スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雲海リゾートからの景色を楽しんだ後、タメル地区へと戻る 

2010年12月4日 

5:40に起床

外の広いベランダに出ると、ほんのりと薄明かりになっていた。 ↓

夜明け



 

風はかなり冷たく、寒さでガタガタ震えが来るが
朝日を待っている、このワクワクした時間がとてもいい。

だんだん

朝日が出ようとしている山の稜線が、だんだんオレンジ色に輝き始める。






徐々にヒマラヤ山脈にも光が当たり始める ↓

山2







山1



 

朝日が顔を出したのは6:40 ↓

朝日

雲海も出ていて、幻想的な感じ。 ^^

日が差して来ると、一気に暖かくなり
それまでかぶっていた毛布が必要なくり
体だけでなく、心もポカポカしてくる感じがする。 

太陽はすごいチカラを持っている。 
雲ひとつないお天気に感謝! 

ただ、山がかなり遠いため
朝日があたるときに赤くなる姿があまり見えなくて残念。

朝日があまりにもまぶしく、周りがスッキリ見えなくなったので
もう少し太陽が上に来るのを待つことにした。

7:00過ぎにジュースとクリームパンを食べる。 ↓

パン


このクリームパン、硬くてパサパサでメチャまず! 

ネパールは、日にちの管理なんかしてなさそうなので
柔らかいパンに当たるか、日にちが経って硬くなったパンに当たるかは
運次第のところがある。 
なんだか、ルーレットゲームみたい。 ^^;

8:00に停電が終わったので、コイルで湯を沸かし
スープラーメンをたべる。 

9:00を過ぎると、日の日差しが上から差すようになり
外がクリアーに見え始めてきた。

それからは、ちょこっと洗濯したあと
紅茶を飲みながら山を見て時間を過ごす。

山3

ベランダの左側に、3兄弟のような山が見える。 ↑





その山を拡大して撮りました。  ↓

山4





ブランコに乗って山を眺めるジュミーさん。 ↓

ブランコ





素晴らしい景色が目の前に広がっている。  ↓

景色2






山脈のパノラマの写真 ↓

ヒマラヤ山脈3.JPG

ぜひ、写真をクリックしてみてね! 






 
今度は、ベランダでくつろぐジュミーさん ↓

ベランダ





山の麓の景色 ↓

風景3





拡大して撮った棚田 ↓

棚田





宿のレストランの窓からも山が見える。 ↓

窓から






今一度、パノラマの写真 ↓

ヒマラヤ山脈2.JPG

写真をクリックしてみてね! 


いったん荷物をまとめ、12:00にチェックアウトし
昨日来たルートで戻ろうと考えていたら
ナガルコットからは、雲海リゾートの前を通るバスで
直接カトマンズへ戻れることを、宿のオーナーが教えてくれた。

雲海リゾートの外から写したジュミーさんの写真 ↓

画像 273_copy.jpg


そして、オーナーとも一緒に写真を撮ってもらい
私たちが雲海リゾートからバスに乗ったは13:05。

このバスはナガルコットからサクー
ボダナートを経由してカトマンズへ行く。

サクーまでの道はまるで、オフロードの大会に出ているかのような気にさせてくれる
ゴタゴトの道が続く。。。^^;

縦揺れならまだしも、横揺れ斜め揺れまで加わり
しっかりとつかまっておかないと
体のあちこちをぶつけて、怪我をしそうな感じだった。
  
しかも、ものすごい砂埃! ここはアフリカか? 

車内1

車内の様子

サクーを過ぎると、舗装路になり、やっと普通に走り始める。
ただし、お客さんは超満タンになっているので、車内はとても窮屈だ。

カトマンズのバグバザールのバス乗り場に着いたのは15:20だった。
所要時間 2時間20分
メッチャ疲れた~~ 

さて、来るときは料金のトラブルがまったくなかったので
帰りも大丈夫だろうと思っていたら
1人100ルピー(120円)の請求が来た!

ハァ
来るときに1人42ルピー(50円)なのに
帰りがなんで100ルピーやねん! 

2人分で100ルピーを払って降りたら
運転手の兄ちゃんは、すごい剣幕で金を払えと要求してくる。

こんな兄ちゃんと本気で相手にしていると疲れるので、
来た経緯や金額、人に聞いた値段だという事を落ち着いて言うと
なんとか引き下がってくれた。

ネパールは鉄道がなく、移動の手段はバスオンリーなので、
いつもこのバトルをしないといけないのがとても面倒くさい。

しかし、これはバスでの移動だけでなく宿、買い物など
お金にまつわることに関して言えば
ネパール人とのやり取りは
インド人よりもトラブルになることが多い気がする。

あくまでも、私たちの旅のスタイルからするとだが。。。。。

16:00 NANA KITCHENでテントゥクを食べる。

17:00前にイエティに戻り、そして再びチェックイン。

交代でシャワーを浴びる。

19:00にいつものようにトリベニでダルバートを食べる。
そして、いつものように、KSs Cafeで
朝用に半額のチョコドーナッツ&パンを買い
60ルピー(72円)のピザを買ってチンしてもらって食べる。 ↓

ピザ


普段(日本にいるときは)ピザを食べないので
こういうところで食べる事が出来て幸せ! 

20:40宿に戻り、少しだけネット 

23:00に就寝。 
 


インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年12月現在のものです。


0


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/328-6df8db3c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。