スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガートの早朝散歩と、ショッキングなニュース 

2010年10月26日 

5:00に起床

空気が入れ替わったのか、今朝はとても肌寒い。
鼻水が出てきたけど、大丈夫かな?

ドミトリーで泊まっている旅人たちも
みんな毛布にくるまって、小さくなっていた。

今日も早朝のガートへと出てみた ↓

朝のガート



昨日と変わらず。。。。
というか、おそらく毎日こんな感じで
朝は沐浴する人やボートへの勧誘をする人
観光客で、ごった返しているに違いない。 ↓

観光客のボート



昨日は、ボートからの朝日を拝み
今日は、ガートからの朝日に手を合わせる。 ↓

朝日1




なんだか、とても楽しそうですね~ ↓

沐浴




おぉ! ちゃんと祈りを捧げてますね! 

祈り



でも。。。。
すぐお隣は、こんな感じ。^^; ↓

水浴び



朝風呂は気持がいい???

水浴び1

まあ、さっぱり、スッキリはするでしょうけど
この水ではね~ 




ガートの様子 ↓

ガートの様子




サリーを着た、女性の集団 ↓

サリー




ガートにはそれぞれの名前がある。 ↓

看板




なんだか、インド~~~!
という感じの雰囲気を持つおじさんだったので
写真を撮らせてもらいました。 ↓

いい味!




いろんな角度から撮ったガートの写真です。 ↓

162 ガート全体.JPG





180 ガート全体振り返ったところ.JPG





ガート建物



朝の6~7時頃は、多くの人の沐浴シーンが見れるが
お日様が上がってからは、沐浴というより
楽しそうに水浴びしている人が多いような。。。。^^;

沐浴シーン



水浴びをしたあとは、散髪をしたり ↓

かみそり




ヒゲを剃ったりしている姿を見かけます。 ↓

散髪?

朝のガートは、やはりおもしろい! 



ガートでインド人ウォチングをしていると
私たちの前にラビが現れ、ショッキングな話をしてきた。

なんと、昨夜、日本人の旅人が麻薬中毒で亡くなったらしいのだ。 
しかも、場所を聞けば
私たちの泊まっているババゲストハウスのすぐ近くの宿だった。

日本語を話せるラビが夜中に呼び出され
日本へ電話したり、いろんな手続きの手助けをさせられたようだった。

身近にこういうことが起きて、ほんとうにショックを受けた。
インドでは、1年に行方不明の日本人が、何人か出るという噂があるが
麻薬との関係が、ほとんどなのではないんだろうか?

くれぐれも麻薬には手を出さず、近づかないでほしいと思う。 


ラビと別れたあとは、もうしばらくガートを散歩して
久美子ゲストハウスに行ってみた。 ↓

クミコハウス

「見るだけ!」の旅人には
部屋を見せてくれないらしいので
外から写真だけ撮ることにした。 

 


宿に戻る途中で買ったバナナ 20ルピー(40円)↓

バナナ




ケーキも買ってみた! 2個で12ルピー(24円) ↓

ケーキ

ひとつはやわらかくてまずまずの味だったけど
もう片方は、カッチカチ! 時計の針じゃああるまいし!
松田優作じゃあないけれど
「なんじゃこりゃ~~!」
と叫んでしまった! 



どうにか、早朝散歩は無事楽しめたけど
まだ気分がすぐれず、食欲の出ない私は宿に戻ったあと
お昼ごはんもあまり食べず、すぐ横になった。

いったん調子を崩してしまうと
インドの食事が喉を通らなくなってしまっている。

お腹はそれなりに空いているのに
どうしても「食べよう!」という食欲がわいて来ないのである。

こんなときは、お粥やおじや、野菜サラダなどが食べたいけど
ここはインドなので、仕方がない。 

食欲が出ないのが、思っていた以上につらい!


なので、夕食は、せめて似非でもいいので
「日本料理を食べに行こう!」
というジュミーさんの計らいで
モナリザレストランに行った。  ↓

食堂




天ぷら定食 45ルピー(90円) ↓

定食




野菜ラーメン 35ルピー(70円) ↓

ラーメン


インドの日本食レストランは、全然おいしくない!
という噂を耳にしていたので、ほとんど期待していなかったけど
そんなには、悪くはなかった。

天ぷら定食は、揚げたてで、サクサクしていたし
ラーメンも、想像していたよりも良かった!

似非とはいえ、少しは食べることが出来たので嬉しかったし
元気も出た!

明日は、ここからプリーへ向けて出発しなければならない。
鉄道に揺られるのは17~18時間と、かなり長い。

体調を考えると、かなり心配だけど
行かねばならぬホトトギス!  

旅人はつらいよ! トミ次郎! 



インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年10月現在のものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/289-564684ba






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。