スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国頭小学校のガジュマルとフーチャの見学 

2011年4月15日 曇り時々晴れ 

6:40 起床

雨が少しポツポツしていたので、いったんテントを撤収することにした。

この場所はトイレなのだが、すぐ横に倉庫もあり
雨模様のときは、倉庫の中で過ごすことができるので助かる。  ↓

トイレ




倉庫の中で朝食の準備 ↓

中

8:00 春雨麺ふたつ、お菓子、コーヒーで朝食




笠石海浜公園の様子 ↓

公園



今日は、国頭小学校にあるガジュマルとフーチャを歩いて見に行こうと思う。
雨が降らないといいなぁ~


10:30 目的地に向け、歩き始める。

11:15 国頭小学校に到着 ↓

小学校

職員室に行って
「ガジュマルを見せてもらっていいですか?」
と尋ねると
「どうぞどうぞ!ご覧ください!」
と快く承諾してもらえた。 ^^

ガジュマルという木は、九州では種子島以南の南西諸島でしか見ることが出来ないらしい。
ここのガジュマルは、高さ約7m・枝張り約22m・幹回り約6mで
枝張りは日本一の大きさと言われていて、和泊町の町木であるとともに
「新日本銘木百選」に選定されたそうである。

ガジュマル1




大きくなった枝たちは、鉄の棒で支えられている。 ↓

ガジュマル2

 


次はフーチャへ

国頭小学校から歩いて約15分くらいで到着 ↓ 

フーチャ

ネットで調べてみると「フーチャ」とは、琉球語で「吹き上げる」という意味だそうで
隆起珊瑚礁でできた沖永良部島の北海岸側に
東シナ海の荒波によってその隆起珊瑚が洞窟のようにえぐりとられ
さらには洞窟の奥部分の天井面が侵食されなくなったため
季節風や台風などの波の高い日はそこから20~70mも潮を吹き上げることから
「フーチャ」と呼ばれるようになった、いわゆる潮吹き洞窟のこと。

恐る恐る中を覗き込むジュミーさん ↓

フーチャ2




その中の様子は、こんな感じ ↓

フーチャ3

けっこう高さがあり、覗き込むと吸い込まれそうな感じになる。 ^^;




大波の入り口 ↓

口





とても迫力があった。

フーチャ4

ここは岩がゴツゴツしているので、スリッパやサンダルでは歩かないほうが無難




フーチャを楽しんだ後、公園へ向かって歩き始める。↓

道

花の島らしく、道端にはきれいに花が植えられていている。




散歩途中で出会った花たち ↓

花1




オレンジ色




アジサイ




イエロー





14:00 笠石海浜公園に戻り、展望台に上ってみるとフェリーが接岸していた。 ↓

フェリー

朝は雨がパラパラしていて明日の天気が心配になっていたが
すっかり回復したし、フェリーもちゃんと和泊港に入っているので港の変更はなさそう!




14:30 ツナレタスサンド、コーヒーで昼食 ↓

昼食


お昼ごはんを食べてから、和泊の町まで歩いて行こうとしたが
クロックスが壊れかけていたため断念 ^^;

なので、倉庫の2階から海を見ながらのんびり過ごす。 ↓

海




19:00 夕食は、酸辛ラーメン、ミソラーメン、中国のチキンラーメン、リンゴ ↓

夕食

そろそろラーメンもあきてきたなぁ~ ^^;

22:00 就寝 




中国・沖縄・鹿児島離島の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年4月現在のものです。

0

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/443-cd8fc971






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。