スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カトマンズからヒマラヤ山脈を飛び越え、拉薩(ラサ)経由で中国の成都へ 

2010年12月7日

5:50に起床して、荷作りを始め、ひと段落してから
朝食にサラダウインナーパンと5ルピーパン
チョコクリームドーナッツを食べる。

長い間、お世話になったイエティゲストハウス ↓

イエティ



8:00にイエティをチェックアウトをして
昨日タクシーの兄ちゃんと約束した8:15に待ち合わせ場所に行ってみると
来ていない。。。。。って、オイ! 

客をすっぽかすタクシーが存在しているのがおかしい。
さすがネパール! ^^;

きっとたくさんのお金を払ってくれるお客さんを捕まえたんだろう。
なので、他のドライバーと交渉して
なんとか、200ルピー(240円)で行ってもらうことにした。
というか、もうそのお金(ルピー)しか持っていなかったのだ!

タクシーに乗車したのが8:25。
この時間だと、道がかなり混んでいると思っていたが
そうでもなく8:45に空港に着いた。

それにしても。。。。。
カトマンズの空港はとても首都の空港とは思えないくらい簡素!
まるで、どこかの地方空港みたい。

空港1


空港2



チェックインを済ませ、早めにイミグレを通った。
普通ならば、免税店がズラーと並んでいるはずだが
ほんの数件あるだけ。

トイレに行くと、洋式なのに便座がなくて、しかも汚い!
これならカーカルビッタのバス乗り場のほうがまだまし! 

ボーディングゲートは3つしかなく
フライトの順番に係員が搭乗者に知らせ、みんなバスに乗車していく。

イスに座って順番待ちをしていると
飛行機を待っているというよりも、バスを待っているような感じだ。 ^^;

私たちのCA(中国国際航空)便は11:15に搭乗開始 ↓

CA便



 

おぉ! 
滑走路からもきれいに山が見えている~ ↓

山が見える





今日は上空からヒマラヤ山脈が見たくて
翼のかからないABの窓側(進行方向に向かって左側)をリクエストしておいたので
フライトが楽しみ!

CAに乗り込む


しかし、搭乗してみると翼のすぐ後ろだった。 

これでは山が見えるかどうか微妙。。。。。
ジュミーさんからも、座席指定のツメが甘い!
と指摘されてしまう。
確かにその通りでございます。 



11:45 定刻どおり、私たちを乗せたCA408便はテイクオフ ↓  

離陸



 

すると、すぐに雪化粧をしたヒマラヤ山脈が見えてきた!
素晴らしくキレイ!  ↓

中から 山全体






機内から、いろんな形をした山々が見える。 ↓

山が!

この山々は、ナガルコットからも見えていたなぁ!






やま1





やま2




やま3
 
いい座席でなかったせいで
少しご機嫌ななめだったジュミーさんも感激し
すっかりご満悦の様子。




そして、約12、3分後、徐々にエベレストが見え始めてきたぁぁぁ~ ↓

近づく

写真中央の高い山 ↑
ジュミーさんの横に座っていた、チベットのおばちゃんが
「あれがチョモランマだよ!」
と教えてくれた。





まさかこんなに近くに、そしてこんなにクリアーに
エベレストが見えるとは思っても見なかった!
山の神様、ありがとう!  

エベレスト!^^






飛行機はエベレストを回り込むように飛行を続ける。 ↓

エベレスト別角度






エベレストを過ぎても、まだまだ美しい山の姿を見ることが出来る。 ↓

羽越しに見る山






翼越しに見る山々 ↓

羽越しに~






いいね~~ 

いろんな山





もっともっと眺めていた~~い!

いろんな山1





こちらが、カトマンズ~ラサの機内食 ↓

機内食

ハンバーガーとスナック菓子
拉薩までの短いフライトなのに
ハンバーガーとお菓子がついていたので
ますますジュミーさんの機嫌が良くなり、
私のミスも取り消しになったようで、よかった、よかった!

もし、カトマンズからラサへ飛ぶ飛行機に乗る機会がある時は
翼のかからないA側の席に座ることを強く強くお勧めします。 

反対に飛ぶ場合は、KJ側の席になります。





ヒマラヤを越えると、徐々に土山ばかりが見えるようになってくる。
だんだんと、ラサが近づいて来た証拠だ。 ↓

陸地





着陸するときまで、山が見えていてくれて嬉しかった! 

着陸





中国の時間の14:55 拉薩に到着。

ラサに到着

カトマンズの時間より、2時間15分早くなる。

ここは、標高が3600mもあるので
ちょっと歩くだけで息苦しい。 

ここでいったん全員飛行機から降りて、入国審査を受ける。

それが終わると、拉薩に入る人と、成都へ乗り継ぐ人に別れる。

ラサの空港の待合室は、とても雰囲気がいい!
ラサらしい絵や刺繍がたくさん飾られていて
見て歩くのが楽しい。 ^^ ↓

ラサの絵




ラサの絵1




ラサの絵2




待合室



 

16:00に再び搭乗開始。 ↓

フライト






成都へ向けて出発したのは、16:30

再び離陸





もう、きれいな山は見えないだろうなぁ~
と思っていたら。。。。。

雪山 お菓子みたい!





なんの、なんの、見えますよ~! きれいな山々が!  ↓

真っ白の山






まるでホワイトシュガーをふりかけたケーキの上を飛んでいるような錯角に陥り
とてもお腹が空いてきた。 ^^; ↓

まるでショコラの上を飛行!






ちょうどその頃を見計らってか、機内食が配られ始める。
国内線なのに、食事をいただけるなんて
なんて素敵なんですか中国国際航空さん! 

しかも、おいしい! 
素晴らしい景色と、素晴らしい機内食に
またまた感動の私たちです。 

機内食1


中身





夕日が沈むのと同じく、飛行機も高度を下げ始める。 ↓

着陸

夢のようなフライトが体験出来たことを
旅の神様に感謝する私たちであった。 

 
 
18:20 成都に到着。

さてさて、ここからシムズに行くには
まず成都北駅に行かなくてはならない。

空港の到着ロビーを外に出て、右側に約500m(?かな?)くらい歩き
黄色い色の300番のバスに乗車する。 ↓

バス




1人10元(140円)

所要時間1時間(19:20~20:20)

車内

車内の様子

 
バスに乗って、最初におどろいたのは
バスが素晴らしくキレイだったこと!

そして、ボラない!

ネパールでは、バスに苦しめられていたので
中国では当たり前のことが、とても素晴らしく感じてしまう。 ^^;

さらに町がおそろしいくらい都会に感じてしまう。
成都では停電のスケジュールなんていうものは存在していないんだろうなぁ~

それにしても、あまりのネオン&ビルの多さに圧倒されてしまう。 ↓

町の明かり1






町の明かり2






成都駅

街といい、駅といい、成都はすんごい都会だぁ!

 
次に成都北駅から34番のバスに乗り、4つ目のバス停で下車。

1人2元(28円)

所要時間5、6分(20:35~20:40)

降りて振り返ると、ガソリンスタンドが見えるので
そこまで行き、あとは西に100mくらい歩くと着きます。

21:00に到着。

6人部屋のドミトリーにチェックインを済ませ
しばらくの間、いっしょになった
日本人の旅行者と話をする。

23:30かなりおそくなってしまったが
持っていたパンやドーナッツとスープで晩ご飯。

就寝したのは午前2:00をまわっていた。 


インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年12月現在のものです。

0


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/331-33f00a6b






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。