スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プーケットからマレーシアのペナンへのツアーバスはちと高い 



2010年6月16日

バンコクのカオサンから、各地へと行くツアーバスの値段は、結構安いのに
行った先から、次の場所へツアーバスで移動する際の値段は、なぜだか高い。

きっと、バンコクから安いツアーバスに乗せてしまい、安いと思わせておいて
あとは、ツーリストに何も考えさせない作戦なのではないんだろうか?

プーケットタウンや、パトンビーチでペナン行きのバスのチケットの値段を聞くと
調べた中で、一番安いところで950バーツ(2755円)
高いところで1300(3770円)バーツもしていた。

情報


妻いわく
「なんで、こんなに高いの? 
確かに、ツアーバスのチケットを買えば、楽にペナンへ行けるけど
高い上に、ぜ~んぜん面白くない!」
とのこと。

そこで、プーケットから、公共のバスと鉄道を使って移動することにした。


16:00 まずは、パトンビーチからソンテオ(1人25バーツ 73円)で
プーケットタウンのバスターミナルへ

20:50 2等ACの夜行バス(1人267バーツ 774円)に乗って
ハートヤイバスターミナルへ移動。

しかし、終点のハートヤイバスターミナルまでは行かず
途中、ハートヤイの鉄道の駅の近くで降ろしてもらうよう
バスの運転手さんに頼んでおいた。

ハートヤイの駅から、ペナンへの玄関口のバタワースまで
列車で移動をする予定にしていたからだ。

夜行バス

2等AC夜行バス ↑

がっ!
翌日の6月17日、早朝の3:30に降ろされた場所は。。。。。
なんと!ハートヤイのバスターミナルだった!  って、おい! 

ハートヤイバスターミナル

朝の3:30に着いた、ハートヤイバスターミナル ↑
タイのいろんな場所からたくさんのバスが到着するので
早朝といえど、けっこうにぎやかだ。


バスの運ちゃんにいくら怒ったところで、ここまで来てしまってはどうしようもない。。。。。
結局、面倒くさいけどハートヤイの駅まで、路線バスで移動しないといけなくなってしまった!
と思ったら。。。。。

妻はそのことを見越していて、こうなった場合の次の手を打っていた! 
さすが! ← 尊敬のまなざし  
 

まずはバスターミナルから、マレーシアとの国境の町パダンブサール(タイ側)まで
ローカルバスで移動し、徒歩でイミグレを通過して
パダンブサール(マレーシア側)から鉄道に乗って、バタワースへ
そして、バタワースからペナンへ渡るというルート。

その移動のルートがこちら ↓

プーケット~ペナン 地図

黒い線はバス
赤い線は鉄道

5:45 ハートヤイバスターミナルからパダンブサールへ ローカルバスで1人42バーツ(121円)

8:00 タイ側のパダンブザールに到着 バスに乗車している大半の人がここで下車   

8:30 小休止後、タイ側のイミグレを通過  ↓

イミグレ

車とバイクの行き来がほとんど。



パダンブサールという名前はタイ側、マレーシア側の両方に存在する。

看板



歩いてマレーシアのイミグレへ  ↓

国境

歩いている人は、私たちしかいなかった。



9:00 マレーシア側のイミグレを通過  ↓

国境へ

道は歩きやすく、新たな国に入るので妻の足取りも軽い。
入国後は時間が+1時間となる。





10:20 マレーシア側にあるパダンブサール駅からバタワースへ 1人11RM(308円)

鉄道

乗車時間は3時間ほどだけど、マレー鉄道に乗れて気分はウキウキ。
しかし、走り出したとたん爆睡 


駅の様子(左)と、車内(右) ↓

鉄道 車内




13:30 バタワース駅に到着

到着すると、すぐにペナンへ行くフェリー乗り場があり、
列車を降りた旅人や、地元の人たちは、ぞくぞくとフェリーへと乗り込んでいく。

駅のすぐ隣は、大きなバスターミナルがあり
ここから、マレーシアの各地を行き来するバスが離発着している。 ↓

バタワース バスターミナル




私たちは、すぐにはペナンへは渡らず
しばらくここのバスターミナルで、マラッカ行きのバスの情報を集める。 ↓

チケット売り場

たくさんのバス会社があり、カウンターの前では売り子さんがいて
競うようにチケットを売っている。
私たちが調査した結果、ここからマラッカへのバスの値段は1人40RM(1120円)


