スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

名ばかりの国際バスで景洪(ジンホン)からラオスのフエイサイへ 

2010年6月2日

景洪からフエイサイ



今日は、国際バスに乗って、景洪から、ラオスのフエイサイまで移動の日。
直通の国際バスに乗るのは、ベトナムのホーチミン→カンボジアのプノンペン以来。

6:00過ぎに宿をチェックアウトし、6:15分にバスターミナルに着き
ディテクターに荷物を通し、フエイサイ行きのバスとご対面!
そのバスは。。。。。

バス


国際バスというよりは、乗合ローカルバス!
つまり、人よりも荷物のほうが多く
チケットを見ると、席は指定になっているけど
実際は、早い者勝ちの自由席  ^^;
この状況から「あ~~、ラオスに行くんだなぁ~」という実感が湧いてきた。


バスは6:40に景洪を離れ、途中モンラーという町でトイレ休憩 ↓

モンラー




トイレ休憩の間に、荷物の積み込みを行う。  ↓

積み込み


積み終わり、荷物が天井にたくさんあるのを見ると
ますます生活バスの雰囲気が増してきた。



約30分後に、バスは再び走り始める。
中国側の道は、真っ直ぐで、とても快適で、車窓からの景色もよい!

風景




ラオスとの国境の町モーハンに着いたのは、11:00すぎ。
中国のイミグレの建物は、とても大きくて立派!  ↓

中国イミグレ




その建物を見て、「ここまで立派にしなくても。。。。。」
と思いながら出国し、カートに乗ってラオス側のイミグレへ  ↓

カート





そのラオスのイミグレの建物を見て。。。。。

ラオスイミグレ


「もうちぃ~~と、いい建物にしたほうが、ええんではないかい??」
と思ってしまうほど、簡素なものだった。  ^^;

2つのイミグレを通るだけで、国力の違いを実感した。


その後、バスは途中休憩をはさみながら、フエイサイを目指す。

もちろん生活バスなので、エアコンはなく、天然クーラーのみ!
景洪ですら「暑い!」と感じていたのに、さらに南下していくので
日差しはきつく、熱風の中をバスは走っていく。

しかも、ラオスに入ったとたん、景色は単調なうえに、道はクネクネ時々ガタゴト
車酔いする乗客まで出始めた。加え砂埃が巻き上がり、車内に入ってくる。
とてもタフな道のりだ。
きっと、アフリカの移動とかはこんな感じなんだろうなぁ~


朝から運転していた運ちゃんもバテているのか、もう1人のドライバーと交代すると
倒れこむように横になってしまった。  ↓

走行中



暑さで私たちもバテバテ!
休憩中も、店の中から出る気がしない。  ↓

休憩




そうこうしながらも、バスは夕方の16:00にフエイサイのバスターミナルに着いた。

途中、ひっくり返ったバスや、谷底へ落ちてしまったトレーラーを引き上げる光景を目にした。
こうして無事ここまで私たちを運んでくれた2名の運ちゃんに感謝した。

フエイサイバスターミナル

フエイサイバスターミナル

バスターミナルから、国境のある渡し船の乗り場までは8kmも離れているので
トゥクトゥクに乗り換えてボーダーに到着

かなり体力を消耗し、疲れてしまったが、これから宿を探さないといけない。
旅人はつらいよ~  

まずは10件くらい見てまわっての感想だが。。。。。
値段はそれなりに高いのに、クオリティが低い~~!
雲南省の宿と比べると、その差は明らかだ。

ベッド


とはいえ、疲れには勝つことができない状態だったので
宿探しはそこそこにし、ボーダーから歩いて30秒のところにある
1泊200バーツ(580円)の宿にチェックインし、荷物を下ろし、晩ごはんを食べに行く。

すると・・・・
麺の値段が結構しているぅぅぅ~
注文したカオソーイが1杯30バーツ(87円)で、しかも量少なすぎ!

麺


中国では3元(42円)で、味も量もグッドな麺が食べれた象~~ 
宿も、食べ物も、乗物も、道もみんな中国がよかったぁぁぁ~~

あ~~~、中国が恋しいぃ~~~ 


しかし。。。。。 ここはラオス!
ラオスを受け入れないと、ラオスからも受け入れてもらえない。

気持ちを取り直し、まずは体の疲れを取るということを優先して
ここに2泊することにした。

フエイサイはタイとの国境にあり、以前も来たことのある町。
特に見所もないところだが、何もないからこそ
さあ観光をしよう!という気持ちもわいてこないので
体の回復に努めるには、ちょうどいい場所なのだ。

 
ボーダー

ある高台からの景色  ↑
川の向こうはタイのチェンコーン




早朝は、お経を唱える僧侶の声が町に響き
托鉢している姿を見ることができる。 ↓

托鉢





カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年6月現在のものです。

0


スポンサーサイト

ラオスも通貨はバーツなんですか?
初めて知りましたー。
ラオスバーツもタイバーツと同じくらいのレートですね。

タイの屋台も1品大体30バーツくらいですよね。
で、とても量が少ない。
タイ人は小食ってのもあるけどラオス人もきっと小食なんでしょうね・・・。
で、一日に何度も間食するw
カオソーイ美味しそうです。

中国では今や人件費が高くなってどんどん企業が撤退していますね。
地方ではタイやラオス以上に物価が安いのに・・・。
いずれ、中国全体で物価があがったりするんですかねー?
[ 2010/08/05 15:28 ] [ 編集 ]

ラオスの通貨は

KIP(キップ)です。

だいたい9200キップが100円くらいで
8300キップが1ドルです。
ラオスは、タイバーツが自国の通貨のように使るので
今回、私たちはバーツで支払いました。

> タイの屋台も1品大体30バーツくらいですよね。
> で、とても量が少ない。

ですよね~~
なので、どうしても1回の食事では、お腹いっぱいになりません。
まあ、たくさん注文して食べれば、問題はないのですが。。。。  ^^;

> いずれ、中国全体で物価があがったりするんですかねー?

