スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

標高1113mにある日本山妙法寺を訪問 

2010年11月22日 /

6:00に起きて山をチェック。

今日は空は晴れているが、うろこ雲が出ているし
山は全く見えていない。 

昨日のサンランコットへの登山で、体のあちこちが痛い。
まあ、昨日は10時間近く歩いたのだから無理もないけど ^^;

二度寝をして、8:30に起きる。

9:30 朝食には、昨日の買った食パンとトマトとキュウリのサラダにコーヒー

朝食



天気予報によると、今日は雨だったのに
晴れ間が少しのぞいていて、外出したくなる。

なので、ジュミーさんと相談して
フェワ湖の南側、標高1113mにある、日本山妙法寺へ行くことにしたした。

こちらは、日本山妙法寺へ歩いていったときの地図 ↓

日本寺 地図

赤線は徒歩
黒線はバス


11:00に宿を出て、ダムサイドへと向かう。

ダムサイドへの途中から、カリマティ行きのバスに乗車
走ること5分ほどで到着。

値段は1人8ルピー(9.6円)。。。。。だと思う。

車掌は、必ずボリボリの値段を言ってくるが
ローカルピープルを見ていたら、みんなその値段を払っていたので
間違いないと思う。

山に上がる前に、バナナでも買っておきますか。 ↓

果物




日本山妙法寺へと入る入り口 ↓

入り口




山道に入ったのは、11:30
舗装されていない緩やかな車道をゆっくりと歩いて行く。
徐々に町が下に見え始める。 ↓

景色1


昨日の山行きの疲れから、体がかなりきついが
眼下に町が広がり、景色がいいので気分は悪くない。

民家を抜ける時は、子供たちがチョコレートをねだってきたり
親子が一緒に写真を写して、お金を取ろうとしたりと
ある意味、退屈しなくていいのだが、あまりいい気分にもなれない。

でも、これがネパールなのだ。 ^^;

途中から、いっきに尾根まで登り、尾根沿いに日本寺を目指す。
ここを通り、もう少し行けば目的地だ! ↓

山道




到着したのは11:50 約1時間20分の登りだった。

日本寺





白く輝いているパゴタは、本で見ていたよりも大きくて驚いてしまった。 ↓

9 日本寺.JPG



仏さま




犬ものんびりとお昼寝中 ↓

犬





ヒマラヤは見えなかったものの
日本寺から見えたポカラの町と湖はとても素晴らしい。 

景色3






景色2


 
昨日、サランコットへ行った見て思ったのだが
こうして山の上へきてみると
気持ちが洗われて、クリーンな気持ちになるし
登る場所によって、景色が違うので、とても楽しい。 

それに、山の上にあるゲストハウスやロッジの値段調査や
その様子を知ることが出来るので計画を立てるのには好都合だ。

地上で山が見えることばかり期待して、アクションを起こさず
時間を無駄に費やしてしまったなかったことを今更ながらに後悔している。
時間はあるようで、ないのだから。

ということで、明日からダンプスへ行って
2、3泊し、そこで山待してみようということになった。

お昼はパンにビスケットとコーヒーとバナナ

晴れ間があってもモヤが取れず、スッキリしない。 ↓

山はまだ




棚田も見える。 ↓

棚田




牛さんも登山中? ↓

牛



約1時間休憩をとったあと、14:30に下り始める。
すぐに町が見え始める。 ↓

町


ジャスト1時間で下り終え、バス停の近くの露天で
明日からの山ごもりに備えるための買い物をする。

ダムサイド行きのバスに乗っている時に
左の窓ガラスに目をやると、なんと!
マチャプチャレの頭が見えていた。 ↓

マチャプチャレ



夕方に、その姿を見たのは初めてだったし
山が「そろそろ来いよ!」と言っているようだった。
と!勝手な解釈。(^^;;

17:00に宿に戻り、交代でシャワーを済ませたあと
今日は趣向を変えて、ダルバートを食べてみることにした。

インドでのタリーのまずさにやられてから
どうしても食べる気になれなかったが
ネパールのダルバートは、なかなかいける!と聞いたので
DB MOMOの斜め向かいにある、サンジュというお店に入ってみた。

サンジュのダルバート70ルピー(84円) ↓

ダルバート

試してみると、思ったよりもおいしかった。
オマケに皿に盛られている、いろんなものがおかわりできるので
70ルピーでお腹いっぱいになるのが嬉しい。 




チョウメン(やきそば)50ルピー(60円) ↓

やきそば

こちらも、おいしかった! 


山同様、もっと早くからこのお店にトライしてみるべきだった。
ただ、ひとつおしいのが、ダルバートは味に変化が少ないこと。

お腹いっぱいにはなるけれど、
味の充実感が足りないように感じる。
ここのお店にも、醤油やマヨネーズがあれば文句なしになると思う。
今度は、お茶漬けを持参して来ようと思う。

夕食を済ませたあとに、山に一緒に行きませんか?
というオファーをもらっていたHさんのところへ。

なんと!彼女はすでにダンプスまで行って、1泊してきて
今日帰ってきたのに、山が全く見えなかったので
町で買い出しをしに戻り、
再びダンプスに行こうとしていた。

どうせなら、山が見えるまで、共に山ごもりといきますか!

明日9:00にHさんの宿で待ち合わせをして
一緒にダンプスへと向かうことにした。

22:00 宿に戻り、ネットで天気予報を見てみると
明日、明後日の天気は雨だった。 

でも、きょうも雨と言いながら、実際は晴れだったので
予報はあてにはならない。

明日は明日の風が吹く ケセラセラ 

24:00に就寝 




インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。


0

スポンサーサイト

ネパールに日本寺なんかがあるんですね。
日本人の為ですか?
去年姫路に行った時に、こんな作りのお寺に行きました。
連れて行ってもらったんで名前は忘れましたが・・・

山が呼んでいる的な感じいいですね~~
トミーさんもジュミーさんも足腰を普段鍛えられているのですか?
アタシは確実に足が攣ると思いますww
[ 2011/10/04 20:44 ] [ 編集 ]

私たちも

ポカラに来るまで、日本寺があるといことを知りませんでした。

と、いうか、私たちの場合はどこへ行っても
現地に着いてから、こんなものがあったの?!
というパターンが多いので
もっと訪れる国の文化や歴史にも
触れないといけません。 ^^;

旅に出ると、信じられないくらい歩くのに
日本では、全然です。

もっとコンスタントに歩くようにしたいと思います。
[ 2011/10/04 21:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/317-e7fb0440






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。