スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

麗江(リージン)から大理(ダーリ)へ鉄道で移動 



2010年5月28日
麗江から大理


昨日調べておいた13路のバスが止まる古城停車場は
宿から古城の中を歩いて突っ切ると約20分くらいの距離にある。
 
6:50にチェックアウトし、宿をあとにする。

今日も朝から雨が降っていて、移動の時にはあまり喜ばしくないお天気だが
大理行きの列車に乗らないといけないので、カッパを着、傘をさし、バス停を目指し歩き始める。

朝の古城は、ほとんど人が歩いていない。
人気のない古城を見るのは初めてだったので、とても新鮮に感じる。

大通り

東大街へと続く通りもガランとしている。
左の隅にあるのは、私たちのコロコロバックパック  ^^





四方街(左)も、ナイトクラブのある通り(右)も、誰も歩いていない。

四方街 通り



古城停車場に着くと、すぐに13路のバスがやってきたので乗車する。
麗江火車東駅までは、約20分 1人1元(14円)

朝の7:30なので、バスの中は通勤客や、駅まで行こうとする客で超満タン!
しかし、重慶北駅での押しくら饅頭大会 に比べると、全然ケンチャナヨ~!


 

麗江火車東駅は中国らしくなく、とても簡素な駅だ。 ↓

麗江東駅



ここは、大都市と違い、乗る人は少なかったので
大きな混乱はなく、スムースに列車に乗り込むことができた。
(とはいえ、荷物置き場確保のため、列の先頭にちゃんといたけど)



8:52 定刻どおり、列車は麗江から大理に向け出発!

車内販売は、どうしても気になる存在。
何が売られているんだろうか?  ↓

車内販売






硬座の様子  ↓

硬座







麗江から大理までの車窓も、緑にあふれ、日本の景色と
とても似ていて、親近感がわいてくる。  ↓
 
車窓 車窓

車窓 車窓






私たちが座っていた車両のすぐ隣は、食堂車だった。  ↓

食堂車






11:00を過ぎると、大きな湖が左手に見えてきた。  ↓
澄んだ水を湛える耳海が見えてくると、大理はすぐそこ!

湖







11:40 大理駅に到着  ↓

到着

この列車はこのあと、昆明(クンミン)へと向かう







大理の駅は、なかなか立派  ↓

大理駅


2時間40分の鉄道の旅は
あまりにも短すぎて乗り応えがなく、少し物足りない気もした。
(長すぎると疲れ、短すぎると物足りない? 旅人はわがままなのだぁ~  ^^;)






すぐには大理の町には行かず
まずは大理駅から歩いて7~8分くらい場所にある
長距離バスターミナルへ行き
景洪へ移動するためのバスの時間と、値段のチェックすることにした。 ↓

バスターミナル





今日を含め、現時点で中国に滞在できるのはあと7日。
計算すると、だいたいこうなる。

大理で2泊、移動で1泊(夜行)、景洪で2泊、移動で1日(出国)、予備日が1日

話し合いの結果 妻が考えて決めた この日程に決定!

大理の古城内で、景洪までのバスのチケットが売られてるという情報は
ネットで調べたときに見つけてはいたものの、定かではなく
日程をしっかり組んだあとだったので、バスターミナルで
5月30日の夜行寝台バスのチケットを購入。
(20:30発  1人199元(2726円))

チケット






その後、大理駅のすぐそばにあるバス乗り場から
8路のバスの乗り、14km先の大理古城へと向かった私たちでした。 ↓

バス停


 

 

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年5月現在のものです。

0


スポンサーサイト

そう言えば、「中国の電車は床に座ったり寝たりする人がいて、しかも痰を平気で吐く」って昔聞いたことがありますが、今もそうですか?
写真を見るかぎり、マナーは改善されていそうです。

