スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界遺産の町 麗江(リージン) 



今回は写真をたくさんUPしたので、見て楽しんでいただけると嬉しいです!  ^^

滞在日 2010年5月23日~27日(5泊)


世界遺産 麗江

古城水車


世界遺産の町 麗江(リージン)は、昆明から約600キロ
大理からは約200キロに位置し、標高2400mの高地にあり
香格理拉大道を中心とする新市街エリアと
獅子山以東の古城エリアと2つの顔を持っている。



私たちが宿泊したのは、古城エリア側

水車 通り


道は石畳になっていて、それに沿うように水が流れる水路があり
そこに架けられた橋、水を汲むための井戸、これらが一体となって
美しい町並みを形成している。




洗濯場所

麗江には、水の流れを上流から三分割している「三眼井戸」がある。
一番上が飲料水で、二番目が野菜や米等を洗う所、三番目が洗濯をする所
それぞれに分けて使われている。


洗濯 洗濯1

湧き水のきれいな麗江では、今でも水路が大活躍





この地にはナシ族が多く暮らしていて
彼らは象形文字のひとつ「ドンパ文字」を使っている。

看板 ドンパ ドンパ文字

ドンパ文字1 ドンパ文字2

この町には、ナシ族独自の文化と宗教があり、
町並みの美しさと文化的背景から、1997年にユネスコ世界遺産に登録された。
(トンパ文字とは、トンパ教の経典に用いられているナシ族固有の象形文字
しかし、今は読み書きを完全にできる人はかなり少ないとのこと)






元、明、清、3つの王朝に22代470年にわたって麗江エリアの統治を
まかされてきた木氏が暮らした館  木府  ↓

木府

木氏は白沙を中心に、勢力を築いたナシ族の豪族







古城の中心にある四角の形をした石畳の広場が四方街  ↓

四方街

ここから、迷路のような道が四方八方に延びていて
土産物屋が多く、たくさんの観光客でにぎわっている。





この建物も、かつては2層建築だったらしい  ↓

四方街の建物



ナシ族の人(主におばちゃん)と観光客(主に中国人)が
輪になって踊り、盛り上がっている。  ↓

四方街 おどり


民族衣装 民族衣装のおばちゃん







通りにある土産物屋では、民族衣装を着た娘さんがハタを織っている。  

機織娘 民族衣装の店




散歩をしていると、民族衣装を着た人をよく見かけたので。。。。

民族衣装おばちゃん 歩く 民族衣装おばちゃん

いっしょに写真撮らせて~~! と、いろんな人に何度もアタックしてみたが
みんな恥ずかしがり屋さんなのか、全敗だった。 ^^;
 





麗江の古城内には、ナシ族の家を改造した「客桟」と呼ばれる宿がたくさんある。
値段はだいたい50元くらいから

私たちが宿泊したのは、同金客桟  ↓

同金客銭

1泊 60元(まけてもらって)




どの客桟にも、庭があり、それを囲むようにして部屋がある。
どこの部屋からも中庭が見えるようになっている。 ↓

庭

中庭 庭
 
お茶

ちょっと一休みして、お茶にしませんか?







私たちが訪れた5月の後半は降水量が多く
2日に1度は雨が降っていた。

雨宿り

雨の散歩 雨の散歩1

ニャハハ! なんだか、雨蛙のような、スナフキンのような妻です。







路地は迷路のようになっている。 ↓

路地 路地1

迷路になっているようで
最終的には、四方街に出るようになっている、らしい。。。。。






麗江は、干し肉が名物(?)なのか、干し肉屋さんがたくさんある。

肉屋

試食させてもらうと、とてもおいしかった!






町案内の看板もおしゃれ  ↓

看板








トイレもおしゃれ  ↓

トイレ

中国とは思えないほどきれいで、清潔!
しかも免費(無料) ^^








官門口  ↓

官門口








散歩している途中に出会ったワンちゃん  ↓

チビワン わんちゃん

あまりに可愛かったので
写真を撮らせてもらいました。

君は食べられずに済みそうだね!
大きくなるんだぞ~~





観光地、観光地している路地だけでなく
市場に続く通りはとても庶民的  ↓

路地2





古城内にある市場の様子  ↓

市場




市場内





野菜をリキシャにのせて、販売している  ↓

野菜売り







果物はいかが?

