スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アグラー・カント駅へ行くも、チケットは購入できず 

2010年10月17日 

7:30に起床して、タージマハルの見える屋上へ
ここで、パンにバナナ、トマトにコーヒーという朝食をとる。 ↓

屋上から

朝のブリーズ(そよ風)がとても心地よい。


こうして朝食を食べながら、タージマハルを見つめていると
異国に来た!という感じが増してくるし
なんとも贅沢な時間を過ごしているように感じるのである。 ^^


ここで、ひとつ気をつかないといけないことが!
気を緩めると、猿の軍団がやって来るんです! 

一瞬のスキに、ゴミ袋を持っていかれた!
まあ、持っていった猿は、ガッカリしたことだろうけど
十分注意をしておかないといけない。


それと、注意ついでにもうひとつ。
私たちが新しい宿に入ったときにするのが
持ち物(貴重品)を、部屋のカギとともに、写真に収めておくこと。 ↓

証明写真.JPG

こうして部屋のカギと一緒に写真を撮ることで
万が一、部屋で持ち物の盗難の被害にあった場合
ちゃんと所持していた!という証明にするためだ。

以前、カンボジアを旅したときに
泊まっていた宿で、パソコンとデジタルカメラの盗難の被害にあった中国の女の子たちが
宿のスタッフに
「部屋にそんなものが置いてあった証拠を見せろ!」
といわれていたのを目の当たりにしてから
必ずしている行事(?)なのである。
何事にも、気をつけておかないとね! 



さて、今日はアグラーにあるもうひとつの鉄道の駅
アグラー・カントへ行くことにした。

目的は、アグラーからカジュラホへ行くためのチケットの購入。

宿からカント駅までは、地図で見ると
およそ片道9kmはあるだろうか?

とりあえず、10:00過ぎに宿を出て歩き始める。

今日はお祭りなのか、大きな大音量の音楽を響かせながら
たくさんの人が街を歩いていた。 ↓

お祭り.JPG

近づくと、色粉をぶつられるかもしれないので
出来るだけ距離をおいて、写真を撮った。 ^^;




真っ直ぐの道を、ひたすら歩く。 ↓

道




あまり何もないので、だんだんと退屈になり
距離もあったので、オートリキシャを初めて拾ってみた。 ↓

オートリキシャ


ところが、このリキシャ、途中まではちゃんと真っ直ぐ走っていたのに
急にヘンな筋に入っていくではないか!

ジュミーさんと、ふたりしてブー!ブー!いうと
「もう、ここで降りろ!」
ということになった。
おそらく、どこかの店のでも連れて行くつもりだったに違いない。

こっちは、ちゃんと地図で道を確認していたから
すぐにわかったけど、やはり気をつけないといけないことが
改めてわかった。

まあ、何はともあれ、少しは進んだのでよかった。
そのまま、駅に向かって歩いていると
カント駅の看板が出てきた。 ↓

カント駅へ



カント駅に到着したのが12:00過ぎ。
遠いので、時間がかかってしまった。。。。
というか、この距離を歩こう!というほうが無謀なような。。。ハイ! ^^;

カント駅で、カジュラホ行きのチケットを購入しようとしたが
鉄道の本数が少ないせいか、希望の日にちは全然空いていなかった。

なのでジュミーさんと、どうすべきか考えていると
あれれ??? カウンターが閉まってしまった!

そうか!今日は土曜日だから、14:00で
予約席のカウンターはお終いになるんだった。

せっかく、ここまでやって来たのに。。。。 

少し落胆してしまったが、これはきっと
「カジュラホには行かないほうがいいよ!」
という旅の神様の導きかもしれない!と思い直し
インフォメーシュンセンターで、あれこれ情報収集することにした。

これは、インドの鉄道の時刻表 ↓

タイムスケジュール

とても見やすく、わかりやすい。




情報収集していて気がつくと、もう16:00をまわっていた。 ^^;
お腹が空いたので、サモサでもどうぞ! ↓

プリーをどうぞ.JPG

5ルピー(10円) ^^




宿へ帰るのに、再びオートリキシャを捕まえた。
帰りは往路の教訓を活かして、運ちゃんに

人と待ち合わせをしていて、時間がないからとにかく早く帰りたい!

ということを伝え、交渉の末、30ルピーで宿の近くまで行ってもらうことにした。 ↓

オートリキシャ

この運ちゃんは、まじめに走ってくれて
とてもスムースに帰ってこれたので
あとで、いっしょに記念撮影をさせてもらった。 



宿に戻ると、もうすっかり日は傾いていた。 ↓

夕日




宿の近くの通りでは、お祭りが続いていて
夜というのに、これまた大音量の音楽を鳴らしながら
行列が行進していた。 ↓

通り



日ごろのうっぷんを晴らすかのように
インド人はおおはしゃぎ! ^^; 

馬車



でも、あまり見にすることのない光景なのでワクワク 

ワゴン




夕食は、昨日食べた同じ店にて、同じタリーを食べた。 ↓

タリー

30ルピー(60円)
本日は、ごはんにうめ茶漬けをふりかけてみた。
う~~ん!ベリーグッド!
やはり日本の味は、いいですね~ 

あ~~、それにしても、今日も1日よく歩いたなぁ~!




インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年10月現在のものです。

スポンサーサイト

こうぇ~~~~!

タクシーみたいな乗り物でも変な所に連れて行かれるの~??
ちょっと、やっぱり今度トミーさん達に一緒に回ってもらわないと行けないわー
それに勉強になりましたよ。
宿に着いたら持ち物の写真を撮らなきゃならないってこと。
やっぱ、トミーさんのブログで行った気持ちになっておくわ・・・
[ 2011/08/22 18:21 ] [ 編集 ]

アハハ☆

いや!全然怖くはないんですよ~

ただ、どうしてもリキシャはトラブルになりやすいので
私たちは極力避けていました。

でも、インド人って、ムチャクチャしてくるので
こちらもムチャクチャできて、けっこう楽しいんですよ♪
ケンチャナヨ v-222

それと、部屋のことですが
私たちの泊まる宿は、どうしてもセキュリティが甘いようなところなので
自分自身で守っていかないといけないんですよね~

しかし、どこに泊まっても、これくらいのことは
しておいたほうが良いかもせれませんね。

PS
今日からnaoさんのことを「お姉さま!」と呼ばせていただきます。
お姉さま! 高級なお寿司屋さんに v-377 連れてって~~ 笑
[ 2011/08/22 19:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/280-8e9617e6






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。