近い将来は、きっとそうなっていくんでしょうね~
早いこと、中国をいっぱい旅しておきましょう!  v-392
[ 2010/08/05 17:15 ] [ 編集 ]

かなりの悪路だったみたいですね~。
お疲れさまでした。

ラオス。
行った人の感想を聞くと、何もなかったという答えが多いけどどうなんでしょう?
その何もないところがよかったという人もいるようですが。
記事の続きが気になるところです。
国境周辺は辺鄙なところでも物価が高かったりするのかな、と思いましたが、違うのかな。

[ 2010/08/06 10:54 ] [ 編集 ]

中国までは

とても快適だったのですが
ラオスへ入ると、グネグネ&たまにガタゴトの道になりました。
加え、そのときは、暑さと砂埃がこたえました。  e-443

> 行った人の感想を聞くと、何もなかったという答えが多いけどどうなんでしょう?

・・・・・確かに、あまり何もないですね・・・・人も少ないですし・・・・
でも、特に物価が安いわけでもなく・・・・・
かえって交通費や食費、宿泊費など、東南アジアの各国と比べると
やや高く感じますし・・・・・
「好きか嫌いか?」と聞かれると、どちらとも言えないし・・・・
いまだにラオスという国が、つかみきれていません。。。。。 ^^;

今回ラオスは2泊のみで、そのあとすぐにタイに行ってしまいました。
[ 2010/08/06 11:39 ] [ 編集 ]

2泊で移動?

トミーさん、こんにちは~。
あの国際バス、ウサギみたいv-530。サイドミラーが耳に見えません?
すごい経済落差があるんですかね~。。ラオスの料理も美味しいって聞きますが。。どうなのかな?
思ったより物価が安くないと、気持ちが盛り下がりますね。ラオスってどんなとこなのか、ちょっと期待しちゃいました。
その地を受け入れないと、その地から受け入れてもらえない。。なんだか教えられた気がします。
次はいよいよタイですね♪
[ 2010/08/07 18:27 ] [ 編集 ]

ペナン島のバトゥフェリンギでお会いしたものです。

ラオスのドンデッド行ってまいりました。
本当に良いところで今回の旅でもう一度行きたい場所NO.1です!!
本当にありがとうございました!!
宿も本当にいい宿ばかりでかなり助かりました。
というよりも最初はきれいさにびっくり!
自分ももう少し宿選びをせねばとおもいました!

結局日時を延ばし本日、日本に帰ってきました。
ラオスが気に入りドンデッドから北へあっがっていきました。
トミー&ジュミーさんに出会え心から感謝です。
とても良い旅ができました!!
トミー&ジュミーさん、お体には気をつけて旅楽しんでください!
[ 2010/08/07 20:29 ] [ 編集 ]

ウサギさんに

見えますね~
そう思うと、あのバスも可愛いかも!笑
かのちゃん♪さんは発想が豊か!  v-218

中国とラオスでは、国力が全然違いますね~
ただ、庶民の物価は、それほど変わらないような気がします。

ラオスは、いまだにつかみどころがなく
私たちにとって、よくわからない国なのです。。。。。
かのちゃん♪さんも、一度訪れてみてください!
そして、感想を聞かせてくださ~~い。  v-418v-222
[ 2010/08/08 16:38 ] [ 編集 ]

おかえりなさい!

昨日、日本へ帰ってこられたんですね。
お疲れ様でした。  v-421

で! お名前を聞いていなかったのですが
藤原さんだったんですね~  今、知りました。笑
って、そういえば・・・・・私たちも本名を名乗っていませんでしたね。 ^^;

> ラオスのドンデッド行ってまいりました。
> 本当に良いところで今回の旅でもう一度行きたい場所NO.1です!!

この言葉 ↑ とても嬉しいです!  ^^
知ってもらえてよかったし、行って、気に入ってもらえて
さらに嬉しいです!  v-290

また、宿も気に入ってもらえてたようで、紹介してよかったです。

あれからラオスを北上して、ベトナムへ抜けられたんですよね?
帰りがホーチミンになっていたようなので。。。。
また、旅での何か面白いエピソードがあれば、教えてください。

旅が終わられたばかりなので、しばらくはゆっくりして疲れをとってくださいね。

私たちは7月13日に日本へ帰ってきました。
そして、再び9月からインドへと出発します。

旅の様子をブログにUPしていきますので
時間があるときは、のぞきに来てくださいね。
お持ちしております。  ^^

 
[ 2010/08/08 16:55 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/23 00:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/192-a1fc8ce2






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。