スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ポカラからのヒマラヤとお宅訪問 

2010年11月27日

6:00に起きて、宿の屋上に出て見たが、霧で山は全く見えていない。 

ダンプスでは見えているのかなぁと思いを馳せながらも
ポカラからも、その美しい姿を一度は見てみたかった。

7:00 スープ麺とキュウリとバナナ、コーヒーで朝ご飯。

途中で停電になったので
コイルでお湯を沸かせないのが痛い!

ちょっとした洗濯物を洗い、ジュミーさんが屋上に干しに上がると
薄っすらと山が姿を現し始めたことを伝えに来る。

急いで屋上に上がると、ぼんやりながらもその姿が見える。 ↓

サウス10

アンナプルナサウス ↑




マチャプチャレ ↓

マチャ10



ダンプスからいっぱい見せてもらったけど
ポカラからも見えると、とても嬉しい気持ちになる。 ^^

せっかくなので、フェワ湖からどんなふうに見えるのか
行ってみることにした。

宿を出た通りから見た山 ↓

街から



 

すると、すぐに、お菓子を卸しているあんちゃんに遭遇! 
こう見えても、彼はまだ30歳だそうです。 ↓

ジュミーさん

旅人のみなさん! 彼に出会ったらお菓子を買ってあげてください!
安くしてくれますし、とても人柄がいいです。





今日は国籍不明(?)のお姉ちゃんを連れていた。 
写真の一番右の女の子 ↓

荷車



どうやら彼女は韓国人らしい。
今日たまたま出会ったばかりで
荷車を一緒に押してくれたそうだ。

とても個性的ないでたちで、とても韓国人には見えない。 ^^;


フェワ湖に着くとアンナプルナサウスも
マチャプチャレもキレイに見えていた。 ↓

マチャ11






初めて湖越しに見る山に、またまた感動!

山 湖 空




湖の真ん中に小さな島があり
観光客は、ここへボートを使って上陸していた。 ↓

島




お客さんを待つ、ボートのおばちゃん ↓

おばちゃん




観光客たち ↓

船





左からアンナプルナサウス、マチャプチャレ、アナナプルナⅢ ↓

湖越し




コテージもあるよ! ↓

コテージ





洗濯物も! 笑 ↓

洗濯物



しばし写真を撮ったり、眺めを楽しんだ後
今度はバスでダムサイドへ移動。

レイクサイドとダムサイドを結ぶバスがあり、1人8ルピー(9.6円)

しかし、乗ったバスの車掌の兄ちゃんは
1人20ルピー払えとエライ剣幕で言い寄って来る。

無視して、ダムサイドで降りようとしたら
なんと、バスを停めてくれなかった。

インドでもこんなイヤラしいことはされなかったのに! 
またまた、ネパール人のお金を奪い取ろうとする出来事に
ガックリしてしまった。 

ダムサイドに着いた時は
山は薄くなってマチャプチャレの頭しか見えなくなってしまっていた。 ↓

屋根から







それでも、ボストンベーカリーでクリームドーナッツを食べながら
かすんだ山を、ボーッと眺めることが出来た時間は幸せだった。 ↓

ボストン




クリーム入りのドーナッツ1個20ルピー(24円) ↓

ドーナッツ



 

帰りには地球の歩き方に載っている場所から山を見て見たが
残念ながら薄くて、写真を撮っても全然わからない。 ↓

フェワ湖





花がきれいだったので 

花



その山の姿は、また次の楽しみに置いておこう!

宿に戻ろうとした時に、お菓子屋のあんちゃんに再び遭遇!

「今日の夕食に韓国人の女の子も来るから、一緒に来る?」
とお誘いがあったので、行かせてもらうことにした。

宿に戻り、交代でシャワーを浴びてから
19:00に、彼の家へと向かった。

着くとすでに韓国人の女の子が来ていた。

食事の前に出してくれたチャイにお菓子 ↓

コーヒー




食事を準備中の彼の奥さん ↓

奥さん



彼の家は、一階が生活用品やお菓子を売っているお店で
二階が住宅になっている。

家族は、彼の奥さん、6歳になる息子さん
彼のお母さん、お姉さん、5人家族だ。

それからは、彼に、韓国人の女の子
私にジュミーさんと英語でのコミュニケーション開始。

彼の結婚式の写真を見たり
彼と奥さんの馴れ初めを聞いたりしながら時間を過ごす。

それにしても、韓国の女の子はとても面白い!
話を聞くと、2ヶ月間外国、2ヶ月間韓国
その生活をなんと6年間続けているらしい。

しかも結婚していて、続けているところがすごい! 

時にはダンナさんと、時には友達と
そして時には1人で旅をしているらしい。
独特の雰囲気を持っていて、一緒にいると、とても楽しかった。 ^^

そして、夕食が出来たのは、なんと21:00だった。 ^^;

普通19:00と聞いたら
19:00にはご飯が出来ているのかと思うのだが
ゆっくりとマイペースでご飯を作り、夜遅くに食べるのが習慣らしい。

出てきたのはダルバートではなく、タリーだった。
ジャガイモを煮込んだものと
野菜の何かを丸めて揚げたものが入った黄色いシチュー? それにチャパティ。 ↓

夕食


ジャガイモの煮込みとチャパティは美味しかった。

黄色いシチューのようなものは、ちょっとしょっぱかったなぁ。

明日カトマンズへ行くことを伝えると、とても寂びしそうな顔をしていた。
そんなに寂びしそうにしなくても!と思ったほどだが
とても笑顔が素敵で、可愛らしい人と出会えたことで
ポカラの印象がグン!と良くなったのは言うまでもない。  UP UP!

こんな風に民家におじゃまして、いろんな話をしたり
夕食をご馳走になったりしたのは
初めてだったので、とても新鮮だったし
楽しい時間を過ごすことが出来たことに感謝した。 

22:30に宿に戻り、23:30に就寝。

それにしても、韓国人の彼女は
今も韓国&旅の生活を続けているんだろうか?
メールくらい聞いておけばよかったなぁ~




インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年11月現在のものです。


0


スポンサーサイト

現地の方のお宅におじゃまする機会があってよかったですね~
食事も写真で見るとお店のよりおいしそう
韓国人のバックパッカー(?)女性にも興味ある
なんだかとても面白い人ですね

たのしい思い出ができてうらやましいです

私もかつて一人で旅していた頃はけっこう現地の人と友達になることも多かったなぁと思い出しました
[ 2011/10/14 11:45 ] [ 編集 ]

かつては

旅こぶたさんも、バックパックを背負って
いろんな場所を、放浪されていたんですもんね~

その頃の旅こぶたさん、きっと、旅人~~!っていう雰囲気を
持っていたんでしょうね。

旅は、いろんな人との出会いがあって、楽しいです。
ある意味、人が一番おもしろいのかもしれませんね! ^^

旅ブログを通じて、旅こぶたさんと出会えたことにも
感謝!です。 v-421
[ 2011/10/14 14:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/321-9f71fb2e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。