スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プリーからコルカタ経由でニュー・ジャルパイグリまでのチケット購入 

2010年10月29日 

7:30に目が覚めた。
昨夜は、蚊が入ってきてうるさかったけど
はて?どこから入ってきたんだろうか?

8:00になると、チャイがやってきた!
それだけで、なんだかとても嬉しい! 

9:00になると、今度は朝食が運ばれてきた~^^ ↓

朝食

トーストと目玉焼き
お味もグッド! 
少しは食欲も戻ってきたぞ!



3階には、こうしたくつろげる場所がある ↓

くつろぐ

朝食後、地球の歩き方を読むジュミーさん。 ↑
行き先をブッタガヤにするか、ダージリンにするか考え中。
ジュミーさん「ダージリン」という名前の響きが気に入っていて
おそらく、ダージリンへ行くことが濃厚なようだ。




宿の屋上から見た景色 ↓

景色



お昼過ぎまで、行き先を協議した結果
やはりダージリンへ行くことにした。

ブッタガヤのほうが、ネパールへ入国するのに
アクセスが良さそうだったけど
どっちに行きたいか?ということを考えると
「ダージリン」という名前に惹かれるのである。

ならば、早めにダージリンへ行くための鉄道のチケットを買っておこう!
ということになり、14:00前に宿を出た。

ここは、宿を出たところの通り ↓

通り

今まで訪れた場所は、ほとんど晴れていたけど
プリーは雲っていた。 




サンタナ兄弟の長男さんが経営している
ホテル・サンタナの屋上からの景色 ↓

上から見た通り



こちらは、サンタナの中庭 ↓

中庭

高級な方のホテルだ。




海に出てみると、漁師の村があり
多くの人が漁をしていた。 ↓

海.JPG




しかし、すぐ横では観光客が波打ち際ではしゃいでいた。 ^^;↓

ビーチ




外国人が珍しいのか、我々を見ると
写真を一緒に撮ろう!と言い寄ってくる人が多い ↓

写真

写真を写しているところをパチリ☆ 
実はこのとき、私は10人くらいの
インド人に囲まれて、写真撮影をしていました。^^;



駅に着いたのが16:00
さあ、無事チケットを買えるかな?

駅


駅の窓口はそれほど混んでおらず
並んで待っていると、我々の順番がすぐまわってきた。

いろいろ調べてもらった結果
プリーからニュー・ジャルパイグリ(ダージリンが最も近い鉄道駅)
までのダイレクト便はなく
いったん、コルカタのハウラー駅で乗り換えなければならないようだ。

なので、私たちが購入したチケットはこのようになった。 ↓

11月3日 20;00 プリー駅 →  翌日11月4日 5:00 ハウラー駅
11月4日  17:30 ハウラー駅 → 翌日11月5日 6:15 ニュー・ジャルパイグリ駅

1人 367ルピー(734円) ノンエアコンのスリーパーシート

コルカタでの乗換えの時間が12時間あるので
よほどのことがない限り、ちゃんと乗り継げるだろし
それだけの時間があれば、コルカタ市内の散歩も少しはできそうだ。

ただ、今回は一人はUPPERで取れたけど
もう一人はLOWERになってしまった。

まあ、UPPERに荷物を上げておけば、問題はないと思う。


宿に戻る途中にあった寺院 ↓

寺院

たくさんの人が、お参りをしていた。



これも、宿に戻る途中で見つけた、おもしろいアイロン ↓

アイロン アイロン1

日本も昔はこんなアイロンを使っていたんだろうか?



夕食は、オムライスとラーメン定食 ↓

夕食

ここの食事のおかげか
ずいぶん体が回復してきて
お腹がゆるいのがなくなってきた。

ありがたい! 





インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年10月現在のものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/292-1e518f2f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。