スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タイガーヒルからの眺め&バタシアループでのトイトレインの写真の撮り直し 

2010年11月9日 

4:00に起床

念のため外に出てみると、満点の星空が見えた!

宿のオーナーのラジャンさんから
「朝4:00に起きて、星が見えたらGO!
で、見えなかったら中止したほうが無難。」
というアドバイスをもらっていたので
行くことを決め、4:30に宿を出た。

同じ宿の男の子2人もタイガーヒルに行くらしく
乗り合いジープが集まる時計台にいっしょに行くと
今度は、西洋人の女子4人と自然と合流し
ジープとの交渉で、往復1人80ルピー(160円)で折り合いがついた。

タイガーヒルはダージリンから14km離れた場所にあり
標高も2590mの高さがある。
そこから朝日を眺めに行くのである。

5:20にタイガーヒルの入り口に到着 ↓

タイガーヒル入り口

入場料 1人10ルピー(20円)が必要


タイガーヒルには、すでにたくさんの人で混雑していた。
5:30 薄っすらと日が差してきた。 ↓

朝日の前





5:55に朝日が顔を出した。  ↓

朝日

山の朝日は格別ですね! ^^


朝日を眺め、うっとりとしていると
みんな、いっせいに引き上げ始めた。

いくら朝日を見るためにここへ来たといっても
引くのがあまりにも早すぎる!

おそらく帰りのジープの時間が決まっているので
それに合わせるしかないんだろう。

私たちは、カンチェンジュンガをゆっくり眺めたかったので
帰りのジープは放棄した。

朝日があたったカンチェンジュンガ ↓

25 朝日の山.JPG

実に幻想的で美しい! 


山を拡大した写真もUPしておきます。 ↓

朝日のあたったカンチェンジュンガ

 


せっかくなのでトミーさんも、いっしょに写真を撮っておきますか。 ↓

画像 056_copy.jpg




だんだんと、日が高くなってきた。 ↓

59 朝日の山.JPG




韓国の女の子とジュミーさん ↓

画像 065_copy.jpg




8:00になると、山の中間にあったモヤが取れ
素晴らしい山容が姿を現した!

これぞ、まさしく私たちが待ち望んでいた風景 ↓

全体の景色

2590mから8586mを見た景色は素晴らしい!!! 

このとき、私たち以外、まわりにほとんど人はおらず
展望台は、独占状態だった!
帰りのジープを放棄してよかった!


で!カンチェンジュンガの場所なのですが
こちらの写真でご確認ください。 ↓

127 カンチェンジュンガの位置.JPG




白い部分のパノラマ写真もUPしておきま。 ↓

131 山.JPG




9:00にタイガーヒルをあとにする。
歩き始めてすぐにあったお寺 ↓

お寺




散歩がてら、ボチボチ歩いて下る。
今日は晴天に恵まれ、どこからも山が見えているので
歩くのも楽しい。

下りから


10:00にグーム駅まで戻り
チベタン食堂で、少し腹ごしらえ。 ↓

麺

麺&モモ どちらも10ルピー(20円)
どちらも安くておいしい! 


モモ



線路に沿って歩いていると 
きれいなホテルがところどころ建っているので
歩いていて、空きが来ない。 ↓

ホテル1 ホテル




11:00にバタシアループに到着。
今日はいい写真が撮れそう! 

バタシアプープの公園




トイトレインをしばらく待っていると
来ました!来ました! 汽笛を鳴らし、煙を上げて! ↓

のぼり





いいですね~~ 晴れた日のトイトレイン&カンチェンジュンガは! ↓

157 トイトレイン.JPG

昨日と全然違う~~
写真を取り直したい! と望んでいただけに
旅の神様がその願いを叶えてくれてとても嬉しい! 




ジュミーさん&トイトレイン ↓

ジュミーさん




ほんと!いいお天気ですね~ 

ホテル2




昨日立ち寄らせてもらった寺院 ↓

お寺

お世話になりました!




ダージリンは、標高が高いので
部屋の中の洗濯物は全く乾かなくて困るが
外の日差しは強いので、洗濯物は天日干しが一番! ↓

洗濯物1



洗濯物が可愛い 

洗濯物2




これはおそらく民家だと思うが。。。。
雰囲気がいいですね! ↓

民家?




街中を疾走するトイトレイン ↓

トイトレイン 街中走る




ダージリン駅で出番を待つトイトレイン ↓

出番を待つトイトレイン




今日も朝から晩までよく歩きました!
お疲れ様!

今宵は趣向を変えて
インド料理店でヤキメシとヤキソバを注文してみた。 ↓

夕食

ヤキメシが40ルピー(80円) ヤキソバが30ルピー(60円)


ううううう。。。。まずかった! 
ハァ~ どうしてこう外れてしまうのか。

インドを離れる日も近いのに
食べ物はなごりおしさが全く残らなそう。 ^^;

20:00 宿に戻り、交代でシャワーを浴びたり
旅人と話をしながら夜はふけていく。 


インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。


0


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/303-d13de150






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。