スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

珠海~広州→成田 そして成田空港で夜明かし 

2011年3月29日 曇り時々晴れ /

5:00 起床

春雨麺と食パンとお茶で朝食

7:00に宿をチェックアウト

7:30 珠海のバスターセンターから空港行のバスに乗車 ↓

バス

空港バスに乗ると、もうすでに中国でなくなってしまうのがなんだかさびしい。。。



10:15に空港着
1人87元 所要時間2時間45分

広州の白雲空港はとても大きくて近代的 ↓

空港





これが私たちの、いつもの帰国スタイル ↓

荷物

コロコロにダンボール箱とバックパックというのが定番


11:40 チェックイン 荷物を預ける。

12:00 酸辛のカップ麺と食パンで昼食

中国の空港には、必ずお湯があるので、カップメンを食べるのには不自由しない。

13:30 出国

14:50 JAL856便にて東京(成田)へ

掲示板





JAL




以外とおいしかった機内食 ↓

機内食



19:50 成田空港着

成田に着陸時、街の灯りが少なく、とても暗く感じ
到着ロビーに出てみると、ある程度の照明を落とし、やはり暗かった。
節電を通じて、震災の影響を実感した。

成田


しかし、これでも全然大丈夫!
今までは、電気を使いすぎていたのかも。

さて、荷物をひとつは実家、もうひとつは沖縄の運送会社止めで送る。
ふたつとも無料! 

ゴールドカードの会員は1人1個(サイズは決まっている)無料の宅配サービスを受けることができる。
とても大助かりだ!

ただ、このサービスも今年いっぱいでお終いなのが寂しい。 

荷物を送り終わり、ウロウロしていると、大きな荷物を背負ったバックパッカーを発見!
声をかけてみると、これから宮城県に入り、震災のボランティアをするらしい。
いつもはスリランカで、サイクロンの被害に遭った人たちのシェルターを作っているとのこと。

今回の震災で、急遽日本に呼び戻されたらしく
自分の寝泊まり出来るテントと、食料を装備しているので
大荷物になったとのこと。

スッカリ旅人と思い込んみ、気楽に声をかけたのが
なんだか恥ずかしい気持ちになってしまった。

彼には寒さで体調を崩さず、ガンバって欲しいことを伝えた。

中国では気になり、毎日テレビを見ていたが、日本との距離があり
ピンとはきていなかったが、成田空港周辺の街の灯りや空港室内の照明
それに彼との出会いに震災というものを肌で感じた。


さて、今夜はマックで夜明かししようと思ったが
インフォメーションで空港で夜明かし出来ないか訪ねると
基本的にはダメなようだが、泊まりたい人は、ある場所に集められ
一晩泊めてくれるらしい。

半信半疑、その場所に行ってPCを開き、ネットをしていると
警備員と警察の人がやって来て、パスポートチェックと宿泊する理由を尋ねられたが
それだけなので、まあ問題なし!
ここに横になれるのは、とてもありがたい!!! 

ジュミーさんは、さっそくチャン・グンソク主演の「イケメンですね」を見始めた。 ↓

夜


ニヤニヤして、とても嬉しそうである。 

昨日はほとんど寝ていないし、今日も移動で疲れているはずなのに
彼をよほど気に入っているようだ。(当時は!笑)

まあ、元気が出るならそれに越したことはないけどね。(^_^;)



中国・沖縄・鹿児島離島の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年3月現在のものです。

0
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/426-747db8f1






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。