スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タメル地区を散策 ズボンを買ったよ ♪ 

2010年12月6日 

7:30起床

明日はいよいよネパールを離れ、中国の成都へと入る。

すぐにPCを立ち上げて
成都にあるシムズコージーゲストハウスに部屋の予約メールを送る。 
 
旅人が口をそろえて
「シムズコージーはいいよ!」
と聞いていたので、我々も一度泊まって見たかったのである。

ただ、望みのドミトリーの部屋は
メールでの予約が出来ないらしいそうなのだが
一応ダメもとでメールを送ってみた。

もしそれで予約が出来ればラッキーだ。 

というか、部屋を押さえておいてもらわないと
明日の成都までのフライト時間&シムズまでの着く時間を考えると
夜の21:00はまわってしまいそうなので
それからの部屋探しは、少し辛いものがある。 ^^;

とりあえず、彼らからの返事を待とう。

8:00にサラダウインナーパンと5ルピーパン、チョコドーナッツで朝ご飯。 ↓

パン1


パンがおいしいと、朝がなんだか楽しくなる。 

朝食後は、ネットをしたりしながらゆっくりと過ごす。

11:30に宿を出て、チベタンのお店、ギリンチェへ

ここのテントゥクは野菜たっぷりで
まったりとしたスープがなんともいえず、とてもおいしい! ↓

テントゥク1

75ルピー(90円)





食後のデザートは、ウロウロしているときに出会った
ローカルなカフェでチョコクリームドーナッツをいただく ↓

お店




おいしいチョコドーナッツ  20ルピー(24円) ↓

チョコドーナッツ



 

その後は、いいズボンがないか探していると
私たちの予算600ルピー(720円)にしてくれるお店があったので
素材をよくチェックしてから購入。 ↓

ズボン



カトマンズでは、外に出しているものを見てから
新しい同じものを見せてもらうと
全然違う素材のものが出てきたり
かえって、汚れたものが出てきたりするので要注意である。

その後は、最後のタメル地区の散歩を楽しんだ。
通りは、土産物屋から、服屋、バッグ屋、飾り物屋など
バラエティに富んだお店が軒を連ねている。

絹や





相変わらずの、すごい数の看板 ↓

看板1





お面屋さん? ↓

仮面?






のんびりしているリキシャたち ↓

リキシャ




絵画屋さん ↓

絵画




服屋さん ↓

福屋




お店2





飾り物屋さん ↓

置物や





首飾り? ↓

首飾り





仏具屋さん ↓

仏壇や?




洋服屋さん ↓

洋服屋



それと、ジュミーさんのリクエストで
ツアー会社でチベットツアーの料金や
ツアーの内容を聞いて回る。

特に親切だったのが「風の旅行社」

日本語が通じるし、どうぞと言ってチャイまで出してくれた。
ツアー料金は我々の予算では高めになってしまうので
利用することはないにしても
時間がないけど、行きたいところがたくさんあって
全てを見たり回ったりする人には、いろんなアレンジがきくと思ので
ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

17:00に宿に戻り、交代でシャワー

段々と寒くなってきているので
この時期はシャワーだけではきびしいぃ
あぁ~温泉に入りたい! 

でも、明日はカトマンズよりも、さらに寒い成都へ行くので
タイのバンコクやバングラデシュのダッカ
インドへと向かう旅行者がうらやましい。。。。。

19:00 最後にもう一度ギリンチェへ

もちろん、お目当てはベジテントゥク! ↓

テントゥク3

とにかくおいしいのである!
このスープを飲むと、やみつきになってしまうこと間違いなし!
それに、食べれるのも一応これが最後なので、堪能しておこう。


明日はネパールを出国するので、空港へ行くタクシー代
これまでの宿代の支払いを残して、ネパールへとルピーを使いきっておかないといけない。

といっても、手元には現金はそれほど残っていなかったので
そのほとんどは半額パンに費やした。

パン屋さん1

お世話になったパン屋さん ↑




ケーキもあるよ!

ケーキ




ドーナッツ&パン ↓

パン&ドーナッツ



これで明日の朝ご飯の確保ができ
もし機内食が少ない時の足しにもなるし
残れば夜に食べるつもりだ。

パンできれいさっぱりお金がなくなり
明日の出国時を待つばかりだ。

20:00から始まった停電は22:00に終わり
PCを立ち上げてみると、シムズから「予約完」
という返事がきていた!
これで、成都での宿の確保が出来たので
夜中の宿探しはしなく済むのが嬉しい! 

24:00に就寝。 




インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年12月現在のものです。

0


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/330-fa92a73f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。