↓の食べ物の写真、凄いですねー。
揚げ豆腐がありましたが、臭豆腐ではなくて普通の豆腐だったんですか?
上海・杭州あたりでは臭豆腐揚げだらけで、「中国人そんなに好きか?!」と驚きました。
台湾も臭豆腐の匂いで凄かったです。
[ 2010/07/23 19:56 ] [ 編集 ]

大理

麗江終わっちゃいましたね。
見ていない朝の風景など楽しませてもらいました。

しかし奥様のリサーチ力、行動力には頭が下がります。
そうなんですね。中国に2週間というのは、こうしてみると大変な日程になるんですね。

これからは全く知らない土地。
楽しみです。
[ 2010/07/23 21:19 ] [ 編集 ]

私たちが鉄道で移動したときは

床に座ったり、寝そべったりする人は、見かけませんでした。

最近は、中国もマナーが向上してきています。
列車の中では、ゴミ箱を無視して、ゴミを撒き散らす人がいれば
その人に、みんな白い目を向けています。

まだ、向上途中ですし、う~~ん・・・・・と、うなってしまう時もありますが
中国は、変わりつつあることを、訪れるたびに感じています。

> 揚げ豆腐がありましたが、臭豆腐ではなくて普通の豆腐だったんですか?

臭豆腐といえば、そうだったような。。。。。
違うといえば、そうのような。。。。。

要するに、どちらかはっきりとは覚えていませんが ^^;
臭いは、そんなにきつくはなかったです。
おいしかった! v-426

台湾の臭豆腐もおいしいんですが
確かに、臭いは強烈ですね!  v-394

[ 2010/07/23 21:39 ] [ 編集 ]

すいません!

麗江終わるの早すぎました?

でも、どんどん前に進んでいかなと
なかなか終わらないものですから。。。。。 ^^;

> しかし奥様のリサーチ力、行動力には頭が下がります。
> そうなんですね。中国に2週間というのは、こうしてみると大変な日程になるんですね。

妻がとても嬉しそう~な顔をしています!
ありがとうございます。  v-290

そうなんです!
ビザなしで中国15日間は、あまりにも短すぎるんですよね~
大陸が広いし、人口は多くて移動しにくいし。
せめて30日間とかにしてくれるといいんですが。。。。。

まあ、時間が取れない人からすると
贅沢な悩みです。 ハイ!  ^^;
[ 2010/07/23 21:51 ] [ 編集 ]

コロコロバック

やっぱり気になります。コロコロバック(笑)。
あれは、母親が使っているような普通のコロコロですか?すでに買い物用のバックがついてるやつ。
それともキャスターだけで、バックはバックパック?
このアイデア、最高だと思います。バックパックと違って雨でも置けるし、いかにも旅っていう感じじゃなくて、逆に襲われにくそう。トイレに行くのもいいし。
道が悪い時はどうするんですか?
丈夫なコロコロバックご存知だったら売ってるところとかメーカー教えてください!
[ 2010/07/25 14:31 ] [ 編集 ]

コロコロバック

気になりますか? 笑

それではお答えしましょう!

あれはキャスター(キャスターのみ。 折畳みができます。)にバックはバックパックをのせて
ゴムひも(自転車の荷台にくくりつけるひもです。)でくくっています。
特に、東南アジアは埃がすごいし、突然雨が降ってくるので
バックパックには必ずビニール袋をかぶせています。
バックパックは外の傷みが少ないので、10年経った今でもまだまだ現役です!

道が悪いときは・・・・・
今まで、道が悪くてコロコロできなかったことはないですね~
でも、インドは道に e-283 があるので
どうしようか思案中です。 e-351
おそらく e-283 があるところでは
キャスターをたたんで、バックパックを背負うことになると思います。

> 丈夫なコロコロバックご存知だったら売ってるところとかメーカー教えてください!

じぇんじぇん知りませ~~ん!
ゴメンナサイ!  v-421
[ 2010/07/25 15:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/197-4062913b






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。