スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ババゲストハウスに移動後、街をブラブラと散策 

2010年10月22日 

シバゲストハウスは清潔で、なかなか居心地の良い宿ではあったが
ネットの環境がないのが、私たちにとって大きなマイナス!

なので、お昼の12:00にチェックアウトして
すぐ隣のババゲストハウスに移った。

ババゲストハウスの玄関 ↓

ババ玄関

ここの宿の奥さんは韓国人
(奥さんといっても、全然若い!アガシー(娘さん)です。)
なので、韓国人が多いのかと思いきや
ほとんどが、日本人ということだった。




私たちが泊まった部屋は5階にあり
ドミトリーのすぐ隣の2人用の部屋 ↓

部屋

1泊 225ルピー(450円)
ここも、そんなには悪くない!
※ 窓のそばに、絶対ものを置かないこと!
私は、猿に目覚まし時計をとられました。 




部屋を出ると、そこはドミトリー ↓

ドミ

確かに、7割くらいが日本人のバックパッカーだった。

ここで、デリーのメインバザールストリートで出会い
宿を教えてもらった女の子と再会!
とても嬉しかった! 


 
ここは、ババゲストハウスの屋上からみた景色。 ↓

ガンガー



ひとつアレッ?!と思ったのが、ガンガーの水量があまり多くないこと。
もっと、大きくて雄大な流れを想像していたので
少し物足りないように感じてしまった。
まあ、乾季のときは、仕方がないことなのかもしれない。
現に私たちがインドへ着てからは、一度も雨が降っていないのだから。

ガートへ



なかなかいい眺めなのだが、ここも猿  が多く出没しているので
飛び掛られたり、噛まれたりしないよう
屋上での見学をするときは、木の棒を持参しておくのがよい。
近づいてきた場合は、その棒を振り回すと、逃げていくのだ。

屋上から.JPG



お昼はチョウメンを食べる。 ↓

やきそばや



チョウメン 20ルピー(40円) ↓

やきそば




お昼を食べてからガートに出てみた。↓

ガート



信仰の川なので、お供えをこしらえているのかな? ↓

おばさん




ガートには、それぞれ名前がつけられている。↓

26 牛とガート.JPG




なんだかとても気持良さそう! ↓

28 ボート.JPG




お昼。。。。というか、夕方のガートは人も少なく
のんびりした雰囲気がある。 ↓

ガートの様子




沐浴は、人間だけでなく、彼らもしていた。 ^^; ↓

牛のお尻




ガートに沿ってずっ~~と歩いていくと
マルカルニカー・ガートに着くことができた。

ここは、火葬場で、亡くなった人が運ばれてきて
その遺体はここで焼かれ、灰になると川に流される。

写真を撮ることは、固く禁止されているので写真はないのだが
焼いているところを見ていると、手や足がそのまま見えているので
とても生々しい。

しばし見学をしていると、薪代をせびりにくるやからがきたので
すぐにその場を離れた。

ここは、そのガートから出てきた商店街 ↓

通り1 通り2

土産物屋やお供え物屋に衣料品に食料品店などが
ズラリとならんでいる。
遺体は、何人かの男たちに抱えられ
ここを通っていくのだ。



通りを抜けると、人だかりがあったので
近づいていってみると、自転車屋台だった。↓

お菓子屋



これは。。。。なんて説明したらいいんだろう?!
ポポロンの皮の中に、ジャガイモとカレーが入ったものかな?

お菓子

8個 5ルピー(10円)
実はこれ。。。。。メチャおいしい!
人だかりが出来るのも、納得の一品! 

おっちゃんは、8個で10ルピーと言っていたが
近くで食べていた女の子が8個で5ルピーだと教えてくれた。
なんて、優しいんだろう! ^^




夕食は、タリー ↓

タリー

25ルピー(50円)
量もあって、まずくはないけど。。。。
味があまりないというか、薄いというか。。。。
もう少しはっきりして欲しいなぁ~


宿に戻ってからは、ネットをしようと思っていたけど
どういうわけか、この日は全くつながらなかった。
まあ、インドだから。

ここで、アグラーで出会ったNさんご夫婦が
同じ宿に泊まっていたことがわかった。

20代前半のとても若い夫婦だけど
自分に必要なもの、不必要なものを良く知っていて
一緒に話をしていると、学ばせてもらうことがたくさんあった。
とても楽しくて、充実した時間を過ごせた。 



インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年10月現在のものです。

スポンサーサイト

さ、さ、さる~~~??

アタシも目覚まし盗られたい!ww
猫みたいに猿が普通にいるってこと?
益々興味津々だわ。
まだちょっち怖いけど・・・

前にもあったチョウメンって何麺?
春雨的?それともタマゴ麺?
どんなのかおせーてーー!!
[ 2011/08/26 19:23 ] [ 編集 ]

猿が去る!

naoさん!
猫どころではありません!
集団で20~30匹はいます。 ^^;

旅人の中には、噛まれた人もいるのでかなり要注意なのです。
現に、私も、手に持っていたバナナを取られました。
それに、インドは狂犬病も心配なので、犬にも近づけないんです。

すいません!不安なことばかり書いてしまって!
でも、それくらい警戒して、ちょうどいいくらいかもしれません。

チョウメンですが、麺は普通のタマゴ麺だと思います。
日本で食べるヤキソバが、断然おいしいです!

[ 2011/08/26 19:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/285-045c6e42






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。