スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タメル地区からナガルコットへ 

2010年12月3日 

7:00起床
ジュミーさんの黄門様もずいぶん良くなったので
今日からヒマラヤの見える町、ナガルコットへ
1泊か2泊の小旅行に出かけることにした。

紅茶とドーナッツを食べて、荷作り開始。

持っていく荷物と置いておく荷物を2つに分けるのがめんどくさいが
ここを超えないと次にはいけない。

でも、一度ダンプスに行く時に仕分けの作業は経験済みなので
思ったよりも簡単に仕分けができた。

それにバスの乗り継ぎの移動だけで、山を歩くわけではないので気が楽だ。

9:00過ぎにチェックアウトして、残す荷物を預かってもらう。

昼が遅くなるかもしれないので
いきつけのNANA KITCHENでテントゥクを食べていくことにした。

テントゥク

1杯40ルピー(48円)


ナガルコットに行くには、まずはバクタプルの近くにある
カマルビヤナクというバス乗り場まで行き
そこからはナガルコット行のバスに乗り換える。

10:40 まずは、バグバザールのバス乗り場からローカルバスに乗車。↓

車内



いつものことながら、ネパールのバスもインド同様
詰め込めるまで詰め込むので、全く身動きが出来なくなるし
ノロノロ運転しながらお客さんを降ろし
また乗せていくので、とても時間がかかる。

カマルビヤナクのバス乗り場に着いたのは、11:50だった。
かかった料金は1人16ルピー(19円)

カマルビヤナクのバスターミナル ↓

ターミナル




町の様子 ↓

町



ナガルコット行のバスに乗車したのは12:20。
料金は1人25ルピー(30円)

たくさんの乗客を乗せたバスは、だんだん標高を上げていく。

山を上り切ると、視界が良くなり、ヒマラヤ山脈が少しづつ見えてくる。
昼間なのにとてもキレイに見えているのに驚いてしまう。

ポカラであれだけ待ちに待たされて
やっとの思いで見ることができた時に比べると
あまりにもアッサリと見ることが出来てしまった。 ^^;

でも、見させてもらえる事が感謝  なのだ。

ナガルコットに着いたのは13:00過ぎ。
ここでもうひとつ驚きが!

ここに来るまで、地球の歩き方に載っているとおりの値段でバスに乗れ
お金のトラブルが全くなく、スムースだったのも気持ちが良い。

ポカラでは、バスに乗ると、料金のことで
もめることが多かったので。。。。 ^^;

バスを降りると、冷たい風が吹いていた。
標高が2100mもあるので、さすがに肌寒い。

バス停の近くのABC レストランという食堂で
チョウメンを注文してみた。

やきそば

50ルピー(60円)


持ってきたパンにはさんで、焼きそばパンにして食べると
とてもおいしかった。  
夜もここへ来て焼きそばパンにしよう! 

それからは、散策しながら宿を探す。
こだわりは、山がキレイに見えるリーズナブルなゲストハウス!

しかし、ナガルコットは、あまり安そうな宿がなさそうなので
雲海リゾートという宿にあるドミトリーにしよう!
とあらかじめ考えていた。

とりあえず、ボチボチと散歩がてら、宿を訪ねる。

景色




いろんなホテルが立ち並んでいる。 ↓

ホテル




とあるホテルのベランダから見たヒマラヤ ↓

景色



いろんな宿を回ってみたが、なかなか望みの宿には出会えない。
なので、雲海リゾートへ行ってみた。

ところが、この日はドミトリーはベッドが一個しか空いてなく
我々の目論見は、見事に外れてしまった。 

ガッカリしていると、オーナーが
「せっかくここまで来てくれたので!」
という計らいでツインの部屋を
リーズナブルな値段にしてもらうことができた。
オーナーに感謝!感謝! 
ちなみに、料金は。。。。内緒!

