スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

予定より10時間遅れてプリーに到着 ^^; 

2010年10月28日 

バラナシからプリーへ移動の地図 ↓

バラナシからプリー地図



5:00トイレへはいる。
昨夜から何回目のトイレだろう?

夜に何度も眼が覚め、お腹が張るのでガスを出したいが
お腹がゆるいせいで、実も一緒に出そうになる。

なので、オナラの度に、トイレへ行かなければならなかった。
まだ食あたりの影響が、濃く残っている状態だ。
鼻もズルズルしていて、かなりつらい。 

ただ、シートはスリーパーなので
体を横に出来るのがとてもありがたい!

7:00に持っていたバナナとビスケットを食べた。

駅員さんに、到着時間を確認すると
なんと、15:00頃になるらしい。
ということは、10時間以上の遅れ!?

昨日は「鉄道との相性がいい!」なんていっていたけど
ちゃんと、こういう状況を経験させてくれているようになっている。

まあ、駅で待っているのなら、イライラするだろうけど
列車に乗っていて遅れるのは、そんなに苦にはならない。

こちらは、ノンエアコンのスリーパーの様子 ↓

ベッド



各駅に到着するたびに、いろんな食べ物が窓から見れて楽しい ↓

駅1



これは、カレーのクレープ。。。かな? ↓

駅2




ここからは、車内販売をしている人々の紹介です。 ↓

30 29



31 32



42


33 36



46



51 54

インド人は、カメラを向けても全くいやな顔をせず
むしろ、快く写真を撮らせてくれるので助かる。
みなさん!ご協力ありがとうございました! 



かなりやつれたトミーさん ^^; ↓

38 トミーさん.JPG




田園風景がずっと続く ↓

風景

昨日から、ほとんど景色が変わっていないような。。。
やはり、インドは広い!



陸橋を越えると、プリーまでもう少し。 ↓

橋




10時間遅れの15:00に、プリー駅に到着 ↓

到着



どうやらこの列車は、ニューデリーから来たようだった。 ↓

看板



駅を出ると、いつものごとく
オートリキシャとリキシャに取り囲まれるが
彼らをかき分けて、サンタナロッジへと向かう。

歩いて約30分でサンタナロッジに到着 

ここの宿は、1人140ルピー(280円)で
部屋&2食(朝、夕)&チャイ(朝、夕)がセットになっている。
しかも、日本人しか宿泊できない宿なのだ!(おそらく。。。)

ここへ来る前に、宿を調べた結果
食事付き!という言葉に引き寄せられ
迷わずやって来たのである。

サンタナロッジはサンタナ兄弟の三男が経営していて
長男は、別の宿を経営し
次男は、日本で「サンタナ」という
インド料理店を出しているそうな。

チェックインを済ませると、すぐにチャイを出してくれた。

サンタナロッジの場所はこちら。 ↓

サンタナロッジ地図



3階の私たちの部屋 ↓

部屋

ベッドがゴツゴツしていて、寝にくかった。



少し外に出てみたが、電気が少なくちょっとさみしい感じ ↓

夜の通り




19:00 待ちに待った食事がこちら! ↓

焼き飯

焼き飯 ↑



オムライス ↓

オムライス

おいしい! 


ローコストでこれだけの食事ができるなんて!
なかなかやるなぁ~サンタナロッジ! 
お腹を壊し、なかなかインドの食事がのどを通らない私にはとても助かる。
これで元気になれそう! 

ちなみに夕食は、焼き飯、オムライス、タリー、おじや、野菜ラーメンなどがあって
その日の夕方までに、自分が食べたいものを注文しておけば
食べることができます。

インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年10月現在のものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/291-2c460916






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。