スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マラッカ散策 セント・ポール教会周辺と中華街 



マラッカの見所は、コンパクトにまとまっていて
私たちが宿泊している トラベラーズ・ロッジ から歩いて
すぐに行くことができる距離にあり、散策するにはちょうどいい感じになっている。

マラッカに滞在したのは6日間。
歩いて見てまわった場所をまとめてみました。


まずは、セント・ポール教会周辺。

地図1



マレー王統記に書かれている記述をもとに
復元された木造建築のスルタン・パレス  ↓

ミュージアム

入場料は、確か大人2RM(58円)だったような。。。。。
中に入っていないので、うろおぼえです。  ^^;




パレスの前には、整備されたきれいな公園がある。  ↓

公園





1511年、オランダとの戦いに備え、ポルトガル人によって
設置された大砲があるサンチャゴ砦  ↓

砦

記念撮影のスポットになっている。





サンチャゴ砦を横切り、セント・ポールの丘を上に歩いていくと、古い教会の跡がある。
それが、セント・ポール教会  ↓

教会

1521年に、ポルガル人によって建てられ
宣教師たちの活動拠点だったそうな。



セントポール教会



教会跡の中の様子  ↓

教会内





小高い丘になっているので、見晴らしが良く
近くにはマラッカの街、遠くにマラッカ海峡が見える。  ↓

丘からの景色


こちらは、110mの高さがあるマラッカ・タワー  ↓

タワー

2008年にオープンしたそうで、回転式のキャビンが上下して
5分間の間、360度マラッカの街と海峡を見ることができる。
料金は。。。。。乗っていないので、わかりません。笑




すぐ近くに、木造船の海洋博物館が見える。  ↓

海洋博物館

セント・ポール教会の周辺には、たくさんのミュージアムがあり
マラッカの歴史や文化を知ることが出来る。





教会跡や、丘からの景色を楽しんだ後、下っていくとオランダ広場に出る ↓

広場



この場所は、トライショーの溜まり場になっている。 ↓

広場のトライショー

私たちが前を通り過ぎても、全く声をかけてこない。
観光客を捕まえようと、もっと躍起になって欲しい気もする。 ^^:




1753年、オランダ統治時代に建てられた、ムラカ・キリスト教会  ↓

教会

ここも、撮影スポットになっていて
多くのツーリストが、写真を撮っていた。





オランダ広場を川沿いに歩くと、出てくるのがセント・フランシスコ・ザビエル教会。
この教会は、1849年、フランス人が建てた教会で
ふたつの塔を持つ、ゴシック建築になっている。 ↓

大聖堂


中に入ると、きれいなステンドガラスが出迎えてくれた。 ↓

ステンドガラス



ステンドガラス1



教会を出て、前の道を渡ると、こんな看板があった。  ↓

ようこそ!

マラッカって、世界遺産に登録されていたのね。
ジュミーさんは、知っていたそうなのだが
私はこのとき、初めて知った。
って、ちょっと気がつくのが、遅すぎやしませんか?  ^^;





オランダ広場へ戻り、すぐそばにある橋を渡ると中華街へと入っていく。
その橋からの風景  ↓

橋からの景色1


川には、クルーズを楽しむ観光船も走っている。 ↓

クルーズセ船




地図2


マレーシアの面白いところは
ヒンズー教、イスラム教、仏教の建物が、仲良く共存しているところ。
中華街を中に入っていくと、その姿を見ることができる。


ヒンズー教の、スリ・ボヤタ・ビナガヤ・ムーディー寺院  ↓ 

ヒンズー寺院



ガンボン・クリン・モスク  ↓

モスク

屋根が丸いのかと思いきや、そうでなく
あまり、見たことのない形をしている。
18世紀創建とのこと。



1646年、中国から運んできた資材で建てられた
チェン・フン・テン寺院  ↓

お寺

多くのh参拝者が訪れて、線香をそなえ、祈りを捧げていた。




3つの建物から、少し離れた場所にあるガンボン・フル・モスク  ↓

モスク

1728年に建てられた、古いモスク。
やはり、こちらもイスラム独特の丸い屋根ではない。
どちらかというと、仏塔に似ているような気がする。
むしろ、こっちのモスクの方が独特なのかもしれない。




中華街を歩いていて、みんなが写真を撮っていたので気がついた
ババ・ニョニャ・ヘリテージ  ↓   

家

ババ・ニョニャとは、マレーシアに移り住んだ華人と
マレーシアの女性との間に生まれた子孫のことを、そう呼ぶとのこと。
彼らの生活の一部分を見せてくれるプライベートミュージアムになっている。




中華街のメインストリートにあたる、ハン・ジュバッハ通りは、
週末になると多くの露天が軒を連ね
地元の人や観光客で、賑わいを見せる。 ↓

通り



中華街のストリート



中華街のストリート2




最後に、夜景の写真もUPしておきます。 ↓

街の夜景



派手にライトアップされたトライショー ↓

電飾

乗ってみたいけど、ちょっと恥ずかしいような。。。。^^;





カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年7月現在のものです。


0



スポンサーサイト

お久しぶりです~。
やっと更新ですね~(笑)
お忙しそうですが、旅行記たまってしまっているのでは?
私も今年はインドにしようかな~なんて考えてますが・・・。
どうでしたか?インド。
バラナシのガンガーで沐浴してきましたか?
[ 2011/02/26 16:59 ] [ 編集 ]

こんにちは!

ほんと~に、ボチボチの更新でございます。 ^^;

どんどん記事をあげていかないと
旅での出来事を忘れてしまいそうになります。

まだ、マレーシアで足踏みしているのに
新しい旅が、そこまで来ています。
どうしよう。。。。。。

> 私も今年はインドにしようかな~なんて考えてますが・・・

インドはぜひ行ってください!
思いっきり突っ込んでしまいたい出来事が
山のように待っていますから。
ネタには、事欠きません! 笑

> バラナシのガンガーで沐浴してきましたか?

しようという気にはなりませんでした。
というのも、沐浴後に熱を出したり
目が腫れてしまった旅人を見たからです。
あまりお勧めはできませんね~  ハイ! ^^;
[ 2011/02/26 20:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/354-63ef1205






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。