ] [ 編集 ]

ももくそ

凄い!バスで寝れるんですね!!!
初めて見ました。
こんなバス、どこの国でもあるんですか?
これなら飛行機のエコノミーより快適ですね~。
バスの旅は近距離でしかしていないので、こんなに快適だとは知りませんでした。
[ 2010/04/27 23:58 ] [ 編集 ]

夜行寝台バスは

中国、ベトナム、ラオスで乗りましたが
中国の寝台バスが一番乗り心地が良かったです。 v-219

ベトナム、ラオスは道路事情が悪く(特にラオス)、かなり横揺れしますし
バスによっては、夜なのに「冷蔵庫か!」と思うくらい
キンキンに冷房を効かせたりしますので
快適とは言いづらいところもあります。  ^^;

ただ、横になることが出来るので体は休まります。
[ 2010/04/28 00:13 ] [ 編集 ]

うまそーーっ!

トミーさん

ハロン湾の船旅、ありがとうございます♪
私もぜひ、船中1泊してみたいな~。
そして、町のフォー!!釘付けですっ。美味しそうですね~。なぜか、ダンボールに「日本 ベトナム」と書いてあります。
ところで、シンカフェってよく出てきますけど、インターネットカフェのこと?
タイでチェンマイからバンコクまでひとりで夜行バスに乗りました。あんな、フラットシートなんて夢のようですね。でも、微妙に斜めだと逆に疲れるの、わかります。初めて乗ったビジネスクラスのシート、逆に私にはしんどかったです。それでも、あんなバスが走ってるなんて、ベトナムの印象がまた変わりました。
バスの冷房はほんとにすごいですよね。タイでもキンキンでした。毛布がなきゃ凍え死ぬかと思いました。
あ~~、こ~ゆ~旅、もう一緒できないのかな。。。
もう、ディープなひとり旅の気力体力に自信がありません・・・。でも、いい仲間が出来たら、ぜひまた挑戦したいです。トミーさんとジュミーさんの旅が、ほんとにお手本です。いつも、ありがとうございます。
で、英語のサイトも立ち上げたんですかっ!!??
[ 2010/04/28 12:45 ] [ 編集 ]

ベトナムの

シンカフェはコーヒーとパンやお菓子が楽しめる場所で~~す!  v-273
(Sorry ! I lied through my teeth.  ゴメンナサ~イ! 真っ赤なうそです。 ^^;)


もとい、シンカフェはベトナムの老舗のツアー会社で
ベトナム各地にオフィスがあり、いろんなツアーを主催していて
ベトナムのいろんな場所にバスを走らせています。
ベトナムに行く旅人は、1度はお世話になると思います。

私たちはベトナムを縦断するのに、シンカフェのバスを使いました。


>でも、微妙に斜めだと逆に疲れるの、わかります。
>タイでもキンキンでした。毛布がなきゃ凍え死ぬかと思いました。

おぉ!かのちゃん♪さんも経験済みなんですね~
あの冷房だけは加減して欲しいものです。  ^^;


>でも、いい仲間が出来たら、ぜひまた挑戦したいです。

じゃあ、一緒に行きますか!  v-392


英語のブログは「bibinbaの~」で~す。 
現在止まっていますが。。。。 ^^;
[ 2010/04/28 14:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/117-09c7beab






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。