スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

広州&海南島・三亜の旅 7日目 大東海旅遊区周辺散策 

2009.01.14 (水) 晴れ 気温 15~24℃     1元→約14円




07:30 ヤシコーヒーを飲んでヤシビスケットを少し食べる



今日は鹿回頭公園と大東海旅遊区の散策



09:00 宿代を払ってから出発↓

361





09:30 市場の中の食堂で朝食
みんなが食べているおいしそうな麺を注文してみる↓

364




それが海南面 3元↓

363

細めんにとろみのあるタレをかけトッピングのピーナッツがよく合う一品!
メチャおいしい!  






海南面1杯では少し足らなかったので饅頭を2コ買う↓

370




372

肉包饅頭 5角↑




371

緑豆胡麻(という名前だったと思う・・) 5角↑
中のアンは緑色
食べると少しザラザラしているが
まったりとしていてとてもおいしかった!






いつもの市場のパン屋さんでお昼用にパンを3元分購入
今日も店番の女の子の笑顔に元気をもらった。 ^^
どこの国でも笑顔はボーダーレス




11:00すぎ 4路のバスに乗車(1人 1元)


11:20 潮見橋を渡って少し行ったバス亭で下車



辺りをキョロキョロしながら鹿回頭公園へ向かって歩き始める



オート三輪のしつようなまでの「乗らないか」攻撃をかわしながら
坂道を登っていくと三亜市内を一望できる景色が目に飛び込んできた↓

377

昼間の街も素晴らしいけど
きっと夜景もきれいだろうなぁ~






バス亭から徒歩で約40分 鹿回頭公園に到着↓

380




381


公園の入場料は27元+市の税(?)3元の計30元


ここの公園は門前まで! 

一応来てみたということで「良し!」として
すぐ近くの見晴らしのよい公園のような場所でお昼

買ってあったパンとソーセージとオレンジを食べる




1時間休憩してから下り始める
さすがに下っているときはオート三輪も声をかけてこなかった。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
下る途中で立ち寄ったホテル

三亜半山錦江海景度暇酒店↓
SANYA ROYAL GARDEN RESORT

399

ここのホテルはロシア人のツーリストがたくさん宿泊していた。




ホテルのプールから海に直接つながっているような光景↓

398




イスに座ってゆっくりくつろぐ↓

397




部屋を見せてもらう↓

400

このデラックスオーシャンビューの部屋は
通常1泊1999元 でもこの時期はディスカウントしてくれて 838元とのこと





こんな大きな画面でインターネットが楽しめるなんて↓
うらやましいなぁ~

405




部屋から見た景色↓

401




対応してくれたレセプションのお姉さん↓
この日は雑誌の取材があってインタビューされていました。

409

ここはロケーション、建物の外観、建て方、部屋の作り、インテリアなど
全てが素敵なホテルでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
坂を下りきったところにあった

三亜宝戎都大酒店
BAOHONG HOTEL SANYA↓

413



部屋はこんな感じ↓

414




416

通常ツイン1泊 1388元 ディスカウントで → 650元

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




海岸に出て砂浜で少し休憩↓
ここの海岸もなかなかグッド!です ^^

428




海沿いにはたくさんのカフェやレストランが並ぶ ↓

427



426





南国らしく果物の売り子さんをよく見かける↓

418






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
次におじゃましたのが

三亜荷秦江花園酒店
HERTON SEAVIEW SANYA↓   
419




部屋の様子↓

422




423

オーシャンビューのツインで
1泊 1218元 ディスカウントで → 608元
部屋にベランダはなかったが正面が海なので
とても雰囲気がよかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





17:00  海岸をあとにして三亜市内方面へ歩き始める

するとすぐに安そうな宿を発見! 
訪ねてみると1件目は150元 2件目は130元だった。

やはり海岸の近くにあるのか三亜市内の中心地に比べるとやや高め





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今度はこちらのホテル 城市運通酒店 に入ってみた↓

430




431

ここはツイン 1泊 338元

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



「今日もたくさん見せてもらって楽しかったね~」

といいながら歩いていると
ロシア人(だと思う)がなにやら洞窟のような場所から出てきている!?

妻はそこに何があるのか興味津々

行ってみると・・・・・・・
どうやらホテルの出入り口らしい
またまた調査開始か!

せっかくなのでそうしました。笑




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
嘉賓国示酒店 GUESTHOUSE HOTEL↓
 
432




ここは少し高台にあるので見晴らしが良い↓

434




ロビーの様子↓

433




↓ここの部屋には窓がなかった なぜ?

442

ゲストハウススペシャルは
1泊 980元 ディスカウントで → 686元
デラックスオーシャンビューは
1泊 1180元 ディスカウントで → 708元

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



本日のホテル探訪はこれにて終了 





すっかり日も落ち明かりがきれいな町並みを眺め目ながら歩く↓

453






三亜大橋を渡ったところに市と屋台が出ていて
たくさんの人でにぎわっていた。

今日はここで夕食を取ることにする。

454




親子3人で切り盛りしていた屋台 ↓

お母さん&娘さんにこき使われていたお父さんが
少し気の毒だったが
お父さんは何も言わずモクモクと働いている姿に
心からエールを送りました。

それにしても、どこの国でも女性は強い!

455



炒桂林米粉面 6元 ↓

456



米湯 4元 ↓

457

おいしかった! 





少し量が足らなかったのでここの屋台でも食べてみる↓

458




桂林米粉面 4元 ↓

459

ここの麺はコシがなく、味もいまいち
屋台によってずいぶん味が違うようだ。






オレンジが食べたくなって1斤(500g 3コ 3元)買ってみた。↓

464






21:30  宿に戻りヤシコーヒー&ヤシビスケットで一息



中国の旅の必需品といえば! もちろんメモ用紙!
値段交渉の時や食べ物を聞いたり教えてもらったり
またバスに乗るときに行き先を見せたりといろんな場面に必要なので
小さく切っておいてバックからすぐに出せるようにしている。↓

465



中国語は日本語と共通している言葉もあるので
見てすぐに理解できる表示があれるときは
「お隣の国だなぁ~」
ということを感じる。



交代でシャワー 洗濯


24:00  就寝  
 



カテゴリー別のサイトマップは    こちらへ

※ この情報は2009年1月現在のものです。

0



スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kjhappyrichlife100.blog45.fc2.com/tb.php/7-91355445






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。