スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

年越しは王宮公園でコムファイ(熱気球)を眺めながら 

2011年12月31日 晴れ 

8:00 起床

朝食は昨日と同じくミカン&バナナ  バナナ 絵文字 野菜サラダ ↓

朝食


今日は大晦日ということもあり、昨日訪れたサイアム周辺の様子を
もう一度みたくなったので、同じ場所へ行くことにした。

10:45 宿を出る

一応、10バーツラーメンのワッタナーさんのところへ行ってみたが休みだった。

11:00から、カオサンの近くのバス停で15番の無料バスを待つ ↓

バス


大晦日&土曜日なので、バスの本数自体が少ないような気がする
気のせい??
というか、待っているときに限って、乗りたいバスは来ない!
マフィーの法則なんだろうか

11:45 15番の無料バスがやっとやってきた~

12:10 サイアムパラゴンの近くで下車

12:20 サイアムパラゴンをウロウロ

そして、歩いてセントラルワールドへ ↓

セントラル




サイアムからセントラルワールドへの道は、こうした通路が道路の上にあり
とても歩きやすくなっている ↓

通路




13:30 ビッグCのフードコートで昼食
パッタイ10バーツ(25円)&卵とじゴハン10バーツ(25円)
チョコレートパン8バーツ(20円) ↓

惣菜

惣菜やお弁当を買って食べれるので、とてもリーズナブル! ^^
冷たい水も飲めるよ♪

セントラルワールドの広場は、年越しの準備で
スタッフが忙しそうに働いていた。
う~ん。。。昨日の方が、いい雰囲気だったなぁ~

15:15 JCBのラウンジへ ↓

ジュミー




コーヒー&いろんな種類の紅茶が飲める♪ ↓

コーヒー&紅茶
 
JCBのスタッフに、ここ周辺の大晦日の様子を聞いてみると
年越しのイベントの影響で、夕方から交通規制があるらしいとのこと

「ここで年越しをしてもいいかな~」と思っていたけど
そのイベントを終えた後のことを考えると、足が確保できなさそうなので
早めに帰ったほうがよさそうだ。

16:20 サイアムに戻り、15番の有料バスに乗車 ↓

車内

1人6.5バーツ(16円)




これは、お金を払ったあとにくれる領収書のようなもの ↓

切符

乗車中は一応持っておいたほうがベター
たまに抜き打ちで、その紙を持っているかどうか調べたりするらしい。

16:40 カオサン近くのバス停で下車

宿の近くの食堂を回ってみたが、今日はすでに休業しているところがほとんどだった。

果物とゴハン10バーツ(25円)分を買って帰る。

17:30 宿に戻り、休憩

19:30 キャベツサラダ&インスタントラーメン  &買ってきたゴハン
ラーメンは年越しソバの代わり?

ジュミーさんはネットで情報収集   私は少し仮眠 

22:00 宿を出て、カオサン通りへと向かう ↓

カオサン1




年明けを2時間後にひかえ、大いに盛り上がっている ↓

カオサン2




それにしても。。。人が多すぎて身動きひとつできな~い! 
HELP

カオサン3





大混雑のカオサンを離れ、王宮公園に行くことにした。 ↓

公園へ




王宮公園に来てみると、カオサンのにぎわいとかけ離れた雰囲気が! ↓

公園内

座ったまま祈りを捧げる人たちや静かに年明けを迎える人たちで
とても厳かな雰囲気が公園を包んでいた。


公園の中央には、こうして祭壇が設けられている。 ↓

祭壇




0:00 年明けが告げられると、みんないっせいに
コムファイ(熱気球)を上げ始める。 ↓

コムファイ1






コムファイ2




内心「落下したあと、どこかで火事にならないかな?」
などというしょうもない心配をしながらも
年明けの夜空に舞う美しい姿をしばし堪能した。 

コムファイ3




こんな年明けが出来るなんて、ほんと!幸せなことだ! 
ここへ来てよかった~! 

コムファイ4



1:30 宿に戻り就寝 


中国・タイ滞在の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2011年12月現在のものです。

0
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/491-3237dae7






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。