スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京から中国の広州へ 楽勝の広州のはずが。。。 



2011年3月3日 

東京から中国の広州へ

東京~中国 1.JPG


5:40にマックから外に出ると、メチャクチャ寒い!
あまりの寒さに、血管が縮み
どうにかなってしまわないかと心配になってしまった。 

年齢を重ねると、いろんなことに気をつけないといけなくなる。
それはさておき、JR成田駅からすぐ近くにあるお弁当屋さんで
ノリ弁当を買って、朝ごはんにした。


6:19の始発電車でJR成田駅から空港第二ターミナルへ

7:00にチェックインを済ませ、成田のカードラウンジで少しくつろぐ ↓

カードラウンジ



夕べは寝ていないせいか、私は座るとすぐに船を漕ぎ出す状態なのに
ジュミーさんは、眠さをこらえ、チャン・グンソクの動画を見ていた。

中国に入ると、you tube どころか、何もかもが見れなくなるので
最後の最後まで楽しんでいたいようだ。

8:30に出国ゲートをくぐり
9:35 JL855便に乗り込むと、すぐお隣に政府専用機を発見! ↓

政府専用機

どんな乗り心地なんだろう?


ランウェイへ出てから、テイクオフまでがとても長かった。
この時間はラッシュアワーなのか
私たちの前には、5台の飛行機がいる様子。
窓から見えるだけで、後ろには9台もの飛行機が順番待ちをしていた。 ↓

混雑

全部が飛び立つのには、かなりの時間がかかるだろうけど
並んでいる姿は、実に壮観だった。




約30分後の10:05にテイクオフ! ↓

離陸




すぐに東京都心を下に見ることができた。 ↓

東京





その次は、きれいに雪化粧した富士山が見えてきた~~! ↓

富士山

余りにも美しかったので、写真をいっぱい撮った。 



富士山を過ぎると、今度は長野の山々がきれいに見えてきたゾウ 
その姿も、実に素晴らしかった。
それだけで、窓際のKHの席を取った甲斐があったというもの! ↓

山々


 
 
約1時間30後に機内食が配られた。 ↓

機内食
 
バラエティに富んだおかずがあり、見た目もよく
なかなか美味しかった。 


食後の後は、さすがに眠気が来てしまい、ウトウトしていたが
ジュミーさんは、映画が気になっていたようで、眠らずに見ていた。

エンターテイメントがお好きね! 

私も、キム拓主演のヤマトを見た。
が!どうせなら、相棒2を見た方がよかった。 ガクッ。。。。
キム拓ファンの方、ゴメンナサイ。


14:20 広州の白雲空港に到着 日本との時差 マイナス1時間

まさか同じ場所に、3度も来るとは思わなかった。
最近は、マイレージの旅を続けいるので、マイレージ数の関係で
中国との縁が濃くなっている。

ある意味、新鮮さはないが
中国はとても安心感があり、気持ちが落ち着く国である。 ^^

15:29 1番乗り場にて、空港リムジンに乗車 ↓

1号線




空港バスは1人 16元(210円) 広州駅までの所要時間は約50分↓

バス


空港から延びる高速バスの道端に花が植えてあり、とても可愛い。
中国は、来る度に道は整備され、町はきれいになっている。

16:17 広州駅着

だいたい予想どおりの時間に着くことが出来た。

この場所は、地理勘があるので、歩くのもスムースだ!

それに広州では、いつも行きつけの 石油賓館 があるので、楽チン! 

と思っていたら。。。。。
前回70元で泊まった同じ部屋の値段が
1年の間に、50元も値上がりしていてビックリしてしまった。

そんなに物価が上がってしまったの?

その値段に納得がいかなかったので、他を当たることにした。

自分たちの足で、いろいろ回ってみたが、なかなか希望の値段の宿が見つからない。
どこもかしこも高すぎるのである。

よってくる客引きの人にも聞いてみるが
1泊150元以上の宿しか紹介しようとしない。

一人の客引きに、100元の宿に連れて行ってもらったが
いまひとつどころか、いまみっつくらいの部屋だった。 

これなら鉄道のチケットを買って、今夜の便でアモイに行こうかとも考えたが
昨日ほとんど眠ていないのに、ここからいきなり硬座での移動はあまりにもきつ過ぎる! 

結局、石油賓館に戻り、今日と明日泊まるから少し安くして~!
と懇願すると、1泊100元(約1300円)にしてもらえた。

チェックインを終えて、部屋に入ったのはなんと21:00だった。 ^^;

ハア ちかれたぁぁぁ~

まさかの展開で、ゆっくりするどころではなかった中国初日だった。

ちなみに、これは宿を探している間に食べた夕食 ↓
 
麺

麺 8元(105円)↑




焼きギョーザ 6元(80円)↓

ギューザ






中国・沖縄・鹿児島離島の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年3月現在のものです。

0

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/400-2fe16632






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。