スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鉄道でアモイから広州東へ 

2011年3月16日 晴れ 

8:20起床

ピザ、パン、ナシ、グァバ、コーヒーで朝食

交代でシャワーを浴びながら、荷物をまとめる

11:45チェックアウト

宿のお姉さんたちと記念撮影  ↓

写真

 


街並みを見ながら、歩いてカルフールへ ↓

街並み




12:45 カルフールで6.5元(84.5円)の弁当を買って食べる ↓

弁当
 
豚キュウリ炒め、エビピーマン炒め、ダイコン豚肉の煮物
このお弁当も今日で食べ収めと思うと
少しさびしい気もするが、次の目指す地でも
きっとおいしいものが待っているさ!

14:10アモイ駅に入る。 ↓

駅



私たちが乗車する列車は、15:36発 K230

看板


 
アモイはひょっとして人が少ないのでは?
という予想は大はずれ~~
やっぱりここもすごい人! ^^;

人



それに、いつものごとくみんなすごい荷物をかかえている。 ↓

荷物

中国の鉄道に乗り込む(特に硬座は!)には、最低でも1時間くらい前に来て
ゲートの前で待っていないと、人民との荷物置き場争奪戦に勝利することは出来ないのだ!


14:55 ゲートが開く

走りに走り、5号車に乗り込み、荷物をタナの上に置くことが出来た! 

しかし。。。。。席が通路をはさんで座るようになっていた。
ちゃんと窓際で、一緒に座れるようお願いしたのに! 

そのとおりには、なかなかしてくれない。
お願いして席を変わってもらい、なんとか一緒に座ることが出来た。

15:36 K230は定刻通り、広州東駅を目指し出発! 

橋

アモイと中国本島にかかる橋を渡る。

来る時は13時間だったけど、帰りは15時間かかる。
まあ、来る時より1人28元も安いのでしょうがないな~

広州東からの列車は、足の踏み場もないくらいの人が乗っていたが
アモイからの列車は、普通に満席だった。

隣り合わせた中国の若者たちと、トランプでババ抜きをしながら夜は更けていく ↓

トランプ





中国・沖縄・鹿児島離島の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年3月現在のものです。

0
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/413-b2bca75e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。