スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

昼間は市場の散策、夜には鉄道にて西安へ移動 

2010年12月14日 

9:00に起床

交代でシャワーを浴びて、荷物整理を始める。

私たちが宿泊したドミトリーの部屋は
暖房があり、トイレシャワーが室内にあり
ベッドにはひとつずつカーテンやライトがついていたり
ベッドのすぐ横には簡易のセーフィティボックスがあり
ベッドの足元には、ちょっとしたものが干せるさんがあったりと
こういうものがあれば!というものが随所にあるので
ドミトリーながらとても快適に過ごすことが出来た。

素晴らしい宿だった。 

12:00にチェックアウト。

荷物を預かってもらい、ロビーの体重計に乗ってびっくり!
なんと3日前に計った時のー3キロだった。 

その時でさえ、痩せたなぁと思っていたのに
結局、旅に出る前の体重からー6キロになってしまった。 (~_~;)

もうガリガリ! 
焦らずに少しずつ体重が戻せたらいいけど。
2ヶ月後にはまた旅に出るんだけど、大丈夫かな。。。。


13:00いつもの麺屋さんで水餃子6元を食べる。 ↓

ギョウザ


あれれ、今日は火の通りがあまり良くない。。。。。。
少し心配なので、コウズをタップリとかけて食べた。

きっと問題ないだろう!たぶん。。。。。
酢の力さん!がんばって! 


その後、ジュミーさんに連れられて、市場へ。

ここの市場は住宅の中にいろんなものが売られていて
とても庶民庶民しているところが面白い。 ↓

通り




玉子屋さん ↓

店




みかん屋さん ↓

みかん




肉屋さん ↓

肉や




お菓子屋さん ↓

お菓子屋




2個で1.5元(20円)

お菓子1

思ったより、クリームが硬かったが、おいしかった! 





通りには、たくさんの店が軒を連ねる。 ↓

通り1




魚屋さん ↓

魚屋




果物屋さん ↓

果物や




豆屋さん ↓

豆や

煎りたての豆を少し買って食べてみると、メチャおいしかった! 




飴菓子を切っている ↓

飴や

試食させてもらうと、ピーナッツの香ばしさ&モチモチした食感に
ほどよい甘さで、とてもおいしかった! 




庶民らしい雰囲気を楽しめた。 ^^ ↓

通り3



看板猫? ↓

猫



しばし散策したあと、寒くなったので宿に戻る。
今日は特に冷える。

こんなんで、さらに寒い西安に行ったらどうなるんだろう?
その後はしばしの間、PCを開いて写真の整理とネットで時間を過ごす。 


18:30に食堂でゴハンとニガウリと玉子炒め5元(65円)&豆腐4元(52円)を食べる。 ↓

夕食


しかし、あまりおいしくなかった。 

炒め物は油でギトギトだし、豆腐につけるタレでさえ1/3が油だった。
これなら、いつもの麺屋さんで4元の大盛り面を食べておけばよかった。 

20:00過ぎにマキさんやシムさん、旅人に見送られバス停に。

ありがとう~また会う日まで! 


シムズの前のバス停から28番のバスに乗車したのが20:15。

成都北駅に着いたのは20:25。

荷物をディテクターに通し、2階の改札口へ 

ボード

私たちが乗るのは、21:20発の K6 西安行き


 

空いていたら嬉しいけどなぁ~
という甘い考えは見事に吹き飛ぶほどの人が待っていた。 ^^; ↓

待合室





用意ドン!で改札を出ないといけないので
出来るだけ改札の近くで待機しておく。 ↓

改札


21:00に改札が開くと、雪崩のごとく人が押し寄せてきた。

しかし、前方にいたこともあり、以外とすんなりと出ることができた。

急いで我々の乗る15号車目指して走り
乗り込んですぐに荷物を棚の上に置くことができた。
一仕事終えてやれやれだ。

座席は窓際に一緒に座るようリクエストして買ったのに
実際は、右と左の窓際になっていた。

お願いして席を変わってもらったからよかったけど
オンラインでチケットを販売しているんだから
それぐらいはして欲しいなぁ~

21:20 定刻通り列車はコンコースを滑るように出発。
走行が静かなのと、車両が新しいので乗り心地がいい。

でも硬座であることに変わりはなく
横になって眠れないので、今宵の移動は疲れるだろうなぁ。

まあ百も承知だけど! ^^;

ウトウトしながら夜は更けていく  




インド・ネパール・中国周遊の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年12月現在のものです。

0


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/339-8b569652






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。