果物屋

 






市場で目立ったのが、背中に背負ってるカゴ! ↓

カゴ カゴの人
カゴの人1 カゴの人2

買い物をしている多くの人が利用していた。
便利そうなので、ひとつ欲しい!  ^^







どうせなら、古城内にある、こういう味のある床屋さんで
髪を切ってもらったらよかったなぁ~

床屋

でも、腕がちょっと心配?








古城内は、リフォームラッシュなのか
いたるところで工事が行われていてた。 

工事現場







道は狭く、工事車両が入ってこれないので、今でも人海戦術が主流

働き者

坂道を、重たい荷物をかかえ、行き来している主役は女性だ。
重労働だが、モクモクと働いている姿には、頭が下がる。








雨が多かった麗江だけど
晴れた日の高台から見た、屋根の景色には感動!

喫茶店からの眺め

ある喫茶店からの眺め  ↑







ある宿からの眺め  ↓

宿からの眺め






ある高台からの眺め  ↓

屋根


屋根1







ある宿のテラスから見た眺め  ↓

屋根2


屋根パノラマ

いつまでも眺めていたい景色が広がっている。



 
 



最後に、夜景をどうぞ!  ↓

夜景11 夜景2

夜景1 夜景5

夜景6 夜景7

夜景12 夜景10

夜景8 夜景13


夜景9






ちなみに、これはキョンシーではありません 笑  ↓

ナイトクラブ

四方街の近くにあるナイトクラブの様子です。
毎晩、夜遅くまで大音量が鳴り響いている。




私たちが、麗江に滞在したのは5日間

町を歩いてみると、土産物屋、レストラン
喫茶店、ギャラリーに客桟と、商業施設がどこまでも続き
そこにものすごい人数の観光客が押し寄せているので
ほとんどテーマパーク状態!というのが正直な感想。

昔の町の風情を求め、ここを訪れる旅人の中には
違和感を感じる人も少なくないと思う。

しかし、ここまで徹底的に観光地化すると、かえって気持ちがいい。
私たちは町全体の持つ雰囲気がとても気に入った。

それに、一大観光地のわりに、人がスレてなく
誰もが優しくとても親切だったので、私たちにとって
とても居心地のよい場所だった。

次は、玉竜雪山、束河古鎮や虎跳狭も訪れてみたい。 


人形






カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ 
 
※ この情報は2010年5月現在のものです。
 
人形


スポンサーサイト

市場には行きたかったんです。

見覚えのある景色に、見た事の無い景色。
あまり行けなかった日中の風景に、自分は失敗だらけだった夜景の写真。
懐かしさと、新鮮さがあって、楽しく見させてもらいました。

特に市場には行ってみたかったんです。
ですが、最後の日に地図を買って、初めて有ることに気付いたので手遅れでした。

麗江はトミーさんも描かれているように、スレていない観光地化が進んだ場所で、なんだか気持が良い土地でした。(でもちょっと物価は高いんでしょうか?)

そうそう、ナシ族は(可愛がるという意味で)犬が大好きで、飼ってはいるけど絶対に食べないらしいですよ。
[ 2010/07/20 22:51 ] [ 編集 ]

麗江!!!
私が行ってみたい所の1つです。
素晴らしい景観ですね!
トンパ文字、10年前に日本で流行りましたね~。
私も可愛くてTシャツ探しましたよ。
移り気の早い日本ですからアッと言う間に廃れましたが・・・。
こんな田舎で観光大都市になっているとは思いませんでした。
トイレもニーハオトイレだと信じて疑いませんでした(笑)

