スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マラッカ散策 浮遊モスクとブキッ・チナ 



地図


宿に置いてある地図を見ると、すぐ近くの人工島にモスクがあるようだ。
地球の歩き方には載っていないので、全然知らなかったが
宿の屋上からも、その姿が確認できるので
どんなところなのか、行ってみたくなった。

宿の兄ちゃんに尋ねたところ、宿から歩いて50分くらいで行けるらしい。

宿を出て、散策がてらボチボチ行こうと思い、地元の人に道の確認をしたら

「ちょうど出るところだったから、車で連れて行ってあげるよ。」

とのことで、モスクまで乗っけてもらった。 ラッキー♪ ^^


約10分ほどで、モスクに到着。  写真はモスクの正面  ↓
この日は、残念ながら曇り空。
モスクが白い色だけに、晴れて青空なら
もっときれいだっただろうに。

モスク2


中華街のモスクとは違い、こちらのモスクは、イスラムとハッキリわかる。

モスク内

こんなに素晴らしいモスクなのに
中には観光客の姿はなく、地元の人しかいなかった。



祭壇  ↓

祭壇



海に突き出しているので、まるで浮かんでいるような気にさせられる。 ↓

柵



浮遊モスク



この日は、地元の子供たちの遠足と重なったせいもあり、モスクはにぎやかだった。
たまたま私たちに声をかけてきた、遠足のバスの運転手が
少し日本語を話せたので、交渉して町の途中まで乗せてもらった。  ↓
ラッキー♪  ^^v

バスの中




浮遊モスクから戻ってきた私たちが向かったのは、桟橋方面。
ここには、コマタ・ホテルという大きなリゾートホテルがある。
せっかくなので、ちょっとおじゃまして、部屋を見せてもらった。

いかにもリゾート!という感じ  ↓

プール



案内してもらったのは、海側に面した最上階の部屋  ↓
この部屋にはキッチンがついていた。 

部屋


ベッド


ベランダからの景色  ↓

ベランダ

コマタ・ホテルは、リゾートホテルのわりには
それほど高い値段ではなかった。
今度、両親を連れてきたときにでも泊まってみよう。
でも、今度って、いつ?  ^^;

ちなみに、コマタ・ホテルのおとなりは、ホリデイ・インがある。




コマタ・ホテルとホリデイ・インの間から、桟橋がのびている。 ↓

桟橋

この桟橋の先端には、カラオケボックスやレストランがあった。
しかし、船の乗船はしていない様子。
それだけのために造られたんだろうか??



この場所から、さっき見た浮遊モスクが見える。 ↓

モスクと町


モスク




桟橋から歩いて約15分、川沿いに
スマトラ島(インドネシア)へ船で渡るイミグレイションがある。 ↓

イミグレ

私たちが立ち寄ったときは、多くの人でごった返していた。



高速船で、マラッカからインドネシアのドマイまで、約2時間30分とのこと。
機会があれば、行ってみたいなぁ。

国際線の船





次に訪れたのは、ブキッ・チナ  ↓
 
地図1

ここへ行ってみようと思ったのは、ただ単純に
この丘から、どんなふうな景色が見えるんだろうか?
ということだった。



トラベラーズ・ロッジから道草を含め、ボチボチ歩いて約50分
ブキッ・チナの麓にある、ポー・サン・テン寺院にたどり着く。 ↓

お寺

地球の歩き方によると、1975年に建てられたとのこと。



この寺院の横には、スルタンの井戸がある。
マラッカで一番古い井戸で、この井戸に背を向けて
投げ込んだコインが輝きながら沈んでいくと
再びマラッカを訪れることができるという言い伝えがある。

井戸

観光客がこの井戸を見学に来ては、写真を撮っていたので
たまたま私も写真を撮ったのだが、そんな言い伝えがあることを知ったのは
ずいぶんと後のことだった。




ポー・サン・テン寺院から登り始めて、約20分ほどで
ブキッ・チナの頂上に着く。
ブキッ・チナとは「中国の丘」という意味。
中華街以外では、最大の華人の墓地となっている。

高台になっているので、見晴らしが良い。

こちらは丘から見た、マラッカの山手側の景色。 ↓

風景 ブッキチナから山側




そして海側は、マラッカ市街地とマラッカ海峡が見える。 ↓

風景 ブキッチナからマラッカ市街地

ここは見晴らしもよく、緑があり、静かでいいところなのだが
お墓のためか、人気がないので女性1人だけで行くのは
あまりお勧めはできない。





カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2010年7月現在のものです。


0



スポンサーサイト

おひさしぶりです

大変ご無沙汰してます。
しばらく来てなかったので、まとめ読みさせてもらいました。
きれいな写真がたくさんあるし、現地の雰囲気が漂っているし、見てるだけで旅行に行きたくなってしまいます。

>「ちょうど出るところだったから、車で連れて行ってあげるよ。」

我々もペナン島に行った時に道を聞いたら、家族連れの車に乗せてもらった事を思い出しました。

マレーシアの続きも楽しみです。
次の旅行も近いようですが、出来る範囲でアップお願いします。
[ 2011/02/27 17:10 ] [ 編集 ]

こんにちは!

いつも読んでくださって、ありがとうございます! ^^
しかも、写真を褒めてもらえて、さらに嬉しくなりました。
感謝!  v-421

そうなんです!
次の旅が、そこまで来ているのに
足踏みしていて、なかなか前に進まない自分にイライラしています。
行き先が中国なので、FC2は開くことすらできないので
インド・ネパールの記事の更新は、さらに先になりそうです。。。。  v-409

どうか、気長にお付き合いを! m(__)m

[ 2011/02/27 20:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/355-f46034c1






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。