スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国人民と、列車での荷物置き場争奪戦 



2010年5月22日

重慶から拳枝花へ鉄道にて移動

重慶から拳枝花


ついに長距離の硬座デビューの日が来た!

しかし、昨日入れた気合はすっかり消えうせ、普通の移動の日と
なんら変わらない気持ちで、重慶北駅へと向かった。


バスの中 車窓

上清寺から重慶北駅までは、市内バスで約20分で、1人 1.5元

バスからは、ビル群が見て取れた。 
こんなにビルがたくさんあるとは、全く気がつかなかった。



10:50  列車が出発する約2時間前に到着
比較的新しく、最近作られた駅のようだ。

重慶北駅



駅の前は、あまり人も多くなく、ストレスなく構内に入ることができた。

「な~~んや! 楽勝やん!」

と思って待合所に行くと・・・・・・ 
ものすご~~い人であふれかえっていて、座る場所など存在していない!
さすが中国! 甘くはなかった。。。。。 ^^;

仕方がないので、1時間前から、改札口の前に並んでおくことにした。
硬座は安い席とはいえ、指定席になっているので
座る場所の心配はしなくてもいいのだが、問題は、荷物を置く場所の確保ができるかどうか!
なにしろ、中国人民は、荷物の大きさや、その量が半端ではない。
「引越しですか?」と、声をかけたくなるくらいの荷物を持っているのだ。


荷物

そんな荷物を荷台に置かれたら
私たちのバックパックを置けるスペースはかき消されてしまうのは明らかだ。

私たちが乗るのは13車両の47、48席
なんとかして、早いうちに、自分たちの場所までたどりつかねば。

そうこうしているうちに、アッ!いう間にみんなが列に並び始め
その列は、次第に崩壊し、メチャクチャな状態になってしまった。
そして、押しくら饅頭合戦が始まってしまった。

待つ人


ブロックしておかないと、どんどん人が割り込んでくる。
頭にきた妻は、割り込んできたおばちゃんを、おもいっきり列から押し出していた。  ^^;

しかし、押されたおばちゃんは、押された勢いで、さらに前の列に割り込もうとしている。
なかなかたくましい!
また、列に入ってくる人を、プッシュしているスキに、違う人が入り込もうとしてくる。

立っているだけでも疲れるのに、押しくら饅頭大会の参加者になってしまっているので
使うエネルギーもそうとうなものだ。


そして、12:40 改札口が開いた! 

掲示板


そのとたん。。。。。
後ろから、もうすごい圧力で、容赦ないプッシュが始まった。
そのままだと、前倒れになりそうなので、しっかり足を踏ん張り、その圧力に抵抗した。
きっと、横綱の白鳳も、この押しには土俵を割ってしまうに違いない。  ^^;

こけそうになりながらも、なんとか改札口を抜け出し、妻とともに目標の13車両目指して猛ダッシュ!

押しくら饅頭にも、後ろからの圧力にも負けず、ここまで早くたどりつけたこともあり
バックパックを荷台の上に置くことに成功!    

ドッ!と疲れてしまったが、なんだか大きなミッションを成し遂げたような気持ちだ。

それにしても、中国人は列車に乗るのに
いつもこんなバトルを繰り広げているのかと思うと
なんだか尊敬さえしてしまう。



車内

さて、硬座は4人がけと6人がけとに分かれていて
私たちが座ったのは、4人がけのイス

座り心地は、それほど悪くはないが
座席自体が狭いので、やはり窮屈さを感じる。




定刻の 12:52 列車は拳枝花(パンツーファ)を目指して、トラックを抜け出した。

トラック




しばらくすると、バトルをした感覚がウソのように消え去り
中国人とたわいない話をしたり、移り行く景色を楽しむ普通の列車の旅となった。

車窓1 車窓2

車窓からの眺めは緑が多く、目にやさしい



車内販売 カート

車内販売は、値段がちと高いので買わないけど
どんなものが売っているのか、興味津々!



となりあわせた、中国人のお姉さんが、鴨肉を「おひとつどうぞ!」と渡してくれた。
その肉がメチャ!おいしかった!
食べ終わると、次から次へと肉を渡そうとしてくる。
中国人の親切に出会え、心もお腹も満たせたことが、とても嬉しかった。

鴨肉 お姉さんたち

お姉さん! 謝謝!