でも、川で洗濯しているのを見ると、まだまだ文明に取り残された場所であるんですね~。
あ~、私はここで主婦出来ないわ・・・。
洗濯機君、感謝!!!
[ 2010/07/21 00:05 ] [ 編集 ]

ありがとう♪

リージン、素敵な場所ですね。
写真を見る限り、全然ビルとか建ってないんですね。
それとも、この一角だけがこんな感じ?
ナシ族も、ドンパ文字も、ドンパ教も知りませんでした。いったいどんな宗教なのかしら?
テーマパーク化されてるのはちょっと残念だけど、カメラ片手に面白い写真がいっぱい撮れそうですね♪
久しぶりのジュミーさん!お元気ですか?
宿の中庭、なんて素敵なのかしら!お部屋はどんな感じかも知りたかったです。
トイレとか。。。(笑)
貴重な旅行記、ありがとうございます♪
[ 2010/07/21 09:17 ] [ 編集 ]

しゅばらしい!

bibinbaさん
たっぷりの写真で旅の様子を楽しませてもらいました

ありがとうございます♪

観光客の皆さん、サバイバルな列車と超スリルなバスを乗り継いで来られるんですね

ワンコin bag がかわいかった~けど

ワンコって食べられちゃうんですか?^^;
[ 2010/07/21 10:05 ] [ 編集 ]

古城内の市場は、安くておいしいものがあったので毎日通っていました。
観光地の姿だけでなく、庶民的な雰囲気が味わえて、気持ちがホッ!とする場でもありました。

古城内はの物価は、やはり高めですね~
例えば、宿の値段なんかは、古城内だとほとんど80元からですが
(1件だけ50元の宿がありました。)
古城の外に出ると、30元くらいからあります。

>ナシ族は(可愛がるという意味で)犬が大好きで、飼ってはいるけど絶対に食べないらしいですよ。

なるほど!なので麗江や大理には、犬(特にチビワン)が多くいたんですね~
納得できました!
[ 2010/07/21 19:48 ] [ 編集 ]

麗江には、ぜひ行ってもらいたいですね~!
テーマパーク化していますが、おっしゃるとおり、景観は素晴らしいですし
町の雰囲気も味わって欲しいです!
トイレは超きれいです! v-218

>トンパ文字、10年前に日本で流行りましたね~。

えぇ~~!  そ、そうなんですか? 知りませんでした。  ^^;

水路で洗濯や、野菜を洗っている姿をよく見かけましたね。

私の疑問は、上流で洗濯している人がいると、下流で洗濯している人の洗濯物は
あまりきれいにならないのでは?  ということです。

うまく時間差で洗濯しているんでしょうか?
 

旅先では、洗濯機のありがたみが身にしみます。笑  ほんと!
[ 2010/07/21 19:52 ] [ 編集 ]

新市街に行くと、近代的なビルが立ち並んでいますが、
古城内は景観を損ねないよう、高い建物は全くありません。

それと、古城の範囲はそうとなものなので
とても、歩き応えがある場所なのですよ~!  v-290

見所の多い麗江ですが
ここは町を散歩して、気に入った場所や
面白いと思ったものを写真に納めたりして過ごすのが1番かもしれません。

宿の情報は、また別にUPする予定なので、お楽しみに!(しておいて欲しい! ^^;)

こちらのほうこそ、いつもありがとうございます!  v-421
[ 2010/07/21 19:55 ] [ 編集 ]

楽しんでもらえると
UPした苦労(?)が報われます!
感謝!  v-421

私たちが通ったコースは、普通の観光客(日本人)の人は、おそらく行かないと思います。
もし、通ったとしても少数だと思います。(日本人は、私たち2人だけでしたから。 ^^;)

麗江は一大観光地なので、飛行機も飛んでいますし
鉄道も走っている(後で気がつきました)ので、意外とアクセスしやすいのです。

ナシ族の人は、犬 v-286 が好きなので、飼うのが普通のようですが
他の地域によっては、ワンコを食べるところもあるそうです。

中国は広し!
[ 2010/07/21 20:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/204-cd763d8b






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。