スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハッピーヴァレー紅茶園近くを散歩 

2010年11月7日 

7:30に起床

8:00にパン&コーヒー&紅茶&インスタントラーメンで朝食。 

支度をして、9:30にダージリン駅に来てみた。

今日もカンチェンジュンガがきれいに見えている。^^ ↓

ダージリン全体

それだけで、テンションが上がる! 


さて、肝心のチケットはといいますと。。。。
残念ながら、この日のパッセンジャートレインのセカンドクラスの席は
すでに SOLD OUT ! 

しかし、翌日のパッセンジャートレインの
セカンドクラスの席のチケットを購入することが出来た。 

こちらは、パッセンジャートレイン ↓

トレイン

引っ張る機関がディーゼル車 ↑
パッセンジャートレインの映像は    こちら!




そして、こちらがトイトレイン ↓

トイトレイン

引っ張る機関が蒸気機関車 ↑
トイトレインの映像は     こちら!




蒸気機関車の持つ雰囲気がいい!

蒸気





ダージリン駅 ↓

ダージリン駅




明日のチケットが買えたので一安心!
今日は、ハッピーヴァレーの紅茶園にでも散歩がてら行ってみますか。
大きな道に沿って北側に進んでいく。 ↓

大きな通り




途中、パン屋さんでパンを購入。 ↓

パン屋





やはりここは、インドのようでインドではない!
肉屋さんがある!  ↓

肉や




歩くこと20分でハッピーヴァレーに到着 ↓

茶畑




斜面に沿って、たくさんのお茶が育っている。
桜(?たぶん?)も咲いていて、ちょっとビックリ! ↓

桜

残念なことに、この日は日曜日ということもあり
お茶畑で作業をしている人は見当たらず
工場らしき中にもは入れなかった。



でも、買ったパンと持参してきた果物とコーヒーで昼食を取り
お茶畑を眺めながら、ゆっくりと過ごすことができた。

空




お茶畑を楽しんだあとは、高台に上がってみて
そこからダージリンの町を眺めてみた。 ↓

高台から

地元の人が、声をかけてくれて
いろいろと親切にしてくれる。




夕日が傾くと、標高2100mの大地は
少しずつ冷え込み始める。 ↓

夕日




カンチェンジュンガが雲に隠れそう!
明日はパッセンジャートレインに乗るので
晴れてほしいなぁ~ 

かすむ山





夕食はチベタン食堂にてモモ(ギョーザ)15ルピー(30円) ↓

ギョーザ




麺 15ルピー(30円) ↓

麺1




広場では、民族の踊りが披露されていて
多くの人が集まっていた。 ↓

広場




ここの通りはメインストリートで、土産物屋さんが軒を連ねている。 ↓

夜の通り



19:30に宿に戻り、交代でシャワーを浴びた後
プレステージに宿泊中の旅人たちとお話。

24:00 就寝 

インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。


0


スポンサーサイト

ダージリンの町

ダージリンは標高の高い所で作られる高級茶葉…ということは知ってましたが、本当にそうだったんだ‼
と納得(^^)
景色がとても綺麗です。町もいい雰囲気ですね。
[ 2011/09/07 22:53 ] [ 編集 ]

ダージリンは

インド人の避暑地になっていて
訪れている人々の服装を見ると
なんとなくですが、お金持ちそうな人が多かったです。

この町は、世界第三位の山、カンチェンジュンガがあり
世界遺産のトイトレインあり
ダージリンティあり、東洋人に合う食べ物ありで
とても居心地がよく、ほんとうに素晴らしい場所でした。

機会があれば、ぜひ!ぜひ!ぜひ!訪れてほしいです! ^^
[ 2011/09/08 08:52 ] [ 編集 ]

今日もいいもの見せてもらいました❤
行きたいけど、高山病になりそう・・・
一人1000円あったら、食事も含め一日過ごせるって感じだけど、どう?
日本で30円って言ったら桃太郎も買えないよねww
[ 2011/09/10 13:58 ] [ 編集 ]

> 行きたいけど、高山病になりそう・・・

お腹の強いnaoさんだったら、問題ないですよ~ v-392
 ↑
全然関係ないやん! v-359

おそらく、2000mくらいでは
ほんと!全然問題ないと思いますよ~

ジュミーさんも、着いた初日だけ頭が痛くて
翌日は、すっかりよくなっていましたから。 ^^

naoさん! 
インドでは、1日1人1000円あれば
かなり良い旅が出来ると思われます。

中国も、物価が安いと思ってきましたが
一度インドへ行ってしまうと
中国が物価高の国に思えてしかたがありません!笑
[ 2011/09/10 14:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/301-e349c27c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。