スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

噴煙を上げる桜島 



昨日は、用事を済ませに鹿児島県庁へ
せっく来たので、18階の展望階にも立ち寄りました。

18階から見た鹿児島市街地 ↓

鹿児島市街地




この日は、スッキリと晴れのお天気。
モヤもなく、錦江湾の向こうには、韓国岳と高千穂の峰が見える。 ↓

鹿児島湾



18階に設置されている望遠鏡を覗いてみると
韓国岳と高千穂の峰の間にある、新燃岳から煙が上がっているのが見えた。

その煙を見ながら、つい2日ほど前、噴火で10km離れた場所に
石が飛んできたというニュースがあったことを思い出した。
噴火すると、火山灰だけでも大変なのに、石が飛んでくるのでは
ヘルメットでもかぶらないかぎり、外を歩くことも出来ないんではないんだろうか?
また、雨が降ったら土石流の心配もあったりで
新燃岳の近くに住んでいる人々は、今、大変な思いをしていると思う。


それに比べ、桜島は最近おとなしくしてくれていて、助かるなぁ~
と、思っていたら、突然噴煙を上げ始めた   ↓

噴火


わずか1時間の間に、爆弾を落としたかのようなウロコ雲を4回も吹上げていた。

冬は、桜島上空の風が、だいたい北東から南西方向に吹いているので
吹き上げた火山灰が、鹿児島市には降ってこない。
しばらく火山灰が降ってこないと、その存在をスッカリ忘れてしまっている。

しかし、目の前で、あれだけの噴火を見せられ
風が変わる、春から夏にかけての鹿児島市内の状況を想像すると
少し憂鬱になってしまった。


見る分には、雄大で美しく
自然のエネルギーを感じることができるんだけどねぇ~  ^^;

桜島さん、どうかお手柔らかに!  

アニメ 火山


カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年2月現在のものです。


0


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/350-81ef461d






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。