スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

疲れた体を引きずりながら中国の重慶(チョンチン)へ 



2010年5月20日

朝4:30に起床

起きると少しフラフラして、吐き気する。

出発前の10日間くらいは、なにかとバタバタしていて忙しかったのと
いつもの悪いクセで、旅に行く前日は徹夜状態になってしまい、体も脳も停止寸前。
その状態につられ、心の中で

「何でここまでして、旅をせんとあかんのやろ?
もうちょっと寝ていたい!休んでいたい!ゆっくりしたい!
わけのわからないところへなんか行きたくな~~い!」

と、叫び声をあげていた。。。。。 がっ!

すぐに朝ごはんを食べ、荷物のチェックをし、家の戸締りの確認をして
市電に乗り、高速バスに乗り、地下鉄に乗り
アッという間に福岡空港に着いてしまった。
ここまで来たら、もう行くしかないのである。

そんなときに、ふと思い出したのが、沢木耕太郎さんの
「旅する力 深夜特急ノート」の中にあったこの言葉


<どうしても行かなくてはならないのだろうか。別に行かなくてもいいのではないか。
行かなくてもいい理由をいくつも数え上げるのだが、どれも決定的な理由ではない。
そうこうしているうちに行くと決めていた日が近づいてきて、仕方なく出発するのだ。
(中略)
しかし、ひとたび出発してしまうと、それまでの逡巡は忘れてしまい、
まっしぐらに旅の中に入っていってしまう>


沢木さんのような旅のベテランでもそうやって旅に出ている。
旅立つ前のこの気持ちは、ひょっとしたら、多くの旅人が感じているものかもしれない。


私たちが乗るCA(中国国際航空)916便は、定刻どおりに福岡空港を出発。
一度上海で飛行機を乗り換え、再び重慶を目指し、テイクオフ!

上海空港 上海空港

上海空港の国内線のターミナルは、とてもきれいで近代的

気流にもまれる飛行機の揺れに身を任せながら、目的地である重慶のことを考えていた。

そういえば、今日、重慶に着くのは22:30頃
今夜は空港で徹夜?
その時間に町まで行ったとしても、宿は確保できるんだろうか?
まさか、初日から重慶で野宿?

いろんなことが頭を駆け巡っているうちに、飛行機は重慶に着いてしまった。
時計を見ると22:40。

ここの空港で一夜を明かし、朝になってから町に行った方がよさそうな気もしたが
重慶の空港はそれほど大きくなく、人も少ないし、夜明かし出来そうな雰囲気ではない。
なので、空港シャトルバスに乗り、町で真夜中の宿探しをすることにした。

上清寺への看板 上清寺へのバス

重慶の空港から上清寺までは、バスで約40分

バスの中から流れる景色を見ながら、飛行機の中で、いろいろ心配していたのとは裏腹に
とても心が落ち着くのはなぜだろう?
ここまで無事にこれた安堵感? それとも最近は来慣れているからだろうか?
でも、もっとどっしりとしていて、大きな揺りかごに乗っているような安心感がある。
不思議な気持ちにさせてくれる国だ。

24:00前にバスは上清寺に到着。
降りると、7~8人の棒を持った人たちに囲まれる。

その棒で、暴力を振るおうとするではなく
1本の棒を肩に担ぎ、天秤のようにして荷物を運ぶ棒棒(バンバン)と呼ばれる人たちだ。
みんな見るからに人のよさそうな人ばかり。

しかし、棒棒のことを知らなければ、
「いったいどんな目にあわされるんだろう?!」
と思ってしまい、青くなっていたに違いない。

棒棒の中の一人に、60元の招待所に連れて行ってもらった。
あまりきれいではなく、快適という言葉とはほど遠い宿だったが
体の疲れには勝てず、そこで1泊することにした。

招待所 部屋


何とか宿も決まり、眠りについたのは午前1:30をまわっていた。





カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年5月現在のものです。
 
0


 
スポンサーサイト

>何でここまでして、旅をせんとあかんのやろ?
>わけのわからないところへなんか行きたくな~~い!
笑ってしまいました。
私はそこまで過酷な旅に出たことがないので、まだそういう気持ちになった事がないです~(笑)
言葉が全く通じない、治安も悪い、ルールも価値観も全て分らず立ち往生!って国に行ったらそうなるのかも知れませんけどね~。
アフリカとかに行くと味わえそうです・・・。

しかしトミーさん夫婦はいつも長い旅が出来てうらやましいです。
うちも夫と、仕事がドコでも出来るのだったら(物書きとか)世界中を旅して生活したいねーなんて話しています。

[ 2010/07/16 16:00 ] [ 編集 ]

旅に行く前は

むしろ私よりも、妻のほうがご機嫌斜めになってしまい
ため息ばかりついていますが
いったん旅に出ると、沢木さんの言葉の通り、旅に集中していきます。

私たちの旅は、普通のバックパッカーの旅なので
それほど過酷なものではありませんが
旅の前は、決まってそういう感情がわいてきます。

> うちも夫と、仕事がドコでも出来るのだったら(物書きとか)世界中を旅して生活したいねーなんて話しています。

私も、そういう旅人になることにあこがれます。
[ 2010/07/16 16:11 ] [ 編集 ]

わかります

旅の前って、なんで徹夜になっちゃうんでしょうね(爆)。私もほとんどそんな状態です。だから、行く前から疲れてるんです。飛行機も苦手なので、到着するまでにボロボロ(笑)。でも、着いた途端心の中で叫んでいます。「I'm Free !! 」どんだけ日本社会が合わないんだか(笑)。今はプータロウの身なので、逆にすぐ旅に出たいという気持ちが薄らいでますが、仕事してると圧迫感で死にそうになります。
物書きで食べれるようになりたいです。
頑張りましょう! どうやって。。。だか?
[ 2010/07/21 09:48 ] [ 編集 ]

おぉ!
かのちゃん♪さんも!

ボロボロで出発されているんですね~  笑

飛行機が苦手なこととか、日本社会が合わないこととか
放浪癖があるとか、とても妻とよく似ていますね~

だから他人のような感じがしないのかも!


>物書きで食べれるようになりたいです。

いいですよね~~
で! どうやれば???
[ 2010/07/21 20:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/218-c67e8b7f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。