スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

35Lのバックパックを購入&旅人との出会い 

2010年12月5日 

7:00過ぎに起床

今日は停電が8:00なので、それまでに
電気ポットでお湯を沸かしておかないと温かい飲み物が飲めない。

とりあえず、お湯を沸かし終え
PCを開け、紅茶を飲みながら写真の整理。

8:30にサラダウインナーパンと5ルピーパン
チョコドーナッツに紅茶で朝ご飯。

しばし、昨日のバス運賃についてジュミーさんとディスカッション。

ネパールでの、ローカルバスでの料金のやりとりのトラブルが多いのは
外個人からボッタクるのは当たり前というの週間が
根強く残っているからだ。

バスしか移動の手段がないネパールでは
どうしても、避けて通れないことなのだ。
しかし、毎回というわけではない。

ポカラ内でバスを使った場合
1人8ルピー払えば、何も言わずに受け取ることもあったし
ナガルコットの復路は、地球の歩き方に書いてあった通りの値段だった。

どうやら乗るバスによって、ボル車掌、ボラない車掌にあたるようだ。
なので、バスの値段をあらかじめ調べておいて
ボリボリ車掌に当たったときは、面倒くさがらずにちゃんと交渉するしかない。

旅はこういうことの連続なのだから。


11:00に宿を出て、ニューエベレストモモセンターでモモを食べてみた。 ↓

モモ


少し酸味の聞いているタレに浸かっているバファモモが10個で35ルピー(42円)
お味は。。。。。可もなく不可もなく
まあ、こんなものでしょう。


その後は旅用のズボンを買うのに、何件かお店を見て回る。
今ひとつ、気に入ったものが見つからず。

14:00にいつものNANA KITCHENでベジテントゥクを食べる。


そして、目星をつけていたバック屋さんに行って
いろいろと選んだ末に、青色の35Lのバックを購入 ↓

バッグ屋




値段は1500ルピー(1800円) ↓

正面




横




背中


いままで、PCを入れて持ち歩いていたバックパックが
ほころびてきたので、ネパールにいるときに買おうと決めていた。

私は汗かきなので、望みは背中に空間があり
直接肌(背中)にひっつかないもの。

このバックは、重さを分散出来るようになっていて
荷物をを背負っていても、あまり重さを感じず
とても肩が楽な感じ。
なかなかの優れものだと思う。

末長くお付き合いしてね! 

このバックパックを背負っている私を見たら
ぜひ!声をかけてくださいね! 

15:00の停電までにシャワーを浴びれるか微妙な時間帯だが
宿に戻り、タンクのスイッチを入れてもらったのが15:45。

16:00からジュミーさんが入り、16:30から私がシャワー室に入り
さあ浴び用と思ったら、停電になってしまった。
あ~あ~、なんというタイミング! 

一か八かトライしてみると、途中まではなんとかOKだったけど
後半は段々と冷たくなってしまい、寒い思いをすることとなってしまった。 

人がシャワーを浴びている時に限って、なぜ停電が早くなるんだろう?
これも、日頃の行いか?

18:00 今日はお昼に見つけた地元食堂で
ダルバートとトクゥパを食べてみることにした。 ↓

食堂




ダルバート 60ルピー(72円)

ダルバート

かなり辛い! 



トゥクパ 35ルピー(42円) ↓

トゥクパ

こちらは、激辛!   


地元っぽい食堂だったので、ちょっと期待していたが
注文したトゥクパはトウガラシの色で赤くなっていて、
とても飲める代物ではない。 

それに、ダルバートもしょっぱいのと、辛さにやられてしまい
途中で宿に醤油とふりかけと味噌汁を取りに戻り
それらと共に食べると、なんとか食すことができた。

思いっきり外してしまったが 
ここの食堂でチベットからネパールへと入ってきたという
日本人の旅人のカップルと出会うことが出来た。

あとで彼らの宿泊している宿に戻りおじゃまさせてもらうことにして
お口直しに半額のパン屋をゲットしに行く。

今日買ったのは、こんなパン ↓

パン



20:30 Mさんご夫婦の宿を訪問。

彼らは中国からチベットを抜けて今日ネパールのカトマンズへと入ってきたらしい。
このコースは私たちが通ってみようかと考えていただけに
細かい情報を聞くことができてとても参考になった。

彼らは海外に出る前に3ケ月間
日本を車で寝泊まりしながら旅をしてきたそうだ。
そして、これから2年くらいかけて世界一周をする予定と言っていた。

とても感じの良いご夫婦だったので
もっとディープにお話を聞きたかったのだが
時間が遅くなってしまいそうだったので
22:30に引き上げることにした。

画像 016_copy.jpg


Mさん! たくさんの情報をありがとうございました。^^
これからも安全で楽しい旅を続けてください! 

宿に戻り、25:00 就寝 




インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年12月現在のものです。


0


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/329-4d83fde3






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。