スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日のお泊りはメコン川沿いの Rimkhong Guest House(リンコンゲストハウス) 

2012年1月22日 晴れ 


6:25 定刻より1時間25分遅れでノンカーイに到着 ↓

到着

風&ホコリでえらいめにあった。。。


田舎とは聞いていたが、駅の周りには、ほとんど何もない! ^^;

駅のすぐ近くにある
ヒョウメンチョウリョクゲストハウスに行ってみるもダブルの部屋は空いていなかった。
ここのゲストハウスをあきらめ、町中で宿を探すことにした。

7:20 町へ向けて歩き出す。

広い道で歩きやすいが、車が通った時のホコリがすごいのと
野犬がやたらに多く、よく吠えられる。 絵文字 犬 絵文字 犬

吠えて威嚇して、近寄ってくる犬には、石を投げて撃退!
効果あり! 

しかし、朝からこんなことをして歩くのも疲れる。 

8:00 町中に着く

宿の調査をした結果、エアコン付きのダブルの部屋は400バーツから500バーツくらい。
ファンのダブルは300バーツから400バーツ前後
もう少し安い宿を探し出さないと!

それにしても、ノンカーイはメコン川が流れていて
とてもの~~びりした雰囲気に包まれている。 ↓

川沿いの風景1




ノンカーイの地図 ↓

地図

さらに詳しい地図は  こちらへ




タッチで自分の位置の確認をするジュミーさん ↓

ジュミー




10:00 1泊240バーツのRimkhong Gesthouseという宿を見つけたので
今日はここに宿泊することにした。 ↓

リンコン

Rimkhong Gesthouse の詳しい場所は  こちらへ  ※地図の右端




宿に入った中庭 ↓

中庭2




くつろげる場所もある。 ↓

中庭




象の置物がお出迎え(?) ↓

象




ダブルの部屋 ↓

部屋




共同の温水シャワー ↓

シャワー




共同トイレ ↓

トイレ

Rimkhong Gesthouse(リンコンゲストハウス)
1泊240バーツ(600円)
ファンルーム
ダブルベッド
トイレ&温水シャワー共同
宿泊客は wifi 無料


さっそく、蚊対策のカヤを張る ↓

蚊帳

これで、バッチリ! 
蚊に悩まされずにすむ♪ ^^


12:00 仮眠

16:00 起きる

17:00から町を散策し始める

夕方のメコン川 ↓

川沿い2




夕方は、の~~んびり感がますます増したような感じ

川沿い3





バスターミナルに行って、ラオスのビエンチャンへの料金と時間を調べる。

バス時刻表

ここからは、ビエンチャンへ行くバスは6便出ているようだ。
ネットで調べていると、このバスは、国境の出入国でかなり時間を食うようなので
自分たちで行ったほうが無難かも!




ノンカーイの通り ↓

通り

旧正月の飾りがしてある。




まだ一度も試みていないソムタム屋(タイ風サラダ)さん ↓

ソムタム

辛いやろうなぁ~ ^^;




19:00 今日の夕食は、路上総菜屋さんで♪ ↓

チキン





おかず

レッドカレー20バーツ(50円)
チキン3本21バーツ(52円)&カオニャオ15バーツ(37円)を購入
屋台の曲がり角に座り、それらを食べる♪

揚げたてのチキンに炊きたてのカオニャオ
まったりとしたココナッツ入りのレッドカレーは
とてもとても美味しかった! 

なんとも贅沢な夕食となりました! 


ちなみにこれは、カオニャオ(もち米)を蒸している釜 ↓

鍋


夕食後もメコン川沿いを散策 絵文字 歩く 絵文字 歩く

緩やかで、穏やかな空気がとてもいい~! 

20:30宿に戻る。

PC  を開いて、メールのチェックとこれからのことについてネットサーフィン

23:00 就寝 



中国・タイ滞在の旅の全行程(ルート)は    こちらへ

カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2012年1月現在のものです。

0
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/512-6ec36662






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。