どこまでも続く、緑の大地が素晴らしかった ↓

車窓3








夕食はインスタントラーメン ↓

インスタントラーメン

中国の列車には、お湯があるので
インスタントラーメンさえ持っていればOK!
マイコップがあれば、コーヒーも飲めるよ!



ただ・・・・・・硬座なので、眠れな~~~~い!  

あまり、もたれかけれる場所もなく、体をひねることもできないので
足はむくむし、首、腰は痛いし、肩もこる!

しかし、よく見てみると、人民も同じように苦しんで(?)いたので
この不快さを彼らとともに、シェアーすることにしておこう!





カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年5月現在のものです。

0
スポンサーサイト

謝謝!

bibinbaさん おかえりなさい

といいますか いらっしゃ~い?^^;

それにしても、列車に乗るだけで

すごいエネルギーいりますね ひゃ~ わしゃ無理じゃ^^;
[ 2010/07/17 19:08 ] [ 編集 ]

コメント

謝謝~!  v-290

帰ってきたのですが、なんだか日本に滞在してる感覚のほうが強いです。 ^^;

中国人民と、一緒に列車やバスや飛行機に乗ると
大変な部分も多いのですが、意外と楽しいことも多いんですよ~  ^^

ゆかえる愛さんもぜひ!(笑)
[ 2010/07/17 20:22 ] [ 編集 ]

いや~、さすが中国ですね!
駅の人の人数がハンパないですwww
ここではサバイバルですね!
割り込めないようにするには、嫌かも知れませんが前に並んでいる人に、隙間1cmもないくらいにピッタリくっ付くことです!
これはパリで習いましたw
あそこも割り込み当たり前のラテンですのでwww
中国もラテンも肌が触れ合っても押しのけても気にしない人種で似た同士なのかもしれませんね。

でもこういうのってストレスですよね~。
少しでも快適に過ごしたい人からしたら・・・。

てか、電車の中の皆さん、疲れきって寝てますねw
[ 2010/07/18 00:28 ] [ 編集 ]

硬座の難点は

荷物の置き場所が、あまりにも少ないんですよね~

寝台なら、ちゃんとコンパートメントになっているので
他の人が入ってくる心配がないので、荷物も楽に置けるのですが。。。。

なので、指定席になっていても、争奪戦をしないといけないので
乗り込む前から、かなりのエネルギーを消費してしまいます。  ^^;
人民も、同じ人間ですから、疲れると思います。

>隙間1cmもないくらいにピッタリくっ付くことです!

くっつきたいのですが、私たちはコロコロバッパック
そして人民は大荷物をかかえているので
どうしても隙間ができてしまい、そこに割り込んでくるんですよね~
しかも、荷物を入れ込んでくるんですぅぅぅ。  ^^;

まあ、それも旅の一部ですし、こうしてブログのネタにもなるので
よし!としましょう!  v-410
[ 2010/07/18 10:26 ] [ 編集 ]

逞しい!

旅人と話をすると、みんな口を揃えて「中国人は凄い!絶対に並ばないし割り込むし、マナーが全然なってない」と言います。
でも、これが中国なんですね。私は根性ないから、押しのけられちゃいそう(笑)。列車の中での会話とか、和む場面がなければ悪い印象しか残らないですね。
だから、トミーさんのブログにすっごい価値があるんです!いいとこも、悪いとこも、全部出しでお願いします♪
[ 2010/07/21 09:35 ] [ 編集 ]

かのちゃん♪さん!

そういうことは・・・・・・・

もっと言ってぇぇぇぇぇ~~~~~!!! v-81  
嬉しいなぁ~~~! v-411

v-16  思わず木に登っちゃいますよ! 笑


やっぱりかのちゃん♪さんは、ほめ上手!  v-221


>「中国人は凄い!絶対に並ばないし割り込むし、マナーが全然なってない」

ハイ! ほんと~~です! 笑

しかし、中国に行くたびに、少しづつマナーが向上していることを感じます。
(もちろん状況によりけりですが。。。)

例えば、公共の場でもゴミをホッ散らかすのが通常だったのが
ちゃんとゴミ箱が設置され、ゴミをばらまく人には、眉をひそめる人も多くなりました。
経済的に豊かになりつつある証拠だと思います。
[ 2010/07/21 20:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/224-fd5ed72e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。