ちょっとお腹が空いたので
バスターミナルのすぐ近くにある食堂でチキンライスを食べた。 3.5RM(98円) ↓

チキンライス

なかなかおいしかった! ^^



15:35 フェリーに乗船 

バタワース→ペナン(往路)は1人1.2RM(34円)
ペナン→バタワース(復路)は無料 

フェリー




遠くに、ペナンの中心にある、コムタタワーが見えてくる。 ↓

ペナン




15:55 約20分の短い船旅を終え、ペナン港に到着  ↓

フェリー



フェリーを降りたところにある売店  ↓

ペナン港



売店を過ぎると、バスターミナルがあり
ペナンの各地へ行くバスが待機している。 ↓

バスターミナル




こちらは、ペナン港とコムタタワーを結んでいる無料シャトルバス ↓
MPPPと表示している。

MPPP



ここまでの移動費は、しめて1人1239円。
プーケットで見たツアーバスの最安値が950バーツ(2755円)だったので
その半額以下の値段でここへ来ることが出来た。

もちろん、ここまでのルートを調べたり
着いた場所では、地元の人にその場所を確認したり
次の行き先のことについて尋ねたりしないといけなし
各区間の移動には、かなりの時間を要したけど
バスに鉄道にフェリーと変化に富んでいて、結構楽しい旅だった。
なによりも、妻の目標(?)だった、リーズナブルな移動ができてよかった! ^^

妻のモットーは 「旅は、安く、楽しく、面白く!」

でも、移動だけで疲れきってしまうことや、つらいだけのこともしばしばだけど
まあ、それはそれで、記憶に鮮明に残るので、良しとしよう。 






カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年6月現在のものです。

0


スポンサーサイト

移動の旅

すごい!
読んでいて、ほんとにすごい移動の旅だな~と思いました。あの手がダメならこの手・・・さすがジュミーさん。こういう情報も、現地調達なんでしょう?
バックパッカーは情報収集が鍵ですもんね。
こんな旅、もう出来ないだろうな~ってつくづく思います。というか、こんな凄い旅はしたことないけど。
トミーさんとジュミーさんの最終目標はどこにあるんでしょう?世界制覇?
久しぶりにコロコロの姿が見れて嬉しいです♪
[ 2010/09/01 12:54 ] [ 編集 ]

移動の旅は

楽しいときもあれば、苦しいときやつらいときありで
なんだか水戸黄門の歌にある
♪ 人~~生 楽ありゃ 苦もあるさ~ ♪
似ている気もします。 笑

私たちも、こういう移動をした翌日は
体が言うことを聞いてくれないようになっているので
ゆっくりと過ごすようにしています。
かのちゃん♪さんの方が、パワーがあるかもです。ハイ! ^^;

コロコロ旅は、インドでも続きますよ~~ v-221
[ 2010/09/01 20:46 ] [ 編集 ]

プーケットから同じく

実は今プーケットにロングステイしてまして、来週にタイ滞在が一ヶ月をすぎるのでお二人のルートでプーケットからパタンブザールへ行き、またプーケットへ帰る事を計画してま。明日にはプーケットタウンのバスターミナルへ行き、バスの時刻表を確認して、5日-6日の夜バスで行きたい考えです。お二人はバスで窮屈な思いや、不便な事などありましたか?
[ 2012/03/03 10:58 ] [ 編集 ]

こんにちは!

プーケットからパタンブザールまでの移動ですが
私たちには、特に窮屈な思いはしなかったですね。

ただ、旅の移動方法は、旅する人によって
同じルートをたどっても、楽勝の人もいれば
不快な思いをする人もいますので、あくまでも私たちは!です。

おそらくですが、ノビさんも問題なく往復できると思いますよ~
道中お気をつけて! ^^
[ 2012/03/03 19:53 ] [ 編集 ]

プーケット

返信ありがとうございます。
プーケットタウンのバスターミナルで確認すると、Sadao経由かサダオ行き21時を進められたのでそちらで行きます。プーケットへ帰るバスもどうにかなるでしょう。バスターミナルまで原付で行き、ターミナル横か周辺に原付は止めるけど多少盗難が心配です。
[ 2012/03/04 00:21 ] [ 編集 ]

気をつけて、出入国してきてくださいね。

日本は寒いので、タイに戻りたいです。
[ 2012/03/04 15:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/246-ab43d5f6






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。