スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ペナンヒル登山 



2010年6月25日

極楽寺からの眺めに刺激され、ペナンヒルにも登ってみよう!ということになり
この日は、どこから登れるのかネットでいろいろ調べてみることにした。

いくつかのコースがあるようだが、道が簡単で、迷わずにすみそうなのが
ボタニックガーデンから登るコースのようだ。

※ 2010年6月現在、ペナンヒルのケーブルカーが故障していて工事中なので、
山頂に楽に上がりたい人は、ボタニッガーデンから車を使うといいだろう。
ただ、料金は乗車前にチェックをお忘れなく!

ただ、見つけたHPや、ブログの主さんいわく
「もう二度とゴメン!」とか「もうこりごり!」と書いてある。。。。

舗装されている道をひらすら歩くことを想像すれば
なんとな~~くわかる気もするが
「実際に歩いてみないとね!体験してみよう!」
ということで、ボタニックガーデンから歩くことに決定!

ペナンヒル 地図


2010年6月26日

ボタニックガーデンまでは、フェリーターミナルのバス乗り場から10番のバスに乗って
約1時間15分(交通事情により時間は異なる) 1人 2RM(56円)

バスを降り、ボタニックガーデンのすぐ横から、上へと伸びる舗装道を歩いていく。↓
(赤い屋根の建物の横を入る。)
 
入り口




最初、その道路を見た瞬間「ここを登るの?」という驚きと、後悔の念がわいてきた。 ^^;
すごいこの急坂が5kmも続くのだ。
しかし、入り口に立った以上、後には引けない。 

坂道

ものすごい急坂なのに
写真で撮ると、平らに見えていまうのが悲しい。。。。



少しずつ歩を進めていくと、猿や大きな虫が出迎えてくれたが  ↓
勾配がますます急になる坂道に、不安さえ覚えた。

猿 虫



山登りは、階段あり、けものみちあり、ときには葉っぱの敷き詰められた道ありと
とても変化に富んでいて、ところどころに見渡せる景色もあり、登る楽しみというものがある。

しかし、ここの道は、舗装された急勾配の道をひたすら歩くだけで、
景色も何も見ることができない、まさに修行状態!   ↓

急坂




途中にある休憩所で大休止  ↓

休憩所



そこから見える景色はまだわずか。 ↓

景色


ところどころに、登ってきた数字を示してある看板が立っているのだが
いっこうにその数字が増えてくれない。 T_T

日本での山登りなら、普通はけものみちを歩くので、車を目にすることはないが
舗装されている道だけに、車が普通に行き来しているので
車に乗って山頂へと向かう人たちがとてもうらやましかった。 ↓

急坂



しかも、そんな悪戦苦闘している私たちを横目に
年配の方たちが「お先に!」とスイスイ追い越していく。

お年寄りに抜かれ、ますますダメージが蓄積されていき
妻もだんだん不機嫌になっていくぅぅぅ~

これで、「もう二度とゴメン!」とか「もうこりごり!」という意味が痛いほどわかってしまった。
たったひとつの楽しみは、たま~~に道が平らになる瞬間があり、少しだけ距離を稼げるとき。

休息をはさみはさみ、やっと山頂まで500mをきり
少し道が平らになり、あと少し!と思ったとたん
最後にまた急登! 山頂に着いたら倒れそうになった。 

そんなこんなで、2時間15分で登頂!

山頂

山頂は車でいっぱい




そこで待っていてくれた景色は、ペナンを一望できる180度のパノラマだった。↓

山頂からの景色1


景色 パノラマ






妻が準備してくれたココナッツジャムパンに、ミカン、リンゴ、クッキーにコーヒー ↓

昼食

昼食を味わいながら、そこから見える景色を心ゆくまで味わった。




昼食後、くつろぐジュミーさん。  ↓

ジュミー



昼食を食べた場所は、とても見晴らしがよく
たくさんの観光客が訪れ、写真を撮っていた。 ↓

観光客





不思議なもので、その景色を見ていると、登ってきた苦労や辛さが吹き飛んでしまう。

山頂からの景色2





山頂にはおしゃれなレストランがある。 ↓

レストラン




レストランからは見えるペナン大橋。  ↓
 
ペナン大橋



少し右に目をやると、マンション郡が見える。 ↓

団地




レストランだけでなく、山頂でも
仲良くヒンドゥー寺院とモスクが並んでいるのところがペナンらしい。 ↓

寺院 モスク





2010年6月現在、ケーブルカーは工事中で駅は閉鎖されている。 ↓
工事をしていた人いわく、来年には運行できるもよう。

ケーブルカー駅




山頂で2時間半、景色を楽しんだ後、山を下り始める。
登りと違い、下りは少し気持ちの余裕があったので
お猿さんや、道端に生えている植物などを見ながら歩く ↓ 
 
猿 シダ



下りもけっこうきついが、下れば下るほど
「ようこんな道を登ったなぁ~」
と、自分をほめてあげたい気持ちになった。 ↓

下り坂




下り終わり、ボタニックガーデンに立ち寄ってみると
公園内は、走る人や散歩する人おしゃべりをする人など
地元の人の憩いの場となっていた。 ↓

公園



下りはの時間は約1時間30分
最後は、足がガクガクになったけど、とても充実した山行きだった。

えっ? もう一回あの道を歩きたいかって?
私の答えは「もうこりごり!」   




晩ご飯は、宿の近くの屋台街にて  ↓

ストリート


ブラックコーヒーがとてもおいしい! ↓
1杯 1RM(28円)

コーヒー



ワンタンメンスープなし(左) ワンタンメンスープあり(右)
やさしい味で、疲れた体が癒される。

ワンタンメン

どちらも2.5RM(70円)


 
 
 
 
カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年6月現在のものです。

0



スポンサーサイト

いい眺め♪

苦労したかいがありましたね♪
途中で引き返すわけにも行かず、かといって景色もよくわからず、しかも舗装道路!
私なら、迷わずヒッチハイクしちゃいそうです。
ペナンって高層ビルもたくさんあって、案外都会なのに驚きました。

[ 2010/09/23 11:08 ] [ 編集 ]

いい眺めでしょ~

もし、この景色を見ることが出来なければ
骨折り損のくたびれ儲け。。。。くたびれ損でした。

でも、山の女神は、私たちに微笑んでくれて、とても嬉しかったです。 ^^

ペナンは、とても都会ですよ~
私も来てみて、驚きました。

かのちゃん♪さんもぜひ!
[ 2010/09/23 12:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/251-8b3c30d6






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。