スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シムズコージー・ゲストハウス(Sim's Cozy Garden Hostel) 

2010年12月8日 

10:00に起床して、シャワーを浴びようとしたら
アレレ   お湯が出ない。。。。。


もうすでに、スッポンポンの状態だったし
着ていた服も洗濯しようと水につけていたので元には戻せない。

ジュミーさんにお願いして
お湯が出ないことをフロントに伝えに行ってもらうと
全館のお湯が出ないトラブルが発生していたようだ。

仕方がないので、水につけた洗濯物だけ洗い、服を着替えた。

こういうトラブルはインドとネパールでもたくさん経験しているので
全然問題ないことである。
でも、早い復旧を待ってます。


ところで、私たちが宿泊したシムズは
旅人の間では、よく知られたゲスト・ハウス。

出会う旅人に「成都に行くよ!」というと
シムズを必ずと言っていいくらい勧められていたので
ここでの宿泊を楽しみにしていた。

ホームページはこちらへ    シムズコージー・ガーデンホステル


私たちの部屋は1室6人のドミトリー
1人1泊 35元 5泊すると10%の割引

ベッド1 ベッド2

二段ベッドになっていて、それぞれのベッドにカーテンがついている。
それに、頭の近くには、簡易のセーフティボックスがあり
少しだけ部屋を離れるときなどには便利。
また、コンセントもあるので、充電に困らないし
ランプもついているので、ベッドで読書もできる。

足元には、ちょっとした洗濯物を馳せる場所がある。




ヒーターが完備され、ドミトリーなのに、室内にシャワー&トイレもあって便利 ↓
まさに、痒いところに手が届いているのである。

ヒーター トイレ

とても快適なのだ~ 

でも、こんな宿に長く泊まっていたら
他の宿がしょぼく見えて、いやになるだろうなぁ~ ^^;




こちらは受付 ↓

受付

ほとんどのスタッフが英語を話せる。
いろんなツアーがここから出ているので
いろいろと相談してみるのもよい。

地球の歩き方が置いてあるので、デポジット料金を払えば
借りることができる。
また、貴重品などもここで預かってもらえる。
水も無料!


ロビーには、くつろげる大名イスもあるよ! ↓

スペース




バー&レストラン ↓

バー

バーの2階は、くつろげるスペースがあり
WIFIが飛んでいるので、みんなそこでネットをしていた。




そこの2階を出たところにも
こうしてイスとテーブルがたくさんあって
ゆっくりと過ごせるようになっている。 ↓

二階




ガーデンがある。 ↓

庭




シムズは、シンガポール人のシムさんと、奥さんのマキさん(日本人の方)が
長年経営していたが、2010年の11月より、経営者が変わった。
シムさんとマキさんのあいさつ文が張り出されていた。 ↓

あいさつ文

シムさん&マキさんのウェブでのあいさつ文    こちらへ

マキさんは子供たちのこともあるので
「今度は日本で宿をするかも?」と言っていた。
ぜひ!そうしてください! 泊まりに行きますから! ^^

引き続き、シムズは、今のままのクオリティを維持し
たくさんの旅行者に愛され続ける宿であってほしい。 

成都に来たときは、ぜひ立ち寄ってほしい宿です! 



13:00に宿を出て、散歩ついでに昼ごはんを食べることにした。

宿の近くには、ローカルな市場がある。 ↓

市場




そこでおいしそうな麺を食べている人がいたので
値段を聞くと4.5元(60円)だったので食べてみた。 ↓

麺


すこし辛いけれど、マッタリとしたスープに麺がからんで
なんだかチャジャンミョンを食べているみたいな感じがする。
とてもおいしかった。
ちなみに、この麺が何という名前か尋ねてみると
「面」とだけ紙に書いてくれた。 笑


混ぜたところ

混ぜた所の写真 ↑

 


 
でも、これだけでは足りないので
よその食堂で大盛りの琲骨麺を注文 ↓

牛麺

5元(65円)

柔らかで濃厚なアジの肉と、薄口のスープがちょうどマッチしていて
面もたっぷり入っていたので、お腹いっぱいになった。 

その後は、この周辺の宿の値段調査を始める。
数件の招待所をまわってみた結果
ツインの部屋で安い部屋でトイレが外にあるタイプのものが60元くらい。

80元くらいの部屋は、室内にトイレ付きでネットも出来るようだったが
有線でランケーブルにつないでみないとわからないので
ネットがちゃんとできるかどうかは確認出来なかった。

18:00にいったん宿に戻り、小休止。

19:00に夕食に出掛ける。

お昼に麺をたくさん食べたので、他のものが食べたくなり、探していると
一軒のお店でおいしそうな鍋を食べている女の子を発見!

値段を聞くと6元(64円)だったので
鍋と一緒にご飯2つ1つ5角注文 ↓

野菜



かなり辛いけど、タップリの野菜に加え
その他にもいろんなものが入っているので
食感が楽しい。
お腹いっぱいになった。 

野菜麺




宿に戻ってから、PCを立ち上げ、ロビーで写真の整理をしていると
宿のスタッフから、今夜はシャワーが使えないことを知らされる。

そのかわり、部屋の料金を半額にしてくれるという知らせもくれた。
そして、必要ならばお湯を提供してくれるとのこと。

インドやネパールだと
お金はそのままで「ゴメン!」だけで済まされてしまうけれど
さすがシムズコージー! サービスも国際的だ。 

せっかくなので、もらったお湯で体をふく。

25:00に就寝  




インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年12月現在のものです。

0



スポンサーサイト

トミーさん、ご無沙汰です~
ちょっと来ない内に記事が中国編になっていてビックリ!

またまたトミーさんのお腹も大変だったのね。
もしかして、そんなことが続いていたから、あんなにスレンダーだったの?
[ 2011/10/26 23:22 ] [ 編集 ]

そうなんです!

中国に入りました!

インドと中国でお腹を壊したせいで、通常の体重の
マイナス6kgになってしまいました。 ^^;

スラッ!とするのはいいんですが
あのときは、力が入らず、ひょろ!っていう感じで
押されると、倒れそうな状況でした。

やはり、体はバランスが大事です。ハイ!

naoさんも、忙しいと思いますが、あまり無理はされませんように!
でも、シモネタは全開ね! 笑
[ 2011/10/27 10:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/332-47de2e28






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。