こちらが雲海リゾートの正面 ↓

雲海




部屋の様子 ↓

部屋 トイレ


くつろぐ場所

きれいで、とてもいい部屋だぁ~!
ちなみに、ここのオーナーの奥さんは日本の方です。



雲海リゾートは、ほかの宿と比べ
場所が山側にせり出しているので
山がキレイに、そして大きく見えるのが素晴らしい。 

雲海リゾートのベランダから見た景色 ↓

風景

正面に見える雪がかぶった山は、みんな6000m級。




パノラマの写真 ↓

パノラマ

写真をクリックすると、大きくなります! 





夕日が山にあたる ↓

夕方




写真を撮るジュミーさん ↓

ジュミーさん




明日も晴天でありますように! 

夕方1



しばし、山の展望を楽しんだあと夕食を食べに
バス停の近くまで約30分かけて歩いて行き
お昼を食べた同じ店へ

お昼にチャウメンを食べたときは、塩辛かったので
塩をあまり入れないようたのむとなかなかいい味で出てきた。

ヤキメシ

ベジフライドライス60ルピー(72円)↑





ベジチョウメン50ルピー(60円) ↓

やきそば





持っていた醤油と、お店のケチャップで味を整える。
それに持参パンにチョウメンをはさむと、チョウメンパンの出来上がり!
とてもおいしくいただきました! ↓

バーガー



帰りは、真っ暗になった道を、ライトで照らしながら歩いて帰る。
ふと夜空に目をやると。。。。。
素晴らしい星空が~~~! 

MM900282762.GIF



夜空を覆うかのごとく輝く星に、ジュミーさんは大はしゃぎ! 
夜空がこんなに明るいなんて! 

「満天の星空」とはこういう夜空のことをいうんだろうなぁ~
こんな夜空を見ることができて
それだけでも来た甲斐があったというもの!


夜の雲海リゾートの玄関 ↓

夜 雲海



宿に戻っても、興奮がさめることなく
そこから見える星を見上げ、流れ星を見つけては
感動していた私たちです。

月&星.GIF

遅くに交代でシャワー&ちょっとした洗濯
あったかいスープとスナック菓子を食べ
24:00に就寝。 

明日はどんなヒマラヤを見ることができるんだろう?!
明日が楽しみだ! 


インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年12月現在のものです。


0


スポンサーサイト

ヒマラヤの絶景を目の前にしたら旅の疲れもふきとんじゃいますね

オリジナルやきそばパン、おいしそう!
ダルバート、おいしかったですか?
私はダメでした~
きっとハズレの店しか経験しなかったせいだわ
でも、ネパールは食べ物の選択肢が多かったのでダルバートダメでも、困りませんよね
[ 2011/10/18 14:38 ] [ 編集 ]

ナガルコットからの眺めは

とても素晴らしかったですよ~

ただ、ポカラのダンプスと比べると
山が遠いので、山脈としての迫力はかけてしまいます。
でも、いいところであったことは確かです! v-410

インドのタリーが、あまりにもおいしくなかったので
ダルバートがおいしく感じました。 笑

私たちも、おいしいタリー屋さんに行っていないだけかもしれません。

おっしゃるとおり、ネパールは食事の選択肢が多いので
いいですよね~ v-266

特に、安くておいしいパン屋さんがあるのが嬉しい!

[ 2011/10/18 17:31 ] [ 編集 ]

焼きそばパン、Good idea!
美味しそうです(^_^)

満点の星空もロマンチックでいいですね~♪
流れ星に何かお願いごとしましたか?(*^_^*)
[ 2011/10/18 22:15 ] [ 編集 ]

この

やきそばパンは、ジュミーさん考案の一品なのです♪
ほんとにおいしんですよ~ v-290

流れ星がいっぱい見れました!
あまりの美しさに、お願いをするのを忘れて
見入っていました。 ^^;

あの夜の星空は、心の中の宝物です。 v-352
[ 2011/10/19 08:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/327-45ac